2019年05月07日

財源不足だからと消費税増税の訴えに騙されるな!引下げか廃止すべき!

10連休という日本国内でいまだかつてない最大のG・Wが終わりました。この長期連休での最大イベントが元号改元に伴う天皇陛下の退位・即位式典だった訳ですが安倍ちゃんが今上天皇の退位礼正殿の儀にてやらかしてくれました。









安倍ちゃんの漢字の読み間違いについてはくだらぬ揚げ足取りと思いこれまで取り上げることはありませんでしたが、このような重要な国家式典で「末永くお健やかであらせられますことを願っていません」と間違えでも言ってはならないことを訂正もせず述べてしまうとはあまりに酷く後世に残る大恥を晒してくれました。漢字が読めなかったら語尾をふるとか予行練習するとか色々対策できたはずなのに、大チョンボと嘲笑する気など起きず怒りしか湧いてきません。これが今の我が国の内閣総理大臣なのですよ信じられますか!?






話しを本題に移しますが、我が国は今年10月に10%の消費税増税が施行されます。施行まであと半年を切りましたが、巷では増税延期するのではと憶測が囁かれています。国会を解散して民に問うということもあり得なくもありませんが、これまで2度も延期してきたのだから3度目を実施するならば消費税はもはや上げられないものとして税そのものを見直すべきではないでしょうか?



萩生田 崖.PNG




欧米を見渡せば10から20%の消費税は当たり前なのだから、まだ大したことはないと言う意見も耳にします。しかし日本よりも高い消費税を導入している国々と比較しても我が国は高水準の重課税国なのです。








自分の生活を顧みれば分かるでしょうが、日本の税負担は身をもって感じておられる方は多いと思われます。ノルウェーやスウェーデンは日本よりも高い税率を課していますが、国民に手厚く還元してくれるので幸福度の高い国として知れ渡っています。それに対して日本は消費税の用途が明確でなく、社会福祉に全額充てると言いながら実は一部だけで国の借金返済など別の事に使っていた訳です。










それに日本の消費税は単純な8%の税金ではありません。ガソリン代の領収書を見れば分かりますが、税金にも税金を詐取する二重課税構造になっているのです。








ガソリン税と石油税に消費税がかかるというインチキぶり、おまけに走行距離に応じて税金が加算される走行税なる新税導入を検討しているのですからふざけた話しです。








日本の官僚任せにすると国民への還元は考えず既得権益丸出しで手広く税金を詐取されるだけです。国の借金云々という作り話もデタラメ、財源が足りないなど抜かすなら消費税と反比例して引き下げてる法人税の税率を元に戻せよ!特別会計にもメスを入れないで何が消費税増税だ!!もういい加減に官僚の言いなりは止めましょう、そしてそれを鵜呑みにして増税推進する政治家も辞めさせましょう!!!

posted by yuuponshow at 18:41| Comment(0) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: