2019年03月19日

来月に控えた移民政策導入の危険性を改めて検証する

来月4月1日より外国人労働者の受入を拡大する改正入管法が施行されます。制度改正に伴い今後日本を取り巻く状況が大きく変わることが予想されますが、人手不足だからと財界の安易な要求を呑んだ形での移民受入は今後大きな禍根を残すことになります。




既に移民の数が世界第4位に躍進している日本では、外国人を巡る様々な問題が紛糾しています。







国会でも取り上げられた東京福祉大の700人もの消えた留学生騒動。定員割れの人気のない大学は留学生をたくさん囲っておくことで国からの補助金を得られるメリットがありますが、こうした大学は国内に数多くあり、失踪者を多数出していることから大学運営や留学生制度のあり方も検証されるべきであると言えます。そして失踪した留学生が裏社会に潜んで犯罪に手を染めることは容易に想定されることもあり得るのです。










メディアの報道によると改正後5年間で34万人の外国人労働者の増加が予想されていますが、この34万人というのは高度技能や留学を要しない単純労働者だけの数字であり、今までの受入れた外国人の性質とは明らかに違うのです。最も懸念されるのが治安の問題、乱闘や窃盗などあらゆるトラブルが既に表面化しており、こうした問題が拡大し凶悪狂暴化することは間違いありません。












人道的配慮や受入体制もままならずどこの誰か分からない国籍不明のブローカーが主導して移民を日本に横流し状態の安倍政権の安易な移民受入制度は日本に大きな弊害をもたらすことになります。移民が拡大すれば日本人の賃金抑制にも繋がり、そうなれば更なる少子化は避けられず人口減少に歯止めがかからなくなりますので、例外問わず移民緩和策は日本に不幸をもたらすことに繋がるのです。












安倍政権への批判とは別に、リベラル人権派の主張にも一言申し上げておきます。








ニュージーランドの不幸な襲撃事件は移民問題に絡めて批判する移民排斥者への批判ですが、国の移民拡大策へ一石投じるツイートであり、特に問題とは言えません。移民拡大はテロの要因に繋がりますし、現に欧州ではテロも頻発しているでしょう。事が大きくなってからでは手遅れです。寛容な移民受入推進者もいますが排斥主義者とかヘイトとかレッテルを貼ることより、国に対して移民受入の在り方に警鐘を鳴らすべきです。こういった面からしてこの人は移民問題の深刻さを理解が欠如していると言えるでしょう。



移民政策は国家の根底を覆す悪法であり決して受け入れてはならない!それを強く推進する安倍政権は一刻も潰さなければならない、そう強く申しあげておきます!!


posted by yuuponshow at 22:34| Comment(0) | 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: