2019年01月25日

日露首脳会談はシナとロシアを引き剥がした戦略的成功と擁護してみる

北方四島の領土交渉は解決するのか?そんな期待の含みを持たせ日露首脳会談に臨んだ安倍総理大臣でしたが、結論を言えば成果なし。会談の中身は公表されず何とも消化不良の様相を呈した形となりました。これまで双方の事務方が何度も突きつけ合わせ、首脳が25回も顔を合わせた結果がこれですよ!







首脳会談に先立ちロシアのラブロス外相は「北方領土 は合法的にロシアに移った」「日本とは領土交渉はしていない」「(日本は)北方領土ではなくクリル諸島と呼べ」など言いたい放題、挙句の果てにはこんな言われようです。







プーチンもお約束の首脳会談50分の遅刻と、相手を阿る姿勢もなくハナから舐め切った姿勢ですからこれでは日本側に有利にことが運ぶなどあり得ません。肝心の交渉内容がシークレットというのも裏を返せば何も進展していない、むしろ日本にとっては不利な条件のまま交渉が進んでいるのではないかと勘繰りたくなります。何よりプーチンの前で北方領土と言えないあたり悲しいくらいに察しがつきます。これが外交のアベと称される安倍総理の成果なのですよ!









これまで北方領土返還を力強く訴え、返還運動の大会に足を運び登壇するなど北方領土問題を真剣に考え続けてきたと思われた安倍総理ですが、いつの間にか二島返還を最終防衛ラインに設定し、国後・択捉はもうロシアの島民がいるから難しいなどと二島先行返還を既定路線とし、メディアもそれに合わせて大々的な見出しで二島返還を軸に領土問題を報じていました。ところが会談後の大手メディアは二島の話題は皆無、もしくは前進があったように含みを持たせる印象操作をするなど相変わらず安倍御用メディアの姑息さが垣間見えます。









しかしこんな白痴外交やらかしては安倍サポとしてもフォローは厳しいようで韓国ネタに飛びつき盛り上がっている有様。ネタが次から次に提供されるので韓国大好き安倍サポさん達はしゃぎたくなる気持ちも分かりますが、もう少し日本の国益にも関心もっていただきたいものですね。



そんなボロボロ首脳会談でしたが、安倍外交は戦略的成功と大見得をきって解説しているのが頑張れ安倍政権と銘打った安倍政権応援デモを幾度となく開催している水島総率いるチャンネル桜です。








何ともぶったまげそうになるアクロバティック擁護論ですが、首脳会談の内容がシークレット状態なのでいくらでも妄想を織り込めるので言いたい放題できる訳です。しかし一応これもメディアの一種なのだからこういう印象操作で騙される情弱者もいる訳なんですよね。視聴者から多くの寄付金をせしめて騙しているのですから罪つくりな連中です。



ロシアとシナの関係性を心配するより敬愛する安倍ちゃんのやらかしを注意してあげた方が安倍ちゃんのためになるのですがね。







記者から用意された質問回答の原稿音読みを恥ずかしげもなく披露し、それをすかさずプーチンから指摘される。もうこの段階でマウントを取られているからこの様なんですよ。せめて原稿に目を落とさず真正面を向いて発言しましょうと苦言を呈していただきたいですね水島社長。

posted by yuuponshow at 17:12| Comment(0) | 外交問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: