2019年01月15日

安倍政権を支え助ける韓国の対日威嚇外交

徴用工やレーダー照射等ここにきて日本と韓国の衝突事案が増えてきています。



日韓トラブル.PNG




こうした事案を一つずつ紐解いてみると韓国側に非があることに疑いの余地はありません。韓国側による日本への言いがかり、イチャモンが日韓関係をこじらせているのであり日本はその対応に苦慮しているということです。当然批判されるべきは韓国側であり、いたずらに韓国側を擁護すると却って反発されることになります。安倍政権批判番組として名高いサンデーモーニングですら韓国の所業を糾弾せざるを得なくなっているのですから。









安倍政権批判派(私もですが)はこの問題について、韓国側の主張を正当化し日本側を糾弾する主張をする者が見受けられますが、安倍政権批判と韓国問題を絡めるのは止めるべきです。何とか安倍批判に繋げたい気持ちは分かりますが、政府は話し合いを持とうと相手に呼びかける弱腰姿勢であり、むしろこうした弱腰姿勢を批判するべきです。




ロシアの領土問題を見れば一目瞭然ですが、強い大国にはなだめておだてて金をばら撒いて仲の良いふりをするだけ、でも領土問題は進展せずむしろ後退する、これが「外交のアベ」の正体なのです。










しかし自民党議員単体においてはこのような敵対心を煽るような主張があり、それにより自民党シンパが拡散し、日本人の嫌韓感情が触発され、これに乗じて韓国叩きが大展開される。韓国叩きというムーブメントを自民党が上手く利用しているのです。




安倍政権の失政を他所に韓国ネタばかりの自民党シンパですが、メディアでも大きく取り上げられるなど嫌韓ネタは安倍政権やそのシンパからすれば願ったり叶ったりであり喰いつかない手はありません。安倍政権のデタラメを雲散霧消させる効果があり、そういった観点からありがたい隣国です。かつての嫌韓ブームでそれに関連する書籍が書店で平積みになる程売れたものですが、次から次にネタをどんどん提供しているのですから多くの日本人の根底に嫌韓が蔓延っても仕方がありません。




韓国のデタラメな所業をデタラメ安倍政権が利用して支持率拡大に利用する。安倍政権を延命させているのは韓国と言っても過言ではありません。お互いを悪者に仕立てて両国民が鍔迫り合いし捌け口にさせる。韓国の対日威嚇政策が日本人を反発させ、それにより保守っぽい安倍政権の支持率が上昇することになるのですが、この両国政府のやっていることは似た者同士お互い様ということを多くの日本人が認識するべきでしょう。



posted by yuuponshow at 18:20| Comment(0) | 外交問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: