2018年12月28日

米国の財政赤字約2300兆円と政府機関の閉鎖がもたらす全世界に波及する悪影響

今年も残り僅かとなり、私のブログ記事も今年が最後となります。つたない文章で申し訳ありませんでしたがブログを観覧くださった皆様まことにありがとうございました。また来年もよろしくお願い致します。




年の瀬くらい慎ましく静かに過ごしたいものですが、30日にはTPPの発効が控えており、株価も大きく乱高下するなど日本は非常に混沌とした情勢に置かれていることを感じずにはいられません。特にニュースで目にするのが株価ですが、大納会を終え二万円前後と最後になって大きく落ち込みました。








日経平均株価の前年末比で7年振りに値下がりしたとのことですが、ということは2012年から6年続けて前年比より上昇していたということになります。2012年と言えば第二次安倍政権発足直後ですからそれからずっと株価は上昇し続けていたということになります。その割には収入は変わらず取られるものが増えるばかりで国民の生活はますます疲弊しています。株価もGPIFの年金と日銀のETFの買い支えが功を奏しているだけでこれまでの高値を維持しているに過ぎません。







このように年々ETFを買い増ししている日銀ですが、金融緩和も目標の2%に程遠く政府の外面を良くするための株高維持のためだけに買い込んでいるだけにしか思えません。その頼みの株高も年末にかけて大きく下落しておりますからもはや風前の灯火です。




この株価の下落は米国内の諸事情が絡んだことが最大の要因と言われていますが、ここで一つ気になる情報を紹介します。これ恐らく知ってる人それほど多くはないと思われますが結構衝撃的です。








アメリカのトランプ大統領より発せられたこのツイートを翻訳すると、


関税のために、我々は、同時に私たちの人々のための税金を削減しながら、多くの債務で、オバマ政権によって蓄積された $21兆の大規模な支払いを開始することができるようになります。少なくとも、我々は私たちの国のためのはるかに良い貿易取引を行います!




アメリカの債務についてはこれまで詳しい金額を知ることはありませんでしたが、2300兆円もの財政赤字とは衝撃的です。それともう一つこんな記事も







好景気に沸いてると報じられているアメリカですが、今回の株安要因の一つとされる米政府機関閉鎖問題と2300兆円もの財政赤字は決して楽観視できない状況であることがお分かりいただけるでしょう。つまり今後米国発祥による大恐慌が全世界に波及する可能性があるのです。数年前には米国債のデフォルトなんて話題もありましたが、それもいまだ解決しておらず先延ばしにしているだけ、本当にデフォルトしたらリーマンショックどころではない大恐慌に陥ることになるのです。



トランプ 一部閉鎖.PNG




そうなるとアメリカと一蓮托生の日本は人たまりもありません。アメリカ様のご機嫌伺いで兵器やら買い込んでいますが、米国債も相当買い込んでいますからそれがご破算になれば言わずもがなです。そして現在注目されている米中貿易戦争で米国債を諸外国の中で最も保有している中国の報復で大量売却も考えられます。この先米国がデフォルトするかは分かりませんが、日本としても見通しは明るいとは言えないでしょう。株価を下支えする見栄を張るよりもっと国内に目を向けた経済対策の強化するべきなのにそれを一切しない安倍政権ではどうにもなりません。



という訳で厳しい時代を迎えそうですが、生きているだけ幸せと思って前向きで頑張っていきましょう(^_^;)


posted by yuuponshow at 22:49| Comment(1) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
平成31年八乙女神社初詣会、三島大社で開運初詣

●平成31年八乙女神社初詣会・徳倉区どんど焼のお知らせを掲載しました。
http://www.aixin.jp/tk3/sgm/sgm6.cgi
●平成31年三島大社で開運初詣のお知らせを掲載しました。
http://www.aixin.jp/tk3/hnah/hnah.cgi

スライドショー、写真をクリックすると始まります。
画面は最大化(右下のボタンをクリック)にすると見易いです。
何処でも中央の停止ボタンをクリックすると一時停止します。

詳細は
【近隣イベント情報の掲示板】
http://aixin.jp/gao/lbaxjh65.cgi
Posted by 愛信 at 2018年12月30日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: