2017年11月18日

暴言議員足立康史はバカなシンパにより更に追い込まれるのか!?

先の総選挙において選挙区で敗れたら比例復活はしないと公言しながら、選挙区で落選したのにあっさり撤回し、比例復活で再選を果たした日本維新の会・足立康史議員。これまでの勇ましい言動とは程遠いみっともない醜態を晒してしまったことでこれに凝りて大人しくなるかと思いきやツイッター上で「朝日死ね」と呟いたことでマスコミを賑わしています。


足立康史.png



これに対する足立の反論は山尾志桜里議員が取り上げた「日本死ね」を引き合いに出したとのことですが公職にある者としては不適切な発言であることに違いはありません。山尾議員は他人が発した言葉を引き合いにしてますが足立議員は自ら率先して発言している、このことから見ても足立の方が悪質であり非難を受けて当然と言えるでしょう。ところがこの発言に飽き足らず更なる問題発言で騒動を拡大させました。



加計学園設立に反対している獣医師会から100万円もの献金を受けていた玉木雄一郎議員と福山哲郎議員が国会質疑で加計問題を取り上げたことを利益供与だとして「犯罪者」と罵りました。調子に乗ったのか更に与党の石破茂にまでその矛先を向けるなどやりたい放題、野党は勿論のこと自民党の重鎮も怒りを露わに批判しました。






こうなると所属する維新も標的にされた三党に陳謝せざるを得なくなり、足立には厳重注意処分を下したことでさすがの足立も意気消沈し謝罪することとなりました。







この発言により普段メディアで取り上げられることのなかった足立康史という議員は、テレビなどのニュースやワイドショーで発言を取らげられ批判の的として晒されることとなりました。本人も日頃から自分の発言が取り上げられないと嘆いていましたが念願がかなったことになります。







そんな足立さんですが自民党ではなく追及する野党攻撃をしてくれるスタンスが自民党サポーターを中心に称賛されており不祥事も何のその、「やっさんは悪くない、もっとやれ」と熱いエールを送っています。












こういう時、本当の支持者であれば発言について慎重にとか苦言を呈するべきなのですが、本人は勿論、支持者も相当痛いですね。しかし連中はどんな形であれメディアで取り上げられれば注目されるので野党の不正が取り上げられることになると息巻いているようですが、その分足立のこれまでの言動も取り上げられることになるのですがね。


◎元秘書の女性が足立康史衆議院議員からパワハラを受け、約700万円分の残業代も支払われていないなどとして、大阪地裁に提訴。その際に明らかになったのがいすをけられたり、水をかけられるなどパワハラの実態が明らかに、これに対し足立は元秘書の提訴に逆切れして残業代支払いを拒否すると開き直りともとれる宣言。

◎足立議員が代表を務める「維新の党衆議院大阪府第9選挙区支部」の2014年分の収支報告書。支出項目にナント!「議員宿舎」(家賃)として「(月額)10万2298円」の記述していたとのこと。




メディアにとっては格好のネタが揃っており、これらを追及されればたちまち足立康史は追い込まれることになるでしょう。支持者は足立を不正をただす正義のヒーローだと崇めているようですが、一般の人から見たらとんでもないチンピラであると認識されることは間違いありません。このまま足立のシンパが「もっとやれ」煽り立てることで足立が調子に乗ってしまい墓穴を掘るというそんな滑稽な姿しか想像できません(笑)


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 17:35| Comment(0) | 橋下維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: