2017年10月21日

おごり高ぶる自民党とそのシンパ共の暴言嘘

総選挙投開票日を翌日に控え、各陣営最後の追い込みを掛けているその時でありますが、政権与党の自民党は300議席を伺う圧倒的勝利確実という情勢です。それに調子づいたのか自民党議員からこのような暴言が飛び出しました。







敵対する野党(小沢一郎)陣営に対しこういうクズ的発言を平気で大勢の観衆の前で曝け出すのが自民党なのです。そしてそのシンパも下のツイートにあらわれているように丸山の発言を咎めることなく一緒に同調しているあたり救いようのない同様のクズであることがお分かりいただけます。こういう発言が揚げ足取りされて支持を失うという事態がこれまであったのに何の学習能力もないのですね。







自民党やそのシンパは思い上がり甚だしく調子をこいているというというのが良く分かるのがこの人です。


有本香.png


有本香女史が某ネットチャンネルで立憲民主党は政党要件を満たしていないとのデマを傲慢に垂れ流しています。








有本女史の言い分によると衆議院が解散した時点で議員ではなくなったのだから解散後に発足した前衆議院議員だけの立憲民主党は政党要件を満たさないということなのだそうです。ところが後で番組スタッフより解散前の議員数もカウントされるので政党要件は満たしているということ発覚しました。ところがこの有本香女史は謝罪しないばかりか「納得感の問題」とすり替えて持論を捲し立てることに終始していました。


立憲民主党など擁護するつもりはありませんが、当初希望に合流するという打算が合流を拒否された人間が党から立候補できない状況であるからこその措置であることは理解できます。ですので有本の言う納得感など偏狭した自民党やそのシンパでなければ到底理解できる訳がありません。これに乗じて一緒に番組に出ている百田尚樹は「違憲民主党」などと吹聴して悪態を晒しています。


この人の思考は謝ったら負けなんでしょうね。饒舌で早口で捲し立てる喋り方をする人ってプライドが高そうですし、誤りを指摘されても素直に謝罪できないのでしょう。このように偉そうに講釈垂れている有本香に応援されている自民党という政党の体質がよくわかると思います。



そう言えば昔安倍事務所の電凸が話題になりましたが覚えていますかね?




安倍事務所職員の傲慢体質を見れば自民党やそのシンパも同じ傲慢体質であることがお分かりいただけるでしょう。そんな傲慢体質の自民党が明日絶対多数の議席を獲得するのかと思うとお先真っ暗です(-_-;)



(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 17:10| Comment(0) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: