2017年07月04日

自民党結党以来の大惨敗と豊洲問題

東京都民だけではなく日本中から注目を集めた東京都議会選挙でしたが、小池都知事の新勢力である都民ファーストが都議会第一党となり、それまで議会第一党を守ってきた自民党が大敗するという歴史的な結果となりました。


都議選 結果.JPG


都民ファースト躍進.jpg




自民党は結党以来最悪の大惨敗となり、過去2008年に行われた民主党旋風が吹き荒れた都議会選挙の38議席を下回る23議席となりました。


選挙最終日に初めて公衆の前に現れて応援演説した安倍総理でしたが、目の前に安倍やめろの大合唱に怒り心頭となり、「あんな人達に負けるわけにはいかない」と指差して挑発したのですが、それがマスコミで批判的論調で取り上げられることになりここの選挙区の候補者も落選しました。これまでの閣僚の不祥事や疑惑への対応の後手後手を顧みず批判の声に反発したのは大失敗でしたね。


今回の選挙を経て、この新しい議席分布を見ると劇的な変化を感じ取ることができますが、派手に目立っている都民ファと自民よりも注目したいのが、23名全候補者を当選させた公明党の強さと17から19名に躍進させた共産党の躍進ぶりです。



公明党は都議選で都民ファーストと選挙協力を結びましたが、都民ファーストの躍進があったのも公明党の協力があったからと言っても過言ではありません。対して自民党は公明党との選挙協力が得られずに惨敗に繋がったことからも分かるように、公明党の存在というのが非常に大きかったと認識させられた結果ではないかと思います。この公明党の安定した組織力を目の当たりにした自民党は国政において益々公明党への依存度が高まることになるでしょう。もはや自民単独では何もできないということです。


そして共産党は、都政に関しては頑なに豊洲移転反対・築地再整備を打ち出したことにより築地存続派の票を取り込むことができました。豊洲廃止・築地存続を明確に打ち出したのは共産党と生活者ネットワークだけであり、組織力のある共産党が無党派層までも取り込んで支持を得たことになります。


議会第一党は都民ファーストですが、選挙結果から見てもこの両党の存在感や主張は無視できないものになると思います。特に築地市場問題においては今後大きく影響をもたらすのではないでしょうか。


それまで豊洲移転一辺倒となっていた都議会でしたが一年前の小池都知事誕生により、一旦立ち返って移転を延期するという決断に至りました。自民党は即時移転を訴えて小池都知事に反発する姿勢を取りましたが、同じく移転推進だったはずの公明党は小池都知事に同調し、安全を確認されることを前提に延期に賛成しました。



それまで自民党都議連が議会第一党ということもあり強権的に強引に推し進めてきた豊洲移転でしたが、敢えてガス工場跡地に新市場を開場することになった経緯や盛り土や地下ピットなど豊洲移転となる起点からのプロセスに不可解な点が多過ぎます。小池都知事は将来的な豊洲移転を決めたものの、豊洲市場は汚染問題の他に移転後の100億円かかるといわれる維持費の問題、市場内での施設の使い勝手の悪さといった指摘がありますのですんなり移転できない事情もあるのです。そして現在築地市場内で働いていらっしゃる市場関係者の殆どが豊洲移転反対派で占められていることも深刻に受け止めるべきです。


自民党シンパや御用ジャーナリストが豊洲移転と小池都政の批判を展開していますが、冷静に考えれば移転延期も当然であり極めて無責任な主張であることが分かります。彼らは今回の選挙結果ををどう受け止めているのでしょうか?有権者を馬鹿やアホ呼ばわりして憂さ晴らしをするのでしょうか?だが世論はそんな単純なものではないし、こんな連中の戯言よりも都民の有権者は冷静に判断した結果であると思います。くだらぬ印象操作で世論を引き込もうとした豊洲移転派などに誤魔化されなかった都民の認識度が勝った結果であると言えるのです。

(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 18:00| Comment(0) | 豊洲移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: