2017年06月21日

豊洲移転決定だが、最終的には豊洲頓挫、築地再整備となる可能性も!?

小池都知事の方針は築地を存続して豊洲も活用するというものでした。築地を守るとしながらも豊洲移転にGOサインを出していることに変わりはありませんので、常日頃から豊洲移転に反対を唱えている私としては小池批判に転じるつもりでしたが、ちょっと気になるところがあります。





豊洲 市場移転基本方針.jpg




記者会見を見た限りでは具体的な日時の区切りもなく内容も大まかな方向性だけしか示していません。元々自民党所属議員である小池都知事は豊洲移転容認派であり、豊洲移転を推進している公明党と選挙協力を打ち出していることで将来的には豊洲移転にシフトするのではと予想されていました。しかし来るべき東京都議会選挙対策において自民党都議の公約である豊洲移転and築地売却とは異なる政策にしたかったことは容易に推測できます。


公明党にも配慮し、共産党の顔色も伺いつつ、自民党とは違った独自の豊洲移転政策を打ち出すことで自身の政党である都民ファーストの躍進材料にしたかったと捉えています。両論併記で築地賛成派・反対派どちらにもいい顔をしておきたいという小池流の立ち回り方やしたたかさが垣間見える方針ではないでしょうか。


しかも世論調査を見るとこの小池プランに共感する声の方が高く、今週最新の世論調査を見ると小池都知事への支持は相変わらず圧倒的です。対抗する自民党は国政での森友・加計での対応の悪さが災いしていることもあり都民ファーストにとっては追い風となりそうです。


どの政党に投票するか.JPG




しかしこの方針に対してネットでは批判の声が多数寄せられており、豊洲移転賛成派はもとより反対派からも小池都知事への批判が集まり、市場関係者の移転推進派と反対派が一時小池潰しに共闘するという事態に陥りました。













移転賛成派からすれば豊洲移転延期に伴う無駄遣いを批判し、反対派からすれば豊洲の汚染問題もあり一時的とは言え豊洲に移転するなど冗談じゃないと批判し、市場関係者としては今後の先行きに不安を抱くのは当然であると言えます。


小池都知事が市場移転を政局として利用しているのは明確であり、都議選に利用しているのは間違いないでしょう。そのために都議選対策として取り繕うための移転表明と言えます。しかし豊洲移転を明言しておきながら移転の時期を含めたロードマップは今のところ明らかにされていませんし、選挙後に方針転換される可能性もあります。


要は豊洲移転に関してはいまだ玉虫色状態なのです。築地売却をせずに市場を残すとしたことで移転反対派からすれば収穫とも言えますし、すんなり豊洲移転が進むとは到底思えません。


会見でも指摘されているように汚染対策が不十分なことから追加工事を行うこととなっており、その工事の過程においては新たな汚染が発覚し、移転が先延ばしされる可能性があります。また汚染問題だけではなく市場維持による年150億円とも言われる赤字問題や耐震問題、道路で分断されているなどの使い勝手の悪さが指摘されています。


移転が決定したとは言え、豊洲市場への移転がすんなり決まるとは到底思えません。むしろ豊洲の欠陥がこれから露わになることで移転中止という線も想定されます。小池都知事は両方にいい顔しながらもどちらかと言えば築地にシフトした物言いでしたから最終的には築地再整備という線を狙っているかも知れません。勿論これは推測であり、買い被りすぎだと捉えられるかも知れません。ちなみに私は小池支持者でも都民ファースト支持者でもないです(笑)



ともかく移転反対派にとっては諦めるのはまだ早く、付け入る隙が十分残された案と言えるのではないでしょうか。




(スポンサードリンク)




posted by yuuponshow at 23:58| Comment(0) | 豊洲移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: