2016年06月15日

舛添擁立から辞任まで一連の動きから読み取れる自民党の姑息さ

日本中から壮絶とも言える大バッシングを浴びて遂に辞職を決意した舛添要一都知事。嘘で嘘を塗り固めた一連の会見が更に批判を強める結果となる上、新たな疑惑も噴出してはもうどうしようもありません。


辞任に追い込まれた舛添ですが寸前までは強硬に続投を明言しており楽観視していたようです。理由は自民都連が舛添を支える動きがあったことです。その裏付けとなる出来事が都議会の集中審議でした。


他の質問者が厳しく政治資金問題を追及し辞任を迫ったことに対して自民党質問者の鈴木隆道都議は厳しい追及をしていたものの、質問のペーパーをチラチラ見ながらの質問で舛添にまったくプレッシャーを与えていないばかりか、辞任せよ! という言葉は最後まで出てこず、この日の他の質疑者の追及度合を見ても大甘だったことは間違いありません。この質疑の時点では自民党は舛添に逃げ道を用意していたことは間違いないでしょう。






さて辞任となったからには都知事選となる訳です。メディアは著名人や政界人の名前を挙げて誰が都知事に相応しいかをアンケートしていますが、メディアのこんな体たらくこそが舛添のような人間を首長に担ぎ上げた大戦犯であり、こんな人気投票などで名前が挙がった候補者などロクなもんじゃないです。名前が知れていて政治家としての資質の伴わない人間をピックアップしての人気投票アンケートなど有権者をバカにした行為です。



今頃、マスコミが連日大騒ぎして叩いてやめさせる動きはちゃんちゃら可笑しいとしか言いようがありません。 マスコミが過去の舛添の問題を報じなかったから問題に気付かず舛添に投票してしまった人が大勢いたはずです。 辞任問題の一端となった都有地の韓国学校への譲渡についても一切言及せず、ヘイトスピーチ規制マンセーを唱えているこの国のマスコミは本当にどうしようもありません。


舛添を都知事に担いだ2年前の都知事選では自民党から除名させたにも拘わらず舛添を候補者に立てるという
有権者としては納得のできない人選を仕出かしました。更に舛添の所属していた政党「新党改革」での政治資金規正法による疑惑も週刊誌で騒がれていたころ、この動きをシャットアウトしようと自民党はマスコミに働きかけ、このような怪文書をマスコミに流し舛添スキャンダルの動きをシャットアウトしたのです。

都知事 マスコミひた隠し.jpg


その事にすでに気が付いていた有権者は自民党BBSに舛添擁立反対の猛抗議のメールを連日殺到していたのですが、その声も自民党は一切無視してきました。





こうして不祥事をひた隠し、票を取れる舛添を取り込んだ自公政権は大手を振って「舛添さんしかいないではありませんか!!」と都民を欺くことに成功したのです。




自民党公明党はこんな最悪な都知事を担いだことから今回の都知事選は候補者の擁立をするべきではありません。否、する資格もないのです!!大勢を占めている自民党都連の息のかかっていない候補者こそが都知事になって貰うことで都政運営を健全にもたらしてくれるはずです。


自民党はこれまでの舛添推しがアダとなったものの舛添切りが出来てホッとしているでしょうが、こんな政治家を人気だけで擁立し、挙句の果てに日本はもとより世界中に数々の悪態を晒したことを国民は忘れません。そして来るべき参議院選挙ではまたしても有名人、しかも他党の議員を擁立するというなりふり構わわぬ戦法で票田獲得に動いています。



来る参院選では国民の声を無視し欺いてきた自民公明両政権には鉄槌を食らわしてやりましょう!!!



(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 22:45| Comment(0) | 舛添要一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: