2015年12月31日

安倍ちゃんを守れ!アクロバティック擁護は安倍政権を救うことができるのか?

日本の保守層を激怒させた慰安婦問題を巡る日韓合意ですが、これまで安倍を支持していた層もさすがに今回の売国合意で反安倍に寝返る人も多いのではないでしょうか。元々安倍政権に敵対心を抱いていた国内の左翼陣営はこの合意を評価しており、従軍慰安婦を否定していた保守層の面子は丸つぶれとなりました。それでも安倍を信じる、安倍は正しいと寝言を言う輩はfuzita2015クンのようなイカレた自民党工作員や政府からお金を貰っている人くらいでしょう。



この日韓合意に関してやはりと言うか擁護論が出ております。戸締りこと渡邊哲也氏は会合文書を引用した上で持論を展開させ韓国側が逆に追い詰められるとしています。





どうでしょうか?戸締り氏らしく丁寧で温和な口調ですがこれで納得できますか?私は無理筋論理には変わりはないものと切り捨てます。

「韓国はこれまでのようなロビー活動ができない」「国連が使えなくなる」「共同声明で韓国から明言した」
と困るのは韓国側だと述べていますが、1965年の日韓基本条約からのこれまでの流れを見れば反故にして何事もなかったかのように日本にお金をたかられている過去を見ればあまりに無理筋な見解と言わざるを得ません!!


この渡邊説に異議を唱える意見が渡邊氏のツイートに寄せられましたが、ここで擁護の無理筋が垣間見えるような発言もしています。






突っ込みへの返答を見る限り韓国からの難癖つけられるのは仕方ないと捉えているようです。約束を破られたことで日本側に有利なカードができるとされていますが、その論だと振り出しに戻っただけで日本に利することなどないのではないですかな?民間レベルでは規制できない訳ですから裏で民間団体を操れば以前にもましてタチが悪くなりそうですが。


そもそも保守陣営が怒っているのはお金よりも軍の関与を認めたとする文言、保守側が否定していた強制性・関連性を日本政府が認めて踏襲してしまっていること。これまで河野談話や村山談話を批判していた側が怒るのも当然の話です。今回は総理大臣自ら謝罪を口にして基金という名目で賠償金を支払うのですから韓国のみならず、他の諸外国からも同じような動きがでてくるでしょう。と言ってる間に早速、台湾がこの問題について交渉せよとの発信がされてしまいました。

台湾・外交部長「交渉、強く求める」sankei news 2015.12.29 12:55更新 url

会合による今後の影響を想定できないというかワザと逸らそうとしてるのか分かりませんが、このアクロバティック擁護も空しく慰安婦問題を日本の責任に永久かつ不可逆的にしてしまったのは安倍総理自身です。懸命の擁護も空しく安倍支持者から批判に寝返る人は相当な数にのぼることでしょう。


(スポンサードリンク)










posted by yuuponshow at 17:32| Comment(0) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: