2015年09月10日

軽減税率とマイナンバー制を組み合わせた愚策で増税の既成事実化を目論む財務省と安倍政権

消費税10%の増税時に軽減税率を導入する前提で財務省が掲げたマイナンバー制を活用したキャッシュバックシステム、その制度の仕組みが明らかになると非難囂々の嵐、それもそのはず、この軽減税率措置は国民のためではなく、自公政権と財務省の閣僚共の利権の温床となる制度だからです。


軽減税率.jpg




軽減税率として認められた製品については買い物時にレジで一旦10%込みの総額を徴収し、後日銀行預金口座に送金されるというもの。これはマイナンバー制度を導入した前提での手続きであり、還付のために用意するマイナンバーカードも任意で作らなければならず、申請も自己申告しなければならないという二重三重に面倒な手続きを取らねばならず、挙句に最高還付額が年間4000円という低額の有様、これでは申請する気も起きません。これを統治する管理団体として「軽減ポイント蓄積センター」なるものが設置されるとのことですが、明らかに天下り団体として利権の温床となることは確実で、結果的に無駄となり余計な出費がかさむだけになることは間違いないでしょう。

マイナンバー自体が制度化されていない段階でありながら、マイナンバーカードと軽減税率還付させるためのリンクさせる実用段階も踏んでおらず、それを前提として取り組もうとしているのも無理があり過ぎです。

お店のレジに軽減税率分を振り分ける端末設置など費用負担も相当な額になります。何より心配なのが買い物履歴の情報が漏えいされるのではという不安も、買い物だけならともかく振込みに使われる銀行預金口座の漏えいなど心配は尽きません。年金漏えい事件を見てもずさんなセキュリティーにより個人情報が流出したばかりで今だ解決していないのに納得できる訳がありません。

こうした欠陥制度になる事間違いなしの軽減税率などやめるべきであるし、増税もすべきではない!!第一増税あり気で軽減税率の取り組みをしますよと流す目的は増税の既成事実化を目論んでいるとしか言いようがありません。これでは国民の消費意欲など上がるはずもなく更なる景気悪化は避けられないでしょう。


これについてブログでも批判の声が挙がっていますが、自民党支持者はなぜか財務省だけを批判して安倍政権への批判は一切聞こえてきません。この自民党シンパのなでしこりんというブロガーによる軽減税率とマイナンバーについての問題点指摘も安倍政権への不満は一切書かれてありません。



「麻生さんにはもっとしっかり官僚たちをしつけてほしいです。」などとあくまで財務省主導で行っているのだと印象つけたいのか分かりませんが、それどころか安倍政権の閣僚はこの制度に大賛成のようで財務大臣の麻生もこのような事を言っています。

麻生1.jpg
麻生2.jpg


ブログで麻生さんには反省してほしいと書かれていますが、とんでもない!一緒に主導しているのですからお話にはなりません。マイナンバーカードを持たなければ還付しませんよと言っているこの背景には「還付の手続きは面倒だからしないでね、そうすれば財源減らさずに済むから♪」と言ってるに等しいのです。本音をぽろっと漏らす癖のある麻生ですからこれが財務省と安倍政権の狙いであると言えるでしょう。倒すべき相手は財務省だけではなく、自公政権を含めた伏魔殿であり、こいつらを滅ぼさなければ日本の未来はありません。

安倍が確約した10%消費税増税は再来年の4月になります。その前の参議院選挙において増税反対、利権の温床反対を突き付けるしか消費税増税を止めなければなりません。民意をもって自公を過半数割れに追い込むしか道はないのです!!



posted by yuuponshow at 22:39| Comment(0) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: