2014年08月20日

シリアで捕まった日本人の安否と日本側の不可解な対応

シリアでイスラム原理主義者ISISに拘束された日本人のユカワ・ハルナ氏の安否が依然掴めずにいます。処刑されたとの情報も飛び交っていますが、真偽は定かでなく予断許さぬ状況であると言えます。

どういう経緯でシリアに入ったのかは定かではありませんが、一刻も早い釈放を願わずにはいられません。ところで拘束されたユカワ氏に関して交流のあったと噂される元・航空幕僚長の田母神俊雄氏の不可解な言動が波紋を呼んでいます。

ユカワ氏とのツーショット写真がネットで拡散されたことを受け、田母神氏はこんな事を呟いています。

田母神シリア1.PNG

田母神シリア2.PNG

ツーショット写真が拡散されているのに面識がないというのもおかしな話ですが、彼を知らぬ存ぜぬと言うのはともかく一人の日本人が拘束され、命の危険に晒されているのですから彼に対して安否を心配するなり気遣う言葉を掛けるべきではないでしょうか?ユカワ氏の正体は日本では聞きなれない民間軍事会社の経営者だとも報じられていますが、保守言論人として田母神氏の不可解とも言える言動には首を捻りたくなります。

もう一つ不可解なのがこの日本人拘束に際して、首相官邸側から声明が一切聞こえてこないことです。拘束されたと分かったのが8月17日になってから、安倍総理から声明が発せられてもおかしくないのに何故かまったくありません。

さらに17日以降の安倍総理の行動を追ってみると
 
 

17日
  【午前】7時55分、山梨県富士河口湖町のゴルフ場「富士桜カントリー倶楽部」。榊原定征経団連会長、御手洗冨士夫キヤノン会長兼社長、渡文明JXホールディングス名誉顧問とゴルフ。

 【午後】3時52分、同県鳴沢村の別荘。5時59分、同県山中湖村のホテルマウント富士。宴会場「メヌエット」で日枝久フジテレビ会長、加藤官房副長官らと食事。昭恵夫人同席。8時54分、別荘。

 18日

 【午前】山梨県鳴沢村の別荘で過ごす。

 【午後】0時49分、同県富士吉田市の温泉施設「ふじやま温泉」。入浴。3時19分、別荘。4時52分、田中財務省主計局長。5時36分、田中氏や秘書官と食事。43分、本田内閣官房参与加わる。10時35分、本田氏出る。47分、全員出る。

 19日

 【午前】7時4分、山梨県鳴沢村の別荘発。同7分、同県富士河口湖町のゴルフ場「富士桜カントリー倶楽部」着。昭恵夫人、日枝久フジテレビ会長、本田悦朗内閣官房参与、田中一穂財務省主計局長とゴルフ。


  【午後】2時33分、同所発。
 午後2時36分、別荘着。
 午後5時49分、別荘発。同55分、同県鳴沢村の笹川陽平日本財団会長の別荘着。森喜朗元首相、茂木敏充経済産業相、西村康稔内閣府副大臣、岸信夫外務副大臣、加藤勝信官房副長官、萩生田光一自民党総裁特別補佐、山本有二同党衆院議員、笹川会長、日枝フジテレビ会長と食事。
 午後9時59分、同所発。
 午後10時5分、別荘着。
 20日午前0時現在、別荘。来客なし。



休暇中でゴルフや会食といったように平時と変わらぬ行動です。一体どういうことでしょうか?日本人が海外で拘束され命の危険に晒されているときにこのような対応は酷過ぎませんか?

休暇中とは言え在外邦人がテロ組織に拘束され、いかなる要求を突き付けてくるか分からない中、休暇を優先するとは危機管理がないと言われても仕方がありません。そもそも先立って閣議決定した集団的自衛権は何の為に通したのか?同盟国は助けても危険に晒されている在外邦人は見捨ててしまうのでしょうか。こういった例ではまったく役に立たない法であることが分かりました。

ユカワ氏の安否を気に掛けることもない首相官邸、そして何故かユアサ氏との関係性を否定している田母神氏のメッセージ、どちらも保守を謳っていますが日本人を救出したいという気概を感じることは出来ませんでした。

posted by yuuponshow at 00:01| Comment(0) | シリア日本人拘束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: