2014年07月25日

舛添都知事への批判が後ろ盾のある安倍政権にも向かわないのは何故か?

舛添要一東京都知事が韓国で朴クネ大統領と会談したことを受け、自民党支持者及び保守層と呼ばれる人達からバッシングを浴びています。そもそも日韓関係が冷え込んだ背景には2年前の李前大統領による竹島上陸に端を発し、天皇陛下への不敬発言など日本人を逆なでする行為を行ったことで以後政府間での政策会談は行われていませんでした。

竹島上陸は勿論のこと、陛下への謝罪すらないこの国と政府要人との会談など、向うから歩み寄りの姿勢がない限り行うべきではありません。それをノコノコ出向いて韓国が勝手に問題化している慰安婦などの歴史問題についてペコペコ頭を下げて愛想笑いを浮かべて歩み寄ろうとする姿勢を見せた舛添の姿勢は売国奴と呼ばれて当然と言えます。

そもそも日韓基本条約が双方合意しているにも関わらず韓国との歴史問題を会談の中で持ち出される時点で椅子をけっ飛ばして退席するくらいの姿勢でなければいつまでたっても日本は舐められ続けるのです。しかしあろうことか舛添は韓国の平昌で開催される冬季オリンピックの協力を約束、向うは互いに協力するとは言っていないのに勝手に約束したのです。更に日本の地下鉄技術をソウル市へプレゼントするなど韓国への忠誠心振りをアピールしました。

反日政策を掲げる韓国に対して売国に勤しむ舛添にバッシングの嵐は当然なのですが、そもそも舛添知事誕生のきっかけは安倍自民党政権であることを忘れてはなりません。自民党支持者らは舛添に対してのバッシングもいいのですが、舛添を都知事選で擁立して誕生させた自民党にはなぜバッシングは行わないのでしょうか?

前知事の猪瀬直樹氏が失脚した背景には自民党都議連による執拗な猪瀬降ろしにありました。自民党都議連は副知事時代からの猪瀬による利権潰しが元で反りが合いませんでしたが、そこに猪瀬のスキャンダルが持ち上がり自民党連は一斉に責任問題を追及したのです。

そして猪瀬失脚後、都知事選における自民推薦候補として挙がったのが、なぜか自民党から除名された舛添要一だったのです。自民党本部も推薦候補として承認し、安倍総理自ら選挙応援に出向きました。



それに今回の訪韓にあたり、舛添から安倍総理の意向も朴大統領に伝えているのです。言うなれば舛添の行動・言動はすべて安倍自民党政権そのものと言って良いのです。その背景が分かれば舛添だけでなく安倍総理や自民党にもバッシングが起きて当然なのですが、なぜか自民党支持者は安倍総理に対しては擁護しています。

これについてツイッターでも象徴的な意見がありました。舛添を叩いて安倍を持ち上げており何か矛盾しているようです。
舛添.PNG

舛添だけを責めても背後には自民党政権の後ろ盾があることは明白であり、筋違いと言えます。自民党支持者は舛添を操っている自民党政権にもバッシングを行うべきなのではないでしょうか?

posted by yuuponshow at 16:53| Comment(0) | 舛添要一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: