2021年10月13日

立憲民主党は野党第一党の資格ナシ!やることすべて自民党を利する工作員活動

衆院解散が目前に迫る中、腐敗しきった自公政権に対抗すべく野党連合が一丸にまとまり選挙に臨まなければならないこの大事な時に野党側から信じられないような失言が明らかとなりました。






北朝鮮による拉致事件の発生から40年以上、問題が表面化して20年経過していながら北朝鮮との交渉もなく進展もない状況で、国として非常に扱いずらい案件であることは間違いありません。しかし国の政治家が半ばさじを投げるような発言を、それも死亡と決めつけては被害者家族の逆鱗に触れる発言を仕出かしたのだからもっての外です。






国会代表質問でも与党側から生方幸夫議員の問題発言を叱咤されるなど、野党第一党所属議員の失言にとどまらず党の体質と揶揄される始末で、立つ瀬がありません。政権交代を実現しなければならない総選挙を目前にしていったい何をやっているのでしょうか!?







生方議員は即退場レベルで論外ですが、同党の小川淳也議員あんた一体何やってんだ!?野党連合の枠内ならともかく、よりによって維新に懇願するとか恥を知れよ!!これら立憲党のぶざまな行為が自民党シンパが歓喜し、こぞって取り上げられ拡散されることを想定できないのか!?敵に塩を送る行為のオンパレードでまったく呆れるばかりで情けないです。

スポンサーリンク




とどめは東京8区の混迷極める野党候補でのつばぜり合い、この経緯を時系列で読み解くと山本太郎独断で東京8区出馬を決めたとは思えません。






元・朝日新聞の佐藤章氏が山本太郎が東京8区立候補の経緯について語っている通り、山本側と立憲側とで念書を交わしたという下りについてはどちらが正しいのかは現時点では明らかではありません。しかし山本側が候補を取り下げているのならば立憲側も何らかの説明責任を果たさなければなりません。公党であり、野党第一党として弱小政党を抱き込みながら、その党首に対してあまりに誠意を感じられない。それどころか東京8区の立憲候補者支持者が山本太郎銃弾抗議活動という暴走を許してしまう有様。







戦うべきはこれまでこの選挙区で9回当選し続けてきた石原伸晃ではないのか!?「自分たちの縄張りで何さらしてくれるんだ!」と感情的に山本側へ向け抗議して、一体誰得なのか?対すべきは自民党でしょう!石原でしょう!まったく立憲もその支持者も理性的じゃないし建設的じゃない。こういう一連の流れはすべて自民党政権を利することになるのです。



立憲民主党がこの先、自民党から政権を奪取しても選挙協力してきた他党との軋轢が生じる可能性は限りなく高いと言えるでしょう。まずは野党勢力の勝利が前提ですが、政権奪取後については混迷を極めることになるかも知れません。わずか3年あまりの政権運営で国民に大いに失望させた民主党中枢幹部がそのまま立憲の中枢幹部として滑り込んでいるのはおぞましい思いです。



野党共闘.PNG



自民党には勝たせたくない、でも立憲では・・・そういう思いは野党連合を支持する人たちの間でも大勢を占めていると思います。総選挙を前に浮足立った党と候補者と支持者を見ているとそう言わずにはいられません。こうした不手際を大いに反省しなければ政権交代したとしてもまた失望を買って下野することになるでしょう。望むべくは立憲に代わる自民党に対抗する勢力の台頭、もしくは立憲党内からの改革ですが、果たして政権交代後は如何に!?

posted by yuuponshow at 23:35| Comment(0) | 旧・民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする