2021年09月22日

自民党こそ国民全体で監視すべき反社会的組織である

日本共産党の山添拓参議院議員が鉄道を撮るために渡ることが禁止された線路の箇所を渡ったことで書類送検されたことが今週明らかになりました。昨年11月に起きた案件ですが、本人も認識し反省の弁を述べています。






この経緯を見て興味深いのが当日に多くの撮り鉄もその横断禁止と言われる「勝手踏切」を渡っていたと思われますが、なぜ山添議員だけたったのか?そして近隣の住民も日常的に通る場所を横断した僅か一秒横切っただけで刑事処分とは?そしてそれがなぜ一年経って書類送検で処分されたのか?恐らく一般人であれば会社や学校にもバレることなく注意くらいで処理されるレベルだと思われます。経緯からして謎が多い案件ですがもしかして普段から山添議員の行動を監視していたとなれば・・・恐ろしいことですがすべて辻褄が合う事案と言えるのではないでしょうか?





スポンサーリンク




公安が日本共産党を破壊活動防止法に基づく調査対象団体としていることは事実です。しかし70年も監視しているにもかかわらず横断禁止の踏切越えだけとは監視対象組織として監視し続けることは税金の無駄ではないでしょうか?とは言え、公安の調査対象団体であることで共産党を警戒し、敵対視する国民も少なからずいます。この人もその中の一人なのでしょうか?






共産党は暴力組織であるとテレビで発言したことが大々的に取り上げられたことで、共産党はもとより多くの視聴者からの批判が殺到したことで、翌放送日に謝罪に追い込まれたコメンテーターの八代英輝氏ですが、この謝罪が上記のツイートにあるように火に油っを注ぐ形となり絶賛炎上中となっています。謝罪ではなく、自己弁護してしまった八代英輝、素直にごめんなさいだけすれば良かったのにお高いプライドがそれを許さなかったのでしょうかね。番組のスポンサー見合わせにも発展し、番組の存続にも影響しかねません。


八代 共産党暴力革命.PNG




しかし自民党工作員共は八代発言を絶賛支持し、本当のことを言って何が悪いんだ!?と悪びれることなく、謝罪も釈明も必要なしと強気の態度を示しています。おまけに共産党議員やそのシンパへのアカウント突撃や、CM見合わせしたひるおびスポンサーに批判の電凸するなど暴れ放題です。こういう傍若無人な行為を自民党政権も積極的に後押ししています。








自民党政府が共産党を「武力革命と言ってる、公安が調査対象にしてる」と吹聴し、犬笛を吹いて自民政府に忠誠を誓うシンパ共を先導してけしかける。傍から見れば自民党やそのシンパの所業の方が全然悪質過ぎて恐ろしいです。そんな自民党ですが、やってることは共産党が可愛く見えるくらいの悪列非道ぶりです。




安倍首相の「桜を見る会」に暴力団関係者が招かれて問題になり、メディアで大きく取り上げられたものですが、その釈明に追われると何と「反社会的勢力は定義困難」と閣議決定する有様。そして政権中枢の疑惑やそれに親しい人物の逮捕をもみ消した人物を功労者として警察庁長官や検事総長にしようとしたりとやりたい放題。所詮、閣議決定など時の政権の都合良く使われる道具でしかないのです。自民党はそれがあからさま過ぎてお話にならないレベルにまで陥ってしまっているのです。自民子飼いの八代が焚きつけたこの騒動ですが、共産党よりも監視すべきは自民党であることがお分かりいただけると思います。公安は共産党に監視する前に自民党を監視すべきであり、自民党は国民全体で監視すべき反社会的組織なのです。


posted by yuuponshow at 18:15| Comment(1) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする