2021年07月28日

異論には耳を貸さない自分の都合の良いものしか受け入れないスガ政権に翻弄される日本国民

緊急事態宣言の異常事態、開催是非の賛否分かれる中、強行開催した東京オリンピックにおいて日本勢は怒涛の金メダルラッシュで現時点において14個獲得して国別獲得数ではトップに躍り出ています。開幕5日にしてこの獲得数はこれまでの最多獲得した’64東京と’04アテネを上回るハイペースとなっています。やはり地元開催は日本選手にとって地の利を活かせるメリットもありますが、何よりモチベーションが他国の選手に比べて違うのでしょうか。日本人選手の活躍は大変喜ばしいことですが、新型コロナの蔓延状況は深刻で、感染実数は過去最多を更新し、私たち国民の健康や生命を脅かしています。






五輪が始まってから五輪関連の中継や報道が連日長時間の尺を取って放送されていることもあり、すっかり深刻さが希薄になりかけていたコロナ問題でしたが、これで再び危機感を抱くことになると思います。先日が2800人、そして本日3000人超えとなり、恐らく今後感染者数は日を追うごとに記録更新していくことになると思います。これを受けてスガ総理が五輪の継続について声明を出しましたが、どうも中止や延期といった選択は出さないようです。






人流抑制できてるといったありもしない設定をさらっと言ってますが、そもそもこの返答を引き出した記者の質問は(コロナ感染の)危機的状況をどう捉えているのか?というもので、答えにならない返答をする頓珍漢振りです。状況をまったく把握しておらず、自己暗示をかけているような驚くべきサイコパス振りでまともな判断力ではありません。無理やりな五輪強行を主導してきたスガ総理ですから、今後感染者がどれだけ増えようとも、進め一億!火の玉特攻玉砕覚悟の上なのでしょう。しかしそうなれば国民や選手団の犠牲を伴うことになるのです。今我々日本人は常軌を逸した指導者によって生命と健康を脅かされようとしているのです。




このような有様のスガ総理ですが、支持率回復のため五輪を利用した自己アピールは欠かしません。







開会式では天皇陛下の開会宣言で起立しなかったことで「不敬者」批判されましたが、そんなことは厭わず利用できるものは利用したいのでしょう。そして今スガがバックアップを求めているのが似非保守界隈の連中です。




カルト誌 hanada.PNG



にべもない憲法改正を訴えるなど、そっち界隈へのアピールをしつつ、五輪で感染拡大との懸念あたらない、ワクチン接種は順調、など言いたい放題、独占インタビュー記事を掲載するなど絶賛スガ政権を応援するHanadaといったアベ応援カルト誌だけがもはや頼みの綱といったところでしょうか。しかし一方で現実問題を突き付けられると、回答を拒否するという総理大臣としてあるまじき対応を仕出かしています。







決して気に障るような質問はしない似非と頭文字のつく保守月刊誌しか頼ることができなくなったスガ総理。異論には耳を貸さない自分の都合の良いものしか受け入れない、これが現在在任している日本国総理大臣なのです。コロナ感染者過去最高、医療ひっ迫でも五輪続行とはもはや暴走宣言しているようなもの、壊れたダンプカーです。これに翻弄される日本国民は本当にこのままで良いのでしょうか?誰かこれを止めなければもう取り返しのつかない事態になることは避けられません。


posted by yuuponshow at 23:21| Comment(2) | 菅義偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする