2021年06月29日

天皇陛下はパヨク、反日逆賊宣言の自民党工作員

東京五輪開催一ヵ月を切っても、今だ開催是非を巡る議論が絶えませんが、そこに一石を投じる発言が日本はおろか、世界中に大々的に取り上げられることとなりました。







「陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を大変心配されている。国民に不安の声がある中で、(東京オリンピック・パラリンピック)開催が感染拡大につながらないか、懸念されていると拝察している」



西村宮内庁長官が天皇陛下のお心の内を、拝察という形で述べた西村宮内庁長官の会見、あくまで陛下のお言葉ではないとわざわざ注釈しており、これが陛下の代弁であるとは言ってはいないのですが、このコロナ禍の中で、世界各国から選手・関係者・マスコミが大挙押し寄せることになるオリンピック開催などすれば感染拡大することは火を見るより明らかです。陛下(この場合は西村宮内庁長官の拝察)に留まらず、殆どの国民の考えではないでしょうか。



しかし、この会見について首相や官邸は冷ややかな反応を示しています。








いずれも宮内庁長官の会見をにべもない扱いにしてますが、会見の内容を見ると決して中止とか延期しろと言ってる訳ではなく、大丈夫ですか?と心配しているだけです。誰しも思うことを陛下が述べたとして何ら違和感ありません。その陛下のお気持ちを、西村宮内庁長官が拝察というギリギリの方法で発信したことは、コロナ対策がザル過ぎる日本政府に懸念し、出たものと捉えても良いのではないでしょうか。あくまで無視する官邸ですが、世界各国では、この会見を大々的に取り上げられるなど反響はすさまじいものがあります。




この会見に危機感を抱いた自民党工作員共は、陛下ではなく「拝察」した西村宮内庁長官に矛先を向け攻撃開始となるのでした。









陛下の立場として望ましくない、拝察すべきでないとの主張が並べられましたが、普段、憲法改正を主張する連中が、この件だけ陛下の政治的発言は相応しくないと述べているのは滑稽としか言いようがありません。そもそも上の拝察の内容にしても政治的主張などどこにもないのですがね。むしろ責任を痛感した上で、感染防止に努めるよう政府が尽力すべきではないのか?



勝手に拝察しやがって!!と宮内庁長官への批判が集中してますが中には、陛下へ矛先を向けた過激なツイートも見つかりました。




天皇は反日.PNG



トランプや日の丸アイコンって保守層かと思われていましたが、どうやら違うようです。彼らは天皇陛下を敵対視した逆賊であることが推察されます。自民党は崇拝しているが、天皇は逆賊ですか・・・コロナ感染対策は口だけ放置しながら、自分らの利権は何が何でも死守する、これこそ反日逆賊ではありませんかね(笑)


自民党やそれを取り巻くシンパの正体が、今回の宮内庁会見で明らかになったのではないでしょうか?彼らは保守を名乗っていますが、それは保身であり、保守では決してない。天皇陛下の沈痛な思いを理解せず、自分たちに都合の良いように解釈する卑劣な連中なのです。






一か月後に迫った東京五輪で、今回の会見の真意が現われるかも知れません。その時政権やそのシンパは騒ぎ立てることになるのでしょうか。その時こそ彼らは正真正銘の反日逆賊として名を残すことになるでしょう。

posted by yuuponshow at 23:10| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする