2021年06月18日

再び表沙汰になった河井買収事件、スガも二階も認めた安倍前総理の説明責任はいつ!?

6週間にも及んだ東京などの主要都市の緊急事態宣言が沖縄県を除いて6月20日をもって解除されることとなりました。以降は蔓延防止等重点措置に移行するようですが、東京など感染再拡大の兆しがあるなかでの解除は、これまでの誤った解除判断と同様、新たな再拡大の呼び水となる恐れもあります。






このタイミングでの解除は一か月後に迫った東京五輪を見据えてのものであることは容易に推測されます。専門家のリサーチによると、このままでは五輪開催中に再度緊急事態宣言再発動の可能性もあるとし、今後の感染者の数字も試算されています。







専門家どころか一般人でも感染再拡大するのは容易に想定できます。むしろこれまでより酷い状況となることが想定できるのに五輪あり気で前のめりのスガ政権は強行突破で乗り切ろうとするつもりなのでしょう。しかし多くの識者が断言していますが、このままでは間違いなく失敗に終わってしまうことになるでしょう。五輪開催は物理的に不可能であり、強行は無茶な悪あがきであると申し上げておきましょう。今更止められないと言うものがいますが、チキンレースを止められないとか狂気の沙汰ですよ。このような狂った自民党政権が政治を主導していることは国民にとって最大の不幸でしかありません。

スポンサーリンク




狂った自民党政権を象徴する大規模選挙人買収事件について、一つの答えが出ました。






執行猶予なし実刑判決3年という判決は政治家にとっては非常に重たいものです。しかし河井克之氏は上告して争うそうです。本人は買収を認めているのに何をもって争うのか大変謎ですが、もちろんこの事件は河合夫妻の裁きだけで終わらせる問題ではありません。こんな大それた買収工作当人たちだけで行えるはずありませんし、買収を指南した人物、巨額資金を用意した人物、それぞれ暴いた上で同等かそれ以上の処罰を受けるべきであり、そこまでしなければ意味がありません。そしてその重要参考人として噂される人物の名前をスガ総理が会見にて明らかにしました。







共同通信のこのツイートでは雑すぎて全容が伝わりにくいものですが、それだけマスコミ的にはシークレットで扱いたかった案件なのでしょう。しかしスガから聞き出すまでもなく、規格外の選挙資金を引き出せる権限があるのは党総裁と幹事長を置いて他にいません。以前には二階幹事長が自身と安倍晋三前総理の関与を認める発言をしており、改めて安倍前総理におかれては、河井夫妻買収における関与について説明責任を果たしていただかなければなりません。



安倍関与は事実.png



しかし当の安倍前総理は、まるで他人事のように振舞い、説明責任を果たすことなく足早に去っていきました。







安倍前総理と言えば、このところ自民党の勉強会に顔を出し、議連の顧問に就任するなど精力的な動きを見せています。今はすっかりキングメーカーとして幅を利かせているようですが、自身がかかわる一連の疑惑には何ら説明責任を果たしていません。それが伝承する形で今のスガ総理にも見受けられる形になっていますが、こうした不誠実な対応を取り続ければ、政権や党にとって悪影響を及ぼしかねないことが理解できないのでしょうか?スガ再任を早々と打ち出してますが、尻ぬぐいしてくれるスガを降ろしたくはないからなのでしょうね。







説明責任を果たすことなくやり過ごそうとする安倍晋三という人物を二度も宰相にしてしまうという日本国にとっては黒歴史とも言えるでしょう。それでいて権威を保つことに躍起になり、党運営を影で操ろうとする姑息さ、本当に下衆としか言いようがありません。この下衆に操られる自民党に希望が持てるでしょうか?ある訳ないですよね。いずれにしろこのまま放置する訳にはいきません。安倍晋三は国民に糾弾され、司法で裁かれるべき人物なのです!!

posted by yuuponshow at 19:01| Comment(1) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする