2021年06月02日

無理やり五輪開催に漕ぎつけようとするIOCとスガ政権の意のままにさせて良いのか?

不祥事が相次ぐ自民党政権で今週明けに大きな動きがありました。前経済産業大臣で有権者に現金を渡したとし、公職選挙法違反が問われている衆議院議員の菅原一秀が議員辞職の運びとなりました。






菅原議員は先に議員辞職した河井克之と同じ菅総理の側近と言われていた人物です。2019年参議院選挙の後の内閣改造で安倍内閣の経産大臣が菅原で、法務大臣が河井です。両方とも公選法違反の疑いで1ヶ月余りで辞任、そして議員辞職とは。まったく驚くべき人材揃いですが、なぜまだ菅が首相にとどまっているのでしょうか、そして任命した安倍前総理は責任も取らずにキングメーカー気取りして菅の次の首相を設定して得意がる有様。この政党はアベスガニカイが最大の癌であることは明白であり、これらを駆逐しないと永遠に自浄されることはないでしょう。

スポンサーリンク




その自民党政権ですが、東京五輪の開催是非を巡る問題で大きな岐路に立たされています。世界中で新型コロナが蔓延しているこの状況で果たして開催できるのか?という懸念ですが、日本国内でも開催是非を問うオンライン署名においても反対派が40万人を超えるという世論調査と同じ圧勝となりました。






最初から五輪開催に反対している訳ではありません。政府の無策無能ぶりが祟って、コロナ蔓延を助長させているからであり、こんな状況で数万人規模が世界中から集結する国際イベントを開催すればどうなるのか火をみるより明らかです。変異種が確認され、医療システムがひっ迫して自宅待機者が続出し、そこから死者も多数出している有様。この事態に直面している今こそ、コロナ抑え込みに没頭すべきなのにそれとは真逆の政策である五輪開催とは国民は納得できる訳がありません。



しかしその声に耳を塞ぎ、粛々と開催に向けての準備を推し進める日本政府、既成事実化させて反対派の声を封じ込めようとする姑息さが垣間見えます。そして日本政府以上に反対派を逆撫でしているのが国際五輪委員(IOC)の大幹部たち。「誰もが犠牲を払う必要がある」「スガ総理は中止を決定できない」と言い放ったバッハ会長、「緊急事態宣言下でも開催する」と述べたコーツ副会長、「アルマゲドンにならない限り開催」パウンド委員といったように日本政府はもとより日本人に向けられた人道に外れる常軌を逸した暴言が物議を醸しています。



IOC幹部発言.PNG



こいつらの言動を見て良く分かったのが、決してアスリートや開催地への配慮など微塵もない、自分本位でしか物事を考えることができない鬼畜共であったということです。金目に執着する強欲で傲慢な態度があらわにしたことで、こいつらの正体がよく分かったことは収穫でした。商業主義と言われて久しい五輪イベントですが、この金欲塗れの特権階級共の意のままにさせてはならないし、許す訳にはいかない。今回に限らず、今後の五輪イベントの見直しも含めて再考されるべきだと思いました。




ところが、このIOC共の暴言もスガ政権は腫物を触るような感じで、決して反発や批難はしません。むしろ批判の声に対してそうではないとを見解を代弁するなどIOCを擁護する態度を示しています。絶対に五輪開催を実現させたい両者の思惑が一致しているのだから政府要人からの反発や批難など起こり得る訳がありません。






責任は取らずにアスリートに誓約書を書かせて自己責任で片づけようとさせるIOCと、無理やり子供を大勢五輪に動員させようとするスガ政権の思惑が一致し、世論の批判を押し切ってこのまま五輪が開催されてしまいそうな感じです。しかし医療従事者の確保もままならず、物理的に見ても開催は不可能です。それでも無理やり開催させようとするならば、バッハの言う通り、多くの人が犠牲を払うことになるでしょう。バッハ自ら予言しているのに、それを咎める顧みることなく五輪あり気で進めるスガ政権は間違いなく日本壊滅へと導くことになるでしょう。反対派はもとより賛成している人にも問いたい!このまま連中の意のままに進めて良いと思いますか?


posted by yuuponshow at 18:50| Comment(0) | 東京オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする