2021年03月19日

与党の資質を糺すことなく野党叩きに邁進する鈴木宗男

NTTとの接待問題で武田総務大臣の虚偽答弁が発覚、さんざん「疑念を招くような」会食はしていないと何度も答弁していたのが文春砲によって暴かれることになりました。







頭に疑念を招くようなという付け足ししているのは、後で文春にすっぱ抜かれても会食していたことを誤魔化せると思ったのでしょう。ならば最初から接待はあったと素直に言えばいいのに。また答弁に立つ官僚に対して「記憶にないと言え」と指示したことも明らかになり、これも苦しい弁明です。






この男は嘘を付くと足が付くから後で言い逃れできるように巧妙な言い回しをして誤魔化そうとしたということです。しかし国務大臣とあろうものがこういうトリックで言い逃れするなんて卑劣としか言いようがありません。



武田大臣のこのような振舞は大臣としての資質に欠けるものであるし、即刻辞任すべきです。武田に限らずこのような嘘出鱈目誤魔化しが蔓延している自民党政権の異常な状況、これは口汚く罵られても当然です。ところがそんな与党の姿勢を糺すことを怠るばかりか、質疑で野党に向けて喧嘩腰で捲し立ててるのが維新の鈴木宗男です。







唐突に小西&森ゆうこ議員に突っかかる鈴木宗男の常軌を逸した行動。維新はこれまでも与党の資質を正すことはせず野党叩きに躍起でしたが、内容もあたかも官僚が体調を崩したのは小西のせいだと決めつける論拠も示さない暴論です。これは後で懲罰動議かけられても仕方ありませんが、身内の維新議員はムネオの暴走に苦言を呈するどころか一緒になって煽り立ててるのだから救いようがありません。








小西ひろゆきも森裕子も舌鋒鋭く追及しますし、特に小西議員は総務省による違法認可を明らかにするなどその質疑の手法には評価できます。与党にとって難敵ですから、与党の護衛部隊の維新もこの二人には相当憤慨したのでしょう。「嘘でもいいから・・」と突っ込みやすいところをやり玉に挙げたのはともかく武田大臣の「記憶はないと言え」にはだんまりですか?とんだダブスタ野郎ですな。でっちあげはいけませんね。委員長からも「不穏当な発言」と注意される有様で、今後然るべき処罰に課されることを願うばかりです。それに行政を歪める不正や忖度を官僚に強制させる不条理な政権運営。これに嫌気が刺し、若い官僚の辞職が絶えない事実を鑑みれば限度が超えていると言い放つべき相手はスガ政権なのですがね。






そしてムネオ自身も立場な楽な野党の席で言いたいことを言ってますが、愛知トリエンナーレを巡る大村知事リコール活動の不正署名の首謀者と噂される田中事務局長を紹介したのがムネオであることは周知の事実であり、今後の展開によってはムネオもただでは済まなくなるかもしれません。






何度も言いますが糺すべきはスガ政権であって野党ではありません。それが理解できずムネオを称賛して小西叩きに加担する政権応援団の悪態振りには反吐が出る思いですが、いつまでもこういう異常な政権運営が続く訳がありません。その時には維新もムネオも政権応援団もまとめて消え去っていただきたいものです。


posted by yuuponshow at 17:45| Comment(0) | 橋下維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月16日

自称保守界隈をリスペクトし、森下千里は第二の杉田水脈を目指す!?

国会では今週から本格的にNTT・東北新社の参考人質疑が行われることになりました。これに先立ち総務省は東北新社の子会社が継承している衛星放送事業の認可取り消しを発表しましたが、このタイミングではとかげの尻尾切りのように思えて仕方がありません。辻褄の合わないところまで露呈されて何ともきな臭い流れになってきました。






どちらが嘘をついているかはともかく、モリカケ桜と構図がほぼ同じに見えて仕方ありません。モリカケ桜は真の関係者を隠蔽させて有耶無耶にされたままですが、これも同様有耶無耶にするつもりなのでしょう。自民党政権が続くと同様のことがリピートされるということです。行政をゆがめる政権が続くことが本当に良いのか?国民の皆さんにはよく考えていただきたいものです。

スポンサーリンク




話はガラッと変わりまして、タレントの森下千里が自民党の宮城県連支部長に選任され、同選挙区から擁立され出馬することになりメディアやネット媒体でこのニュースが大きく取り上げられています。




元レースクイーン&タレントという肩書が巷で賛否わかれていますが、与野党含めてこれまでもタレント議員は輩出されてきましたし、本人が政治家になりたくて出馬することに意欲を示している訳ですからこれはこれで尊重したいと思います。しかし彼女がこれまで政治的主張を述べたのは今年になったつい最近からで、それまではまったく主張はありませんでした。一体彼女はどういう経緯で政治家を志すことになったのか?なぜ自民党からなのか?なぜ出生地の愛知県ではなく宮城なのか?色々と謎のある政治家転身であると言えます。


森下千里.PNG


そして大いに物議を醸しているのが、政治的主張に偏りが見受けられることです。






トランプ前大統領が人権問題に熱心だとは初耳ですが、いったいどこからそういう情報を仕入れたのでしょうか?これに突っ込みが入っており、森下氏の見識の薄さが見受けられることになりました。





そしてウィグル問題も考えてほしいと訴えているというくだり。これは右左問わず人権問題を考えることは当然のことなのですが、ウィグルと同時に人権と民主主義を蹂躙されているミャンマーにも触れてほしいところですが、ミャンマーについては触れているツイートはないのですよね。ウィグルには関心あるのにミャンマーにはあまり関心ないという自称保守界隈にありがちな偏りが見受けられるようです。






その自称保守界隈の連中をリスペクトしているのを見ると、連中に感化されてしまっているのかなという感じですね。そしてその中にはジェンダー差別発言で堂々の1位となった杉田水脈さんも入っているようです。





あの森喜朗を2位に追いやる差別発言者である杉田さん。その発言の破壊力はすさまじく自らの寄稿文によって新潮45を廃刊に追い込むほどですから恐ろしいものです。この人をリスペクトして人権問題を主張するとはなかなか理解に苦しむところではあります。





彼女が自民党に推挙されたのは和田政宗あたりの働きかけもあったのでしょう。しかしこのままでは第二の杉田水脈として祭り上げられることになりそうです。当選するかはさておき、断片的知識しか持ち合わせていないように見受けられる彼女が自称保守界隈から持ち上げられているのを見ると今後のことを考えればあまり幸せとは思えません。それによりにもよって行政を歪める嘘隠蔽改ざんがまかり通る自民党から出馬とは・・・繰り返しになりますが理解に苦しみます(^^ゞ




posted by yuuponshow at 18:55| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月12日

小泉進次郎の国民負担を強いる愚策連発が自民党政権にとどめを刺すか!?

違法接待問題の追及はこの自民党元総務大臣を務めた野田聖子・高市早苗元総務大臣にも及ぶことになりました。それにしても次から次に打ち出の小づちのように出てきます。






週明け15日にはNTT社長の参考人招致も決定しており、この問題更にヒートアップしていくことは間違いありません。菅総理自身や息子だけではなく自民党を巻き込んだ大スキャンダルとして後世に語り継がれることなりそうですが、スガ総理の命運尽きる日は果たしていつ来るのか?早いところ訪れて国民に希望を与えて貰いたいものです。

スポンサーリンク




疑惑満載の自民党政権、ただでさえ不評を買うことばかりなのですが、新たな国民負担策を設ける愚策が閣議決定されました。






環境対策としてレジ袋有料化に続く第2弾が、コンビニのスプーンやフォーク、ホテルのアメニティーなどの使い捨てプラスチック商品の有料化を盛り込んだプラスチック新法案です。小泉新次郎環境大臣「これからは無料でスプーンが出てこなくなる。レジ袋有料化の発展版だ」と息巻いています。




これを実施することで昨年7月に実施されたレジ袋有料化同様、利用客は実質増税となり、負担増がかさむことになります。具体的な事例としてはお弁当やデザートについてくるプラスチックのスプーンやフォークが一本あたり〇円といったように別料金として設定されることになるでしょう。下手すればお箸や弁当容器にまで拡大解釈されて別料金になるかも知れません。こんな事になったらほんとお手上げですね。何も買えなくなってしまう。



そもそも前回のレジ袋有料化で環境改善としての観点で効果があったのか?を検証しなければなりませんが、そうした効果の是非についてはご本人も述べているように愚策の見直しは考えていないようです。






施行されて半年あまりで分かったことはレジ袋有料化したところでレジ袋はゴミ袋として活用されるから別にゴミ袋を購入するため結果的には減らないし、コロナ蔓延化の中、衛生的にも問題があり、感染拡大が懸念されます。そして万引きや消費抑制に繋がるといったように小売店の売上や業績はマイナス効果しか現れていません。






希代稀に見る愚策ですが、そんな不満の声など耳を貸さず次なる国民負担を強いる小泉新次郎環境大臣、4代続けての国会議員家系ですから庶民の気持ちなどお分かりにならないのですね。ポエムを詠むイジられキャラならまだ害はありませんが、無能の働きものですから国民生活に大きな支障が来すことは避けられません。









反政府アカウントだけではなく保守層や政権寄りのアカウントなど全方位から絶賛酷評罵倒を浴びせられる小泉新次郎。血筋も良く、マスコミからもてはやされ、ウケのいいコメントを発するのでお茶の間の評判は良いこともあり、次の総理大臣に必ず上位ノミネートされていましたが、さすがにこの愚策で一般層からも突き放されるのではないかなと思います。こんなのを選挙で圧勝させてはいかんですよ!







あらゆる負担増がかさみ国民負担率は諸外国においてもトップクラス、それでいて国民への福祉還元は低水準、国民虐めにも程がある自民党政権に将来への希望を見出せる訳がありません。小泉はこれまで自民党の人寄せパンダ的役割を担ってきましたが、政権に入って矢面に出て馬脚をあらわし、人気取りに使えなくなったことでもはや自民党政権の終焉が近づきつつあるのかなと感じます。

posted by yuuponshow at 19:14| Comment(0) | 増税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする