2021年02月26日

支離滅裂なYES高須院長と救われない高須信仰者たち

今、国会の話題は山田真貴子内閣広報官に集まっています。7万円といわれる高級接待もそうですが、菅内閣の広報官としてこれまでの逸話として語られている菅総理がNHKニュースに出たときキャスターの厳しい突っ込みに後でクレームを入れたり、記者会見で記者に対し、露骨な線引きしたり、都合が悪くなると突然打ち切りにしたりとその露骨な仕切りががクローズアップされています。これだけニュースで取り上げられ晒されて可哀そうな気もしますが、これまでの行いが褒められたものではありませんから仕方ありませんね。






しかし本来攻めるべきは菅総理の息子である菅正剛氏であることは言うまでもありません。強大な親父の権威をバックに接待を持ち掛けられれば例え利害関係者とは言え断ることなどできないでしょう。まだ表に出てきていない菅正剛氏、官僚役人が相次いで減俸を含む処分が課されているのだからそろそろ正剛氏にシフトチェンジする時ではないでしょうか。別人格と親父さんも突き放しているのですからね。

スポンサーリンク




今回の記事も前回同様、愛知トリエンナーレを巡る大村愛知県知事のリコール運動が思わぬ署名不正行為事件を引き起こし、追及するはずがされる側にまわってしまった河村たかし名古屋市長と首謀者である高須クリニック院長の高須克弥氏の両名について取り上げます。ここに来て警察による証拠資料の押収が行われるなど何やらきな臭い動きとなりました。その一方で河村、高須両者で見解の食い違いが生じるなど、一蓮托生と思われていた両者の間に溝が生じています。





いずれにしても当事者であるこの2名と維新の田中事務局長はリコールを主導した当事者なのだから、詳らかに説明し真相解明に務めなくてはなりません。それぞれが違う主張しないで、3者で突き詰め合せた上で改めて説明するべきじゃないですかな?それができないということは推して知るべしです。

おやめください 高須.PNG



河村・高須支持者でもこの二人への支持を止め、批判に転じるものが出てきています。これまでの経緯からしたら両者への不信感が募るのは当然のことで、擁護などできるはずがありません・・・が、それでも信者はいるのです。高須信仰者による無理くり擁護を集めてみましたのでご覧ください。




リコール反対派が侵入して不正署名させるという陰謀諭ですが、高須氏本人もそう匂わせていました。しかし明らかにするべきことをせず、自分らはやっていないでは済むはずがありません。早いとこ関係者の突き詰め合せや集めたお金の収支をはっきり公表して貰いたいものです。





事件そのものを棚に置いて、そもそもリコールが起きたのは大村知事が原因だというもの。この擁護論は結構多いですが、だからと言って不正に働いて良いというものではない。社会勉強して出直しなさい。





事件そのものは大したことないでしょうと矮小化させる印象操作に持ち込み、やはり大村知事をディスる輩。これだけ大掛かりな不正署名やらかして軽微で済む訳がないでしょう。適当なこと言って後から発言抜かれて立つ瀬ありませんね。






しかしこれらの信者さんたちは悪意がある訳ではありません。高須院長の虚言を信じる可哀そうな人たちなのです。先日の記者会見の言い、言ってることが支離滅裂です。




こうした信者さんたちを救うには不正リコール活動の全容が明らかになることです。。それで信者さんも目が覚めるはずです!それでも信仰し続けるならば・・・もはや救われませんね(^^ゞ

posted by yuuponshow at 18:50| Comment(1) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする