2021年01月05日

新春の悪夢、嘘八百前総理返り咲きのシナリオ

皆さま、明けましておめでとうございます。新年初記事となりますが今年もどうぞよろしくお願い致します。



今年は本来ならば延期された東京オリンピックが開催されることになりますが、コロナ禍の収束見通したたない中で果たしてどうなることやらですね。政治を見ると前回の解散から4年経過していることから総選挙は必ず行われる年になります。更に東京都議会選挙と注目の選挙が目白押しとなりますが、今の混迷極まる政治を見ると変えなければならないという気持ちになります。



指揮権を発動できるのかできないのかはっきりしない菅総理ですが、首都圏の知事に押される形で今週2回目の緊急事態宣言を出すことになりそうです。しかし休業を要請するための補償面などが不透明なままで、もしかしたら補償無しになるのでは?と囁かれています。このままでは緊急事態を出したところで我慢を強いられる国民はたまったものではありません。状況が悪くなってから重い腰を上げるという超後手後手対応を見せつけられている私たち国民からすれば一刻も早く総理を替えてもらいたいと願わずにはいられません。

スポンサーリンク




早期退陣がささやかれている菅総理の後継者として名前が挙がっているのが、何とびっくり安倍前総理です!本日のテレ朝のワイドスクランブルでも取り上げられていましたが、もちろん世論の後推しなどではなく自民党内から出ているとのことです。年末にあれだけの醜態を晒しておきながらなぜ安倍前総理を推す声が党内から挙がるのでしょうか理解に苦しみます。






桜を見る会での野党からの追及で頑なに明細書の発行はなかったと突っぱね続けた安倍前総理でしたが、記憶に新しい昨年クリスマスでの議員運営委員会ではそれらの答弁が虚偽であることがバレてしまうことに。しかし自身は刑事責任を問われないことをいいことにホテルの明細書領収書の証拠物件の提出を拒み続けるという姿勢では、何のために国会招致に応じたのか?疑惑の真相解明に背を向けているとしか思えません。






本人は説明責任を果たしたと抜け抜けと吹聴していますが、それは国民側が判断すること。自分に都合良く解釈して真実を捻じ曲げてやり込めようとしているようですが、この男が国会で120回もの虚偽答弁を行った前代未聞・歴史上最大の汚点を残した最低最悪の宰相であることに違いはないのです。


桜を見る会参加者増.PNG


ところがこのような醜態を晒しながらもアベ待望論が自民党内部や安倍応援団から待望論の声が日に日に多くなっているようです。










安倍さんの禅譲内閣かと思っていたら媚中派の二階幹事長にべったりで意のままに操られているという印象から、菅離れが加速しているのでしょう。これはこれで良いことですが、よりにもよって嘘八百を再び担ぎ上げるとはトチ狂ってるとしか思えません。しかもこれらのツイッターの発信日を見れば分かるようにいずれも嘘デタラメであることが発覚した後ですので彼らからすれば例え嘘付きでも隠蔽しても安倍さんしかいないということなのでしょう。本来ならば国会議員を辞めざるを得ない状況であるにも関らずです。





どうもこの動き日本の同盟国と呼ばれるお国の情勢に重なって見えて仕方がありません。菅離れから安倍待望論を掲げるこういう連中の思想は保守でも何でもなく偏狭した陰謀論者であると言わざるを得ません。こういう連中の割合が一定数あることもコロナ収束が遠のいている一因ではないでしょうか。

posted by yuuponshow at 19:20| Comment(0) | 桜を見る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする