2020年12月25日

説明責任を果たさず説明の場に立つ安倍に向けて国民の審判を下す時

検察庁から公設第一秘書の略式起訴&自身の不起訴処分が決定し、それを受けて安倍前総理が記者会見の場に現れ桜を見る会前夜祭における一連の疑惑について謝罪、そして翌日には衆参議運委員会で各党代表からの質疑に応じましたが、内容としては公設第一秘書ひとりが独断で補填を行い、私は関わってなかった、なぜ相談してくれなかったのかと、あたかも自分は関与していない、という主張でした。そして議員辞職も離党もしないと道義的責任は感じつつも結果的に責任は何ら取らないということだそうです。






このブログでも散々言ってますが、安倍本人がこれまでの国会での嘘八百捲し立てていたことは憲政史上前代未聞!総理大臣だけでなく国会議員として失格レベルのことを仕出かしているのですから、自身の行いを鑑みて潔く議員辞職はするものだと思っていました。しかし常識がないというかサイコパスというか恥とか羞恥心とかそうした概念は持ち合わせていない人物であることを改めて認識しました。



辞めないのであれば議員である限り、数々の疑惑追及は続いていくことになります。これまで嘘八百並べ立ててきたことに対する矛盾点、というか嘘を付いたことによる無理やりな辻褄合わせを突かれることになるのです。これらの点についていまだきちんと説明されていません。






補填資金は安倍晋三名義の手持ち資金からという衝撃の事実、自分の財産管理もすべて秘書に任せていたとはこれが国会議員の常識なのでしょうか?まったく驚かされる話です。そして安倍の知らぬところで勝手に自分のお金を補填した責任者に対して訴えることなく不問にもしない。これだけ見ても安倍本人が拘わらなければ成立しない疑獄案件であると言えます。






ホテルにある領収書や明細書の提出を要求しても、それには応じない。記者や質疑者からこれについて再度追及されても、ご飯論法を織り交ぜながら結局は機密情報にあたるからなどとそれを拒否する。説明責任を一切果たさないこの男はいったい何のために公の場で説明しようとしているのでしょうか?


年内決着をと目論んで安倍も政府も会見と説明の場をお膳立てしたのですが、これで納得する国民など安倍シンパの色眼鏡で見ている連中くらいしかいないでしょう。安倍の場合、説明の場に出てきたというアリバイを作りたかっただけ、それに同調する政権与党と結託してこれで終わりとさせようとしている。ここまでは安倍と与党政権側の思惑通りに進んできましたが、あまりに国民を舐めている!世論の思惑はそう簡単にはいく訳ありません。








桜を見る会だけではなく森友加計、河井夫妻の件など疑獄案件が目白押しです。一つの案件ですらまともに説明できないのだからこの問題引き摺ったまま来年以降も続くことになるでしょう。



最後に、このような政権の意を汲んだお膳立て判決を出した検察庁について一言。状況証拠からして安倍が噛んでいるにも関わらず、任意で丁重におもてなしして、僅か数時間の聴取で虚言男の言うがままを信用し、事務所捜査も証拠押収もせず不起訴に決定したことは何ら真相解明を追及する姿勢には見えません。おまけに秘書への略式起訴とか、裁判を経ることがないので証言・物証を法廷の場で争わせないために軽微な処分で済ませたと言われても仕方がありません。



そして検察が不起訴にした黒川検事長の賭博の件は検察審査会で起訴相当との判断となり、検察の捜査が差し戻されることとなりました。政権の息がかかっていればお咎めなしにするとかあまりに国民感覚とかけ離れた裁定ばかりですから、差し戻しも当たり前です。


検察庁 ペンキ.PNG




検察の信用失墜が叫ばれている今日この頃ですが、国民に舐めた態度とってると今度はペンキどころじゃ済まないかも知れません。こういう検察の姿勢が安倍を増長させてきた一つの結果であると言えるでしょう。

posted by yuuponshow at 22:17| Comment(0) | 桜を見る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする