2020年12月08日

いくら不祥事が蔓延してもすぐに忘れる世間のおかげで不問にできる自民党の面々

安倍前総理大臣の桜を見る会前夜祭を巡る政治資金規正法に係わる問題が発覚してその後の経過に注目が集まりますが、メディアの報道を見るとどうにも大人しく歯がゆさを感じます。今はコロナが国民にとって大変切実な問題ですが、国会で嘘デタラメをつき続けてきた前代未聞の宰相のことをもっと大きく取り上げるべきだと思います。この嘘デタラメにまーだ忖度しているのか知りませんが、こういう記事を平気で掲載するあたりそう捉えても仕方ありません。







野党の追及はしっかり行われ決定打にもなっている。それを自民党は追及を避けるためコロナ感染拡大の最中に国会を閉じたことを徹底して批判するべきであり、決して野党のせいにするなどしてはならない。こういう報道のを見るとまだ政権に配慮した形での報道姿勢のままなのだなということが明らかです。野党に責任を擦り付けずに自分たちの襟を正さないとますますメディアの信用はガタ落ちです。もっとしっかり伝えろよマスコミ各社!そしてアリバイ作りではなくアベの関与にきっちり踏み込んだ捜査をしろ東京地検!!

スポンサーリンク





前総理による一年にも及ぶ国会虚偽答弁が大きな波紋を呼んでいますが、それに協力する形で虚偽答弁をサポートし続けた前官房長官の菅総理を始め、閣僚、官僚、そして自民党・公明党の議員にも責任が降りかかることになります。一部の議員からは安倍前総理の説明責任をと声が挙がっていますが、いったいどこまで本気なのでしょうか。ガス抜きのために説明責任をと声を出しているようにしか見えません。本気ならこれまで国会を冒とくし虚偽答弁を続けた前総理に向けて怒りを込めて問いただすべきのはず。野党とか与党とか関係なく国会を国民を欺いた罪をそれだけ深いはずです。



ところが、多くの与党議員は嵐が収まるのを堪えているかのようにこの問題にはなるべく触れないようにしておきたいという態度が透けて見えるようです。こういった報道もあながちフェイクとは言えないでしょう。






これまでの自民党、とりわけ第二次アベ政権において数々の不祥事も時間の経過と選挙の度に禊が済んだと不問にしてきました。下の閣僚経験者は大臣辞職はするが議員は決して辞めることはしませんでした。


第二次安倍政権 辞任.PNG



失言などの軽微な不祥事はともかく、証拠隠滅や贈収賄など刑事事件相当の案件もあります。法の番人とやらに守られたからなのでしょうか?これらの案件は刑事事件にまで発展することなく閣僚を辞任してホトボリが冷めた頃には党の要職に就いているのです。世間はすぐに忘れるだろうの通り、彼らは何食わぬ顔をして何事もなかったかのように国会議員を続けているのです。そして今まさに進行中の河井克之元法相・案里夫妻の公職選挙法違反と吉川元農水大臣の贈収賄も加わり、これらも法による失職処分がなければ何食わぬ顔をして国会議員として続けていくのでしょう。



世間は忘れる心配ない.PNG



安倍前総理におかれても秘書に責任を擦り付けて、自分はお咎めなしをいいことに何喰わぬ顔で元総理としてご意見番的な地位で色々党の方針に口出しをしていくことになるでしょう。日本は長らく政治に対して興味を持たない人が多すぎました。大人しい国民性ではなく無関心な国民性が仇となって今の自民党政権が存在しているのです。こうした発言は国民をバカにしているようなものですし、断じて許してはなりません。こんなことを言われないためにも国民の皆さんもっと政治に興味を持って批判すべきは批判していきましょう!!


posted by yuuponshow at 17:38| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月04日

安倍と菅の潰し合いか?政治生命を奪う疑惑のリーク合戦

安倍前総理の桜を見る会を巡る疑惑について新たな報道が次から次に報じられるようになりました。安倍事務所の公設第一秘書への立件の方針を固めたことと安倍氏本人へ任意の事情徴収の要請と、小出しのような進展ながら、確実に安倍前総理への包囲網が徐々に狭まってきていることは間違いありません。自分の事情徴収要請について聞かれると「聞いてない」そうですが、これまで国会で散々嘘を付いてきた方ですから、実際に要請があったと見て間違いないでしょう。







これを秘書のせいにしようとの報道も見受けられますが、国会で記者会見で自分の口から堂々と疑惑はないと否定してきたのです。おまけに追及する議員に対してはぐらかすために「嘘つき、人間としてどうなのか、」など質問者を蹂躙するような発言まで仕出かしているのです。ここまで攻撃的に虚偽のシナリオを作成し堂々と疑惑を否定しておきながら秘書のせいに擦り付けるのは無理があると言うものでしょう。検察が小出しにリークしている状況で捜査の詳細はいまだ分かりませんが、国会で嘘を吐き続けてきた前代未聞の宰相をこのまま放置しておくわけにはいかない、速やかに国会から退場を願い、然るべき法的措置に処して貰わなければなりません。







疑惑の目が安倍前総理に集まっているので目立ちませんが、現総理である菅義偉にも同様の疑惑が取りざたされています。






こちらも桜を見る会前夜祭と同様、高級ホテルでの格安の飲食代を提供し、政治資金報告書に不記載ということです。さすが嘘つき無法者から禅譲された菅総理です。しかしこの数年前の情報が突如表に出てきたのは、官邸から一矢を放たれたと勘繰ったアベサイドからの報復との情報もあります。



一説には最近元気になった安倍前総理が政権運営に一々助言するのを疎ましく思ったことで官邸が桜を見る会の検察介入を主導したとの見方もあり、それに対抗する形での過去の疑惑が紛糾したというものです。本当かどうか知りませんが、スガも安倍政権で8年もスポークスマンであった同じ穴のムジナです。安倍を追及すれば自分にも返ってくることを想定していなかったのでしょうか?



他にも叩けばいくらでも垢が出そうな菅ですが、一応今のところ政権支持率は高値張り付きのままです。しかし総理就任後から愚策の連続はあまりに酷いもの。コロナ対策など緊急を要する事態に何ら手立てもしない無能者です。逆にGotoキャンペーンのような利権絡みの案件は意地でもやり通そうとしている。学術会議も同じことで、違法な任命拒否を意地でも押し通そうとするなど自己顕示欲の強さが目立ちます。








日本をダメにする人物が日本の宰相をやっていることは何よりの不幸でありますし、いち早くこの無能者をトップの座から引き摺り下ろさなければなりません。ハリボテ支持率で浮かれていても、愚策が過ぎれば凋落は早いうちに訪れることになるでしょう。今のスガの支持率は安倍禅譲内閣だからと支持してきた連中もいる訳ですからね。その連中からもスガへの不満をちょくちょく見かけますし、先述したアベスガのリークが現実化すれば当然反発となり、倒閣運動に発展することになります。この支持層が抜けたら一たまりもないでしょうね。てゆうかその後の菅政権を誰が支持できるのでしょうか?



安倍菅.PNG



政治生命を奪いかねないリーク合戦大いに結構、お互い日本には不要なので潰し合って互いに消滅して貰いたいものですね。



posted by yuuponshow at 16:30| Comment(0) | 菅義偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

安倍の擁護に疲れたアベサポ間で仁義なき抗争勃発

これまでお伝えした通り桜を見る会での新局面で安倍前総理が国会で嘘を付き続けていたという問題。身内である自民党や連立を組む公明党、盟友の維新創設者である橋下徹からも手厳しい声が挙がっています。







それまでのシンパが手のひらを返すような態度で、驚くべき展開ですが、これを擁護するのはさすがに無理があります。下手に庇ったら批判に晒されるのは当然、こういうシンパのためにも安倍前総理におかれては速やかに議員辞職していただきたいものです。しかしサイコパスの気がある安倍さんですから気にする素振りもなくやり過ごすことも考えられます。それならそれで河井夫妻の件やモリカケ等これまでの国会答弁を再検証して徹底追及していくだけです。菅総理も官房長官時代は前面に立って前総理をかばい続けてきたのですからただでは済みません。両者とも真相解明まで徹底追及あるのみです!!

スポンサーリンク





そんな追い詰められた安倍総理を慕う著名人たちは心中穏やかではないはずですが、どうも安倍さんの心配よりもシンパ同志での対立構造ができており、仁義なき抗争が勃発しているようです。







作家の百田尚樹がユーチューバーのKAZUYAを訴えるという何とも物騒な展開となりました。事の経緯は米大統領選のバイデン勝利の結果を受け止めようと発言したことに腹をたてた百田との間で論争に発展し、遂には裁判にまで話が及んだようです。







そして何故か有本香女史までもKAZUYAを訴えることに・・百田の盟友だからなのか一体何が何だか訳わかりませんね( ̄▽ ̄)







それにしても主張の違いからいざこざとなり裁判にまで発展するとか百田の癇癪かなりヤバイですね。敵対する勢力から散々攻撃されてきたのにその連中はスルーして虎ノ門の盟友であるKazuyaにはいざこざだけで訴えるとは、あちら界隈の絆というものはこんなもろいものだったということですね。この脅迫じみた訴訟に対して同じ虎ノ門ファミリーがたしなめるようなツイートを発しています。






名前は出さずともあの人とあの人のことを指しているのは一目瞭然ですが、上念さんらしく名前を出さず逃げ道をしっかり確保するしたたかさが伺えます。


虎ノ門.PNG



このまま虎ノ門は空中分解するのでしょうか?そうなったら・・・喜ばしいことですね。あちら界隈が互いに論争繰り広げて共倒れになれば言うことありませんから。もはや擁護すらできない状況となったアベ前総理を慕っていたアベちゃんシンパ同士の抗争ですが、アベちゃんがこうなってしまって、あちら界隈はもはや理性や論理などどうでも良くなったのでしょうね。感情あらわに見苦しい内ゲバとは哀れとしか言いようがありません。


posted by yuuponshow at 17:55| Comment(0) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする