2020年11月27日

安倍前総理の政治家引退は避けられない!?自民党も一蓮托生で解体の道へ進む

前回で取り上げた桜を見る会を巡る問題ですが、あれから新たな新証言が飛び出てきました。








前夜祭での費用補填とその領収書を破棄とは・・もう凄すぎて違法という言葉で片づけるには生ぬるいとしか言いようがありません。そして安倍前総理はこれらの所業をすべて秘書にかぶせるつもりのようです。



秘書がやった.PNG




政治家の不正が明らかになると大抵こういう言い訳をして、追及から逃れようとする政治家をこれまで何人も見てきました。確かに自身の関与の範疇でなければそれで通用した事例もありましたから、言い逃れとしてはよくある手口でした。



ところが安倍前総理の場合は、国会での追及に臆することなく堂々と「明細はない」「補填は一切ない」「全て参加者個人で支払ってる」等々疑惑の一つ一つについて否定していました。そして国会を通じて、国民に対して、自身が責任を持って確認をした上で責任が伴うと明言しているのです。







結果、国会で嘘をつきまくって、その時の議論を逃れていたんだから、これは秘書ガー案件では通る訳がありません。一国の宰相がですよ!もはやこの時点で退場しなければ済まなくなっているのです。罪に問えなくても道義的責任は伴わざるを得ないのです。






それに聴取した公設秘書というのは安倍前総理の親友の息子である初村滝一郎氏。ファミリーぐるみで中良さそうな写真に収まっているのにそれでも秘書のせいにしちゃうんでしょうか?そうなれば親友の息子までも売る鬼畜としか言いようがないですね。




ここまで進展しながらアベ応援団サポーターは、擁護にもならない呆れた言い訳に終始しています。







ざっと確認したところこれだけでした。弁解も雑だしさすがに国会での虚偽答弁は擁護できないようですね。そこでアベサポブログの遠藤健太郎ブログの気合の入ったアベ擁護をチョイスしてみました。






遠藤健太郎オフィシャルブログ 皇紀2680年(令和2年)11月25日 「安倍の逮捕」の浅はかさ(URL)



そして、これです。まさに「どうでもいい話の中の最もどうでもいい話」。政治資金規正法違反をどうでもいいと申しているのではありません。不記載の問題があれば正されねばならないのですが、これをして「安倍晋三前首相の逮捕を求めます」「菅首相も隠蔽に加担したから逮捕を求めます」などと平気でいっている呑気な人たちは、目下血道をあげて私たち国民が行政に対していうべきことを明らかに見誤っている、いや見失っている、はては敢えてミスリードしているのです。この種の話は議員事務所が行なうことであり、当時の安倍首相が関わっていたはずなどありません。




これくらい気合の入った頓珍漢な擁護ならば突っ込み甲斐があるものです(笑) それにしてもこの男は事の経緯や状況をまったく把握してないというかすっとぼけているのか知りませんが、逮捕とか隠蔽とか断片的なことだけで騒いでいるのではなく、野党の追及に平気な顔して国会で嘘をつき続けていたことが問題なのです。国民を欺いていたことが問題なのです。事務所がどうとかそんな話じゃないのに勝手に論点を置き換えて自分でミスリードしているのだか話になりません。こんなのがブログランキング10位に推されているとか読者の良識にも疑問符がつく思いです。



今回の件で殆どの人が安倍晋三は政治家失格だと認めた人も多いでしょう。それに国会で虚偽答弁を延々と垂れ流し続けた責任をとって国会で説明を求められて然るべきなのですが、自民党はこの要求を拒否しました。






野党の要求を散々要求を拒み続けていたのですから予想通りなのですが、国会で嘘を付いたものへの説明責任を促すこともせず処罰も下さないのですからもはや民主主義国家の政党と呼べないレベルです。当然こんなのに政権政党を任せるべきではありません。安倍晋三と共に自民党も一蓮托生で一緒に沈んでもらいましょう。


posted by yuuponshow at 17:10| Comment(0) | 桜を見る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする