2020年11月06日

論理破錠の菅ポンコツ珍答弁でも平気で擁護するマスコミが民主主義を破壊する

本会議から予算委員会に移り本格的な論戦がスタートした国会審議ですが、学術会議任命拒否を巡る問題において菅政権のデタラメぶりが曝け出すことになりました。







菅がこれまで学術会議の任命拒否で説明というか言い逃れで使ってきた、「総合的、俯瞰的に判断した」という文言が野党側によって論理的に覆されることになりました。それでも次々と辻褄の合わない言い逃れで逃げ切ろうとしたものの、そこから更に矛盾点を突かれて藪蛇になるという無様な体を晒すことになったのです。









大学や男女に偏りなくても任命拒否 17年間内閣委員を務めてきた学者の任命拒否 人事について言えないのに理由を著書で述べてしまった よくもここまで暴いてくれたものですが、これにより菅のデタラメぶりが露呈されることになりました。事の経緯から言って矛盾しまくりなんですよね。思想やら公安やら適当な方便使って菅を擁護してきた自民党工作員もこのデタラメぶりでは擁護するのも厳しいでしょう。









アベやスガに対して阿る意見や主張が目立った学者がはじかれたのです。学術会議の強権的な人事介入で政府に苦言を呈するものを除外して人事を掌握する。これは日本学術会議法と照らし合わせても明確な違法行為です。内閣による違法人事介入を徹底して突き詰めるべきです。






糾弾される側のスガはというと、壊れたテープレコーダーのように「問題ない」「違法ではない」の繰り返し。言葉に詰まったら「お答えを差し控える」更には閣僚や官僚に助け舟を求めて論点逸らしのこれまた言い逃れで時間稼ぎをする有様です。政府側の論理は破錠しているのにともかく乗り切ろうと躍起になる様には怒りしか湧きません。この国会中継を見ている人でスガの見解が正しいと見解出すのがどう捻っても無理なのです詰んでいるのです!





ところがマスコミはこのスガのポンコツぶりを意図して隠し、編集して積極的に論戦している姿しか映していません。NHKなどポンコツ要素を完全に打ち消して編集しています。それどころかスガのデタラメ答弁に一言も言及せず乗り切ったなどと報じる読売新聞、もはやマスコミの体を表しておらず政府の一機関のようにふるまっています。






いくら読売が自民寄りとは言え、こんな論調はない!あからさまな御用論調を平気で述べる全国誌一位の新聞社がこれでは政府にプレッシャーを与えられる訳がありません。そしてスガのデタラメ論調に合わせて弁護答弁を繰り返す官僚一同、まさにアベの時とまるっきり同じことを仕出かしている。これは菅内閣発足から懸念されていたことですが、内閣人事局やマスコミ懇談会など悪しき風習を定着させたことが現在の惨状となっているのです。



国会でボロカスに晒されても国民に周知しなければ翌日涼しい顔して出てこれる訳です。法と秩序を無法化し民主主義を破壊し尽くす今の出鱈目スガ政権を倒すためには野党だけが頑張っても難しい、健全なマスコミによる権力監視が必要です。







海外では間違ったことを間違っていると報じるマスコミの姿勢が当たり前であり、日本が異常なのです。マスコミが政府に阿るなど社会主義国くらいのもんです。民主主義の体を成さなくなった日本に未来などありません。


posted by yuuponshow at 19:13| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする