2020年10月16日

ファクト・チェックで自民党工作員のデマ拡散を阻止し国会で追及せよ!

強権政治ここに極まれりと言ったところでしょうか。中曽根元総理の合同葬(国葬ではありません)で官邸から全国の国立大学を始めとした教育機関に突き付けた通達が大きな話題となっています。一体どういう権限で強要しているのか理解に苦しみます。







葬儀費用の件についても反発が起きましたが、全国の教育機関に弔意を示せと強要するとは、これを無視すれば補助金に差を付けられるなどあからさまな差別行為を断行されることになるかも知れません。脅しに屈して魂を売る教育機関もあるかも知れませんが。もはやこの国に民主主義は存在しないのでしょうか?この中曽根合同葬を巡る菅政権の強権ぶりには驚かされてしまいます。多くの国民の方にこの政府が行っていることの異常さをもっと認識して欲しいと思います。パンケーキや苦労人といった浮世話で浮かれている場合ではありませんよ!



菅義偉.PNG










今回も学術会議のデマ拡散を取り上げていきたいと思います。フジの上席解説委員、上念司と自民党応援団のデマ拡散をこれまで取り上げましたがその後もデマ拡散は後を絶ちません。嘘も100回言えば真実になるぞと言わんばかりの怒涛のデマ拡散ですが、こういうのはしっかりファクト・チェックしてデマ発信者や拡散者を糾弾しなければなりません。









自身の疑惑の説明責任も果たさない政権政党の要人まで勇んで参戦して学術会議のネガティブ情報を絡めてのデマ拡散、こうしたデマゴーグへの対処はファクト・チェックを突き付けるしかありません。拡散力のあるインフルエンサーほど、吐いたデマに何ら謝罪もせず訂正もせず言いっぱなしで、デマとバレても素知らぬ顔でさー次のデマ行ってみよーかと新たなネガティブ情報を探して拡散しようとするのです。出典元が信用できるできないに拘らず菅政権を守れれば多少のデマでも構わないと高をくくっているのでしょう。こういう連中には国会でデマの内容を取り上げて赤っ恥かかせてきっちりお灸を据えて貰わなければなりません。



◎学術会議一連のデマゴーグと判断されたもの

・学術会議は共産党が支配
・学術会議は中国と軍事協力
・学術会議の経費は国会がチェックできない
・学術会議の候補6名の論文はスコーパスで出てこないから無能
・学術会議を6年やると終身年金の利権
・学術会議はレジ袋有料化等どうでもいいことしかやってない
・防大卒業生が大学院に行きたくとも学術会議の影響の強い東大など各大学は断る NEW








来るべき臨時国会で野党側からこのデマゴーグ拡散について徹底的に詰められることになりそうです。菅総理は国会開会に向けて国会答弁の特訓中と報じられていますが、いくら特訓したところで整合性の取れないことばかりやり続けてきたのだから納得ある答弁は難しいのではないでしょうか?早くも正念場となりそうな菅政権ですが、例のごとく「問題にあたらないご指摘にあたらない」でやり過ごすのが目に見えています。

posted by yuuponshow at 18:35| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする