2020年10月13日

議論など成立させず相手が諦めるまで対話を拒む菅政権は安倍政権のグレードアップ版

発足から一月あまりの菅政権ですが、強権的な人事触手が災いして行き詰まり感があらわれているようです。それも嘘や違法と指摘されるようなプロセスを踏まない民主主義を否定するような手法で行っているのですから批判されても仕方がありません。










このストーリーの通りだとしたら、何から何まで辻褄が合わず、行き当たりばったりで行っていたことになります。普通に考えれば官邸側が政権批判とレッテルを貼った6人を任命拒否したことが丸わかりなのですが、それを正直に言えば各方面からもれなく反発されるのが目に見えているので総合的俯瞰的などと言葉を濁して誤魔化しているのです。対話を拒み相手が諦めるのを待つ、まさに安倍の禅譲政権というか、この点においては安倍政権の更に上を行くグレードアップ版と言えますね。



諦めさせるには味方を集める。マスコミとのパンケーキ接待など最たるもので、これで手懐けられた記者は記者会見において定石通りのつまらない質問しかできなくなります。菅の場合、そこから更に骨抜きにさせる三人限定のグループインタビュー形式を取り、嫌な記者・厳しい質問をする記者・何を質問するか分からないフリー記者の徹底排除を実現しました。




菅 グループインタビュー.png



ここまであからさまな批判排除は世界を見渡してもありませ・・北朝鮮くらいですか。もはや民主主義とは呼べる代物ではありませんね。そんんな批判もどこ吹く風と嘲笑うかのように強権政治の傘の元、側近も強権政治のサポートを徹底しています。








こんなデタラメ強権政治でも、ケツ舐めを平然と行う側近や配下にある自民党議員、そして安倍政権応援団が引き続き菅政権を擁護している状況、そして安倍政権から踏襲したメディア懐柔によるメディア支配の影響によりその牙城はなかなか崩れそうもありません。そして批判が目立って来れば目くらましの政策をまぶしてくるでしょう。今やってる携帯電話、ハンコ、デジタル化推進などどうでも良い政策をメディアで宣伝して批判を封じる。これが菅政権の戦略なのです。






では菅政権へ異を唱える側はこの状況を軸地たる思いで見守るしかないのでしょうか?否、この僅か一ヶ月の政権運営でここまで酷さがあらわになった政権もかつてありませんでした。付託政治も行き過ぎれば世論の反発を生みます。官房長官時代のように黒幕として動くことはできなくなり常に矢面に立たなければなりません。黒幕の立場が適正だった菅が総理の立場となればどうなるか?既に露呈された説明のできない様を見て分かるように、これが今後政権のアキレス腱となるでしょう。そして臨時国会開会が迫っています。詭弁だけでどこまで立ち回ることができるのか?じっくり注視していきたいと思います。




posted by yuuponshow at 18:20| Comment(0) | 菅義偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする