2020年10月09日

悲報、上念司さんがネットから拾ったデマ情報を拡散してしまう

前回の記事でフジテレビの平井文夫上席論説委員のデマゴークについて書きましたが、部下に謝罪させて本人は知らん顔。デマゴーク拡散の後バツが悪いのかそのことにも触れずツイッターも更新していません。しかし本人謝ることすらできないフジテレビのガバナンス非常に問題ありと言えますね。






菅政権への糾弾を逸らすためなりふり構わず学術会議の悪評を吹聴したまでは良かったが、デマはいかんですね。これにより平井はネットやメディアでコテンパンに叩かれ、国会でも問題にされる有様でした。自民応援団の姑息な論点ずらしに惑わされないようにしなければなりません。連中はデマだと分かってもしれっと拡散するから始末が悪いのです。



平井が大人しくなっても自民党工作員による論点逸らし攻勢はまだまだ続きます。それもこれまで学術会議の存在すら知らなかったような連中が、さも状況を知り尽くしているかのような振る舞いで学術会議の闇を説いているのですから失笑ものでしかありません。そんな一人である経済評論家・上念司さんがトンデモ学術論を振りかざしておりました。






DAPPIとの共同作業とも言える自民党工作員の強力なインフルエンサー2名がタッグを組んだこのツイートの内容とは、学者の標準学術評価ツールとされるスコーパスという基準で調べると国際的学者とは呼べない計測可能なのだそうです。学術知識など大抵の人は無理解でしょうから、これが学術会議選考から漏れた学者のレベルだと拡散されリツイートされたのです。


この中でスコーパスという聞きなれないワードが出てきましたが、これは世界最大級の抄録・引用文献データベースだそうで、全分野(科学・技術・医学・社会科学・人文科学)、世界5,000以上の出版社の22,000誌以上のジャーナルと90,000タイトル以上のブックを収録しているものです。そしてもう一つのワードであるH-indexは、そのスコーパスに登録されている学者の文献・論文などの被引用数や論文の引用割合を示す数値となります。要するに、今回選考拒否された学者さんたちはその数値が著しく低いか、評価すらできないレベルであると上念さんが申しておる訳です。




ところがこれに対してこの主張はデマであるというご指摘が大挙押し寄せることとなりました。







スコーパスは科学技術のためのもので、日本語や人文学研究はほぼ扱わないツールで、学者全体の評価を示すものではありません。数値が出ていなくても仕方ないと言われるものです。ドヤ顔ではしゃぐ上念さんとそれを喜び勇んでツイートするDAPPI、スコーパスは学者の指標として網羅するツールであるかのようなデマ拡散共の目論見は脆くも崩れ去ることになるのでした。



そもそも上念さんがスコーパスなど最初から知っていたのかということですが、どうやらこのアカウントの知恵を頂戴していたようです。


理系猿.png



この理系猿というアカウントが上記のツイートでスコーパスを引き合いにして国際レベルの学者とは呼べないレベルと吹聴したことで、多方面から突っ込みが入り問題となったツイートはDELETE(削除)される事態となりました。






ツイッターから情報を引っ張るのはよくあることですが、上念さん評論家と自称していながらご本人もやっていたのですか。やってもいいけどもっと情報を精査しとかないと評論家を名乗っていながらどうなのでしょうか?しかし自民御用限定とはいえ虎ノ門ニュースで拡散したことは謝るべきではないでしょうか?







あまり地上波に出ないから、それ程注目されていないだからなのでしょうか。上念司さんのデマ拡散は目に余るものがあります。






出所元もきちんと調べもせず、デマ拡散しても謝らないこんなレベルのツイートを延々の垂れ流す上念司。政治家の資質を正すのも大事ですが、こうした論評家たちの資質をも問いただすべきではないですかね。平井にしろ上念にしろ政権擁護に勤しんで色んな情報源から探り出して拡散して、デマと分かっても謝らない。平井は当然ながらたとえ地上波に及びがかからないレベルの上念でも糾弾する場を設けるべきではないですかね。







このように菅の政策に異論も出さず、なんでもかんでもすり寄るケツ舐め評論家ですが、こういうのにも今だシンパというのがいるんですよね。彼らはデマでも自分たちの主張に沿ったものならばそちらを信じてしまうのでしょう。こういう悪質インフルエンサーを駆逐しないことには正しい主張も潰されてしまうことになるのですよ。



posted by yuuponshow at 19:15| Comment(0) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする