2020年10月06日

菅政権への批判を逸らすため平井文夫が地上波でデマ拡散をやらかす

前回でも触れた日本学術会議の任命拒否問題が尾を引いおり騒ぎが収まりそうもありません。尾を引く理由は菅総理が明確で具体的な回答をしていないからに他ありません。








官房長官時代から不誠実な答弁を繰り返してきた前科があるので、この対応はある意味菅流と言えるのでしょうが、内閣総理大臣という最高権威の立場でこの姿勢はいかがなものでしょうか?最高権威者が自ら下した措置の説明ができないでは一応先進国として定義付けられている国の宰相としては示しがつきません。それでもこれだけ大きな反響があるから会見に応じたのでしょうが、それが説明になっていないのだからお話になりません。今まで総理の影に隠れてやりたい放題だったのが、自ら矢面に立たなきゃならないから勝手が違って戸惑っているのかも知れません。こんなはずじゃなかったと。いまだ高支持率の菅政権ですが、いまだ所信表明すらぜずこうした不遜な態度が表面化しては先が思いやられますね。



それでもアベの禅譲内閣であるスガを守ろうと自民党シンパは学術会議そのものが胡散臭い組織だと不要論を拡散してアシストしているようです。中国の軍事研究を支援しているとの情報が急速に広まっていますが、そもそも今回の任命拒否と従来の日本学術会議の活動の間には何の関係もありません。







学術会議の追求をしたければどうぞ追求してくださって構いません。それで真実が明らかになり学術会議に問題があると判断すれば廃止という選択をすれば良いのです。しかし長年任命してきたのは自民党政権なのであり、内閣の機関であることも忘れてはいけません。それにしてもこの手の情報は大手メディアや週刊誌は一切報じず、タブロイド誌の産経系くらいですか。それにその内容に果たして信憑性があるのでしょうか?印象操作あり気でデマも厭わずとは雑すぎませんか?







デマゴークの拡散はネットだけではありません。何と地上波のワイドショーでフジテレビの論説委員がやっていたのです。






日本学術会議に選ばれれば死ぬまで年間250万円年金が支給されると大見得をきって論じた平井文夫フジテレビ上席解説委員。ところが年金が貰えるのは別の組織である日本学士院のことでした。学術会議から学士院に選ばれることはあるものの、定員が100人と決まっていて、亡くなるまでその地位が失われることがない学士院にすべての学術会議メンバーがなれるはずがありません。上席委員というお偉い肩書の人が平気でこのようなデマを拡散するとはフジテレビ大丈夫でしょうか?






自分のケツくらい部下にやらせずに自分で拭けよと言いたいですね。そしてこの上席委員はツイッターでも学術会議への批判は止めません。そして本人が言い放ったこの言葉には頭に来ました!


平井文夫.png




無駄=民営化という発想なのでしょうか?あまりに無知すぎて怒りしか湧きません。学術研究の成果を金に換算できると思っているのでしょうか?人類の進歩がかかった学問や研究者への敬意もなく、既得権益の塊にしか思っておらず学術会議の存在意義すら知らないのでしょうね。こういうのにも称賛の声を挙げてる連中こそ印象操作で菅政権の批判から逸らしたいと躍起の自民党シンパなのですよ!







正直私も学術会議については無理解で、今回の騒動が発端で知ることとなった素人ですが、印象操作やデマに踊らされ学術会議不要論を唱える連中の無理解ぶりには反吐が出る思いです。そもそもの論点は学術会議の存在の在り方ではなく、なぜ学術会議から推薦された6名が拒否されたのかですよ。首相にはすべて詳らかに説明しなければならない義務がある。こういう子飼いを使って印象操作さえて論点を逸らさず堂々と受け答えするべきではないのか菅義偉よ。今までのように言い逃げできると思っているのならば浅はかにも程がある。この政権の前途は多難と言えるでしょう。

posted by yuuponshow at 19:22| Comment(0) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする