2020年10月02日

杉田水脈の嘘に踊らされた哀れなファンクラブの醜態ぶり

菅政権の横暴極まる統制主義が露わになってきました。日本学術会議が推薦した候補者105名のうち、6名が官邸から弾かれたとのことです。この6名は安倍政権下での安保法制に反対の意を唱えていたとのことで思想が思わしくないとの理由で弾かれとの見方が強く、政権の横暴な人事介入が露呈されることとなりました。







この日本学術会議の任命は首相が行いますが、拒否権は持たないことが付帯決議で決まっています。内閣の機関ながら独立性を尊重することでこうした人事決定方針なのでこれまで推薦者が弾かれた例はなく、今回が初めてということで、いかに異常な行為であるかがお分かりいただけるかと思います。この措置がまかり通れば学問・思想の自由を保証する憲法違反に抵触する恐れがあり、大きな禍根を残すことになりそうです。





一方でこうした横暴を監視するメディアへの統制も着々と進んでおり、安倍政権と同様、メディアとの会食を活発化させています。更に驚いたのが安倍政権をメディア側から批判していた元共同通信社の柿崎明治氏を首相補佐官に抜擢したことです。柿崎氏の本来の立場であれば要請されても拒否するべき立場のはず、官邸に取り込んで懐柔させることで批判の声を上げにくくなることは明白で、引き受けた柿崎氏にどういうつもりなのか?と心境を明らかにしていただきたい。まったくこの腑に落ちない人事もそうですが、何か想像し難い圧力がそうさせているのでしょうか?

100日で崩壊する政権 コロナ禍日本、安倍政権の軌跡 [ ぼうごなつこ ]

価格:1,430円
(2020/9/20 09:01時点)
感想(0件)



今回も前回と同様、差別的な舌禍が話題となっている自民党の杉田水脈を取り上げたいと思います。前回記事にした時点では「女性はいくらでもウソをつく」という発言を本人が否定していました。これをすっかり信じ込んでいた杉田ファンクラブも同調してマスコミや野党の捏造だと信じ込んで敵とみなしたアカウントに対してエビデンスを示せと血気盛んに大挙突撃しており、非常に殺伐とした状況となりました。






更に杉田発言に苦言を呈した橋本聖子大臣にも証拠はあるのか?と不満を爆発させるなどシンパの怒りはヒートアップ。中にはこのように橋本の苦言はなかったかのように吹聴するものまで現れると、それを信じ切って橋本はそんなこと言っていないデマだこれがソースだと何ら証明にもならない下のツイートを引用した上で報道機関や識者のリプに反論するなど徹底抗戦を展開していましたが、結局情報に惑わされていたのはマスコミや野党ではなく杉田ファンクラブだったというほのぼのとしたオチまでついてしまいました。


津川鉄心.png


後で橋本大臣の苦言は後で音声や映像まで出てきており、橋本の苦言がデマというのも覆されることになりました。また下村博文政調会長に呼び出されて注意されるなど杉田を取り巻く状況は段々と危うくなることに。すっかりデマに踊らされた杉田ファンクラブですが、更に追い打ちをかける衝撃の展開が!遂に杉田水脈が観念して、発言があったことを認めてしまったのです。








これまでの舌禍を検証すれば杉田が発言していたのは明白であり、多岐に渡るメディアの報道を一切信じ込まなかった杉田ファンクラブの情弱ぶりが垣間見えた結果となりました。この人たちデマを扇動して杉田無罪を主張していたのにどの面下げて言い逃れするのでしょうか。たぶん一言も謝らずに野党はどうした?などと論点を逸らして何事もなかったかのように振舞うのでしょうね。ホントクズとしか言いようがありません。






それでも、嘘を言っていたことをスルーしてこのような都合のよい解釈で溜飲を下げるコメントもちらほら、こういうのは最後まで庇うのでしょう。もはや付ける薬はありません。






哀れな杉田ファンクラブの面々ですが、彼らは杉田の嘘に踊らされたという反省もなく、失望もせずますます熱を上げて支援するでしょう。だってこれまでの舌禍問題が取りざたされても批判もせず支持を止めなかった奇特な人たちですからね(笑) 願わくば早く杉田に失職して貰って、このファンクラブごと消滅願いたいところです。それにしてもこういう前科者を大した処分にも課せず放置し続ける自民党という政党もやはりまともではありません。舌禍では済まされない法律違反を仕出かした疑いのある人間を何人も抱えているところですからね。

posted by yuuponshow at 16:15| Comment(0) | 杉田水脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする