2020年10月09日

悲報、上念司さんがネットから拾ったデマ情報を拡散してしまう

前回の記事でフジテレビの平井文夫上席論説委員のデマゴークについて書きましたが、部下に謝罪させて本人は知らん顔。デマゴーク拡散の後バツが悪いのかそのことにも触れずツイッターも更新していません。しかし本人謝ることすらできないフジテレビのガバナンス非常に問題ありと言えますね。






菅政権への糾弾を逸らすためなりふり構わず学術会議の悪評を吹聴したまでは良かったが、デマはいかんですね。これにより平井はネットやメディアでコテンパンに叩かれ、国会でも問題にされる有様でした。自民応援団の姑息な論点ずらしに惑わされないようにしなければなりません。連中はデマだと分かってもしれっと拡散するから始末が悪いのです。



平井が大人しくなっても自民党工作員による論点逸らし攻勢はまだまだ続きます。それもこれまで学術会議の存在すら知らなかったような連中が、さも状況を知り尽くしているかのような振る舞いで学術会議の闇を説いているのですから失笑ものでしかありません。そんな一人である経済評論家・上念司さんがトンデモ学術論を振りかざしておりました。






DAPPIとの共同作業とも言える自民党工作員の強力なインフルエンサー2名がタッグを組んだこのツイートの内容とは、学者の標準学術評価ツールとされるスコーパスという基準で調べると国際的学者とは呼べない計測可能なのだそうです。学術知識など大抵の人は無理解でしょうから、これが学術会議選考から漏れた学者のレベルだと拡散されリツイートされたのです。


この中でスコーパスという聞きなれないワードが出てきましたが、これは世界最大級の抄録・引用文献データベースだそうで、全分野(科学・技術・医学・社会科学・人文科学)、世界5,000以上の出版社の22,000誌以上のジャーナルと90,000タイトル以上のブックを収録しているものです。そしてもう一つのワードであるH-indexは、そのスコーパスに登録されている学者の文献・論文などの被引用数や論文の引用割合を示す数値となります。要するに、今回選考拒否された学者さんたちはその数値が著しく低いか、評価すらできないレベルであると上念さんが申しておる訳です。




ところがこれに対してこの主張はデマであるというご指摘が大挙押し寄せることとなりました。







スコーパスは科学技術のためのもので、日本語や人文学研究はほぼ扱わないツールで、学者全体の評価を示すものではありません。数値が出ていなくても仕方ないと言われるものです。ドヤ顔ではしゃぐ上念さんとそれを喜び勇んでツイートするDAPPI、スコーパスは学者の指標として網羅するツールであるかのようなデマ拡散共の目論見は脆くも崩れ去ることになるのでした。



そもそも上念さんがスコーパスなど最初から知っていたのかということですが、どうやらこのアカウントの知恵を頂戴していたようです。


理系猿.png



この理系猿というアカウントが上記のツイートでスコーパスを引き合いにして国際レベルの学者とは呼べないレベルと吹聴したことで、多方面から突っ込みが入り問題となったツイートはDELETE(削除)される事態となりました。






ツイッターから情報を引っ張るのはよくあることですが、上念さん評論家と自称していながらご本人もやっていたのですか。やってもいいけどもっと情報を精査しとかないと評論家を名乗っていながらどうなのでしょうか?しかし自民御用限定とはいえ虎ノ門ニュースで拡散したことは謝るべきではないでしょうか?







あまり地上波に出ないから、それ程注目されていないだからなのでしょうか。上念司さんのデマ拡散は目に余るものがあります。






出所元もきちんと調べもせず、デマ拡散しても謝らないこんなレベルのツイートを延々の垂れ流す上念司。政治家の資質を正すのも大事ですが、こうした論評家たちの資質をも問いただすべきではないですかね。平井にしろ上念にしろ政権擁護に勤しんで色んな情報源から探り出して拡散して、デマと分かっても謝らない。平井は当然ながらたとえ地上波に及びがかからないレベルの上念でも糾弾する場を設けるべきではないですかね。







このように菅の政策に異論も出さず、なんでもかんでもすり寄るケツ舐め評論家ですが、こういうのにも今だシンパというのがいるんですよね。彼らはデマでも自分たちの主張に沿ったものならばそちらを信じてしまうのでしょう。こういう悪質インフルエンサーを駆逐しないことには正しい主張も潰されてしまうことになるのですよ。



posted by yuuponshow at 19:15| Comment(0) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月06日

菅政権への批判を逸らすため平井文夫が地上波でデマ拡散をやらかす

前回でも触れた日本学術会議の任命拒否問題が尾を引いおり騒ぎが収まりそうもありません。尾を引く理由は菅総理が明確で具体的な回答をしていないからに他ありません。








官房長官時代から不誠実な答弁を繰り返してきた前科があるので、この対応はある意味菅流と言えるのでしょうが、内閣総理大臣という最高権威の立場でこの姿勢はいかがなものでしょうか?最高権威者が自ら下した措置の説明ができないでは一応先進国として定義付けられている国の宰相としては示しがつきません。それでもこれだけ大きな反響があるから会見に応じたのでしょうが、それが説明になっていないのだからお話になりません。今まで総理の影に隠れてやりたい放題だったのが、自ら矢面に立たなきゃならないから勝手が違って戸惑っているのかも知れません。こんなはずじゃなかったと。いまだ高支持率の菅政権ですが、いまだ所信表明すらぜずこうした不遜な態度が表面化しては先が思いやられますね。



それでもアベの禅譲内閣であるスガを守ろうと自民党シンパは学術会議そのものが胡散臭い組織だと不要論を拡散してアシストしているようです。中国の軍事研究を支援しているとの情報が急速に広まっていますが、そもそも今回の任命拒否と従来の日本学術会議の活動の間には何の関係もありません。







学術会議の追求をしたければどうぞ追求してくださって構いません。それで真実が明らかになり学術会議に問題があると判断すれば廃止という選択をすれば良いのです。しかし長年任命してきたのは自民党政権なのであり、内閣の機関であることも忘れてはいけません。それにしてもこの手の情報は大手メディアや週刊誌は一切報じず、タブロイド誌の産経系くらいですか。それにその内容に果たして信憑性があるのでしょうか?印象操作あり気でデマも厭わずとは雑すぎませんか?







デマゴークの拡散はネットだけではありません。何と地上波のワイドショーでフジテレビの論説委員がやっていたのです。






日本学術会議に選ばれれば死ぬまで年間250万円年金が支給されると大見得をきって論じた平井文夫フジテレビ上席解説委員。ところが年金が貰えるのは別の組織である日本学士院のことでした。学術会議から学士院に選ばれることはあるものの、定員が100人と決まっていて、亡くなるまでその地位が失われることがない学士院にすべての学術会議メンバーがなれるはずがありません。上席委員というお偉い肩書の人が平気でこのようなデマを拡散するとはフジテレビ大丈夫でしょうか?






自分のケツくらい部下にやらせずに自分で拭けよと言いたいですね。そしてこの上席委員はツイッターでも学術会議への批判は止めません。そして本人が言い放ったこの言葉には頭に来ました!


平井文夫.png




無駄=民営化という発想なのでしょうか?あまりに無知すぎて怒りしか湧きません。学術研究の成果を金に換算できると思っているのでしょうか?人類の進歩がかかった学問や研究者への敬意もなく、既得権益の塊にしか思っておらず学術会議の存在意義すら知らないのでしょうね。こういうのにも称賛の声を挙げてる連中こそ印象操作で菅政権の批判から逸らしたいと躍起の自民党シンパなのですよ!







正直私も学術会議については無理解で、今回の騒動が発端で知ることとなった素人ですが、印象操作やデマに踊らされ学術会議不要論を唱える連中の無理解ぶりには反吐が出る思いです。そもそもの論点は学術会議の存在の在り方ではなく、なぜ学術会議から推薦された6名が拒否されたのかですよ。首相にはすべて詳らかに説明しなければならない義務がある。こういう子飼いを使って印象操作さえて論点を逸らさず堂々と受け答えするべきではないのか菅義偉よ。今までのように言い逃げできると思っているのならば浅はかにも程がある。この政権の前途は多難と言えるでしょう。

posted by yuuponshow at 19:22| Comment(0) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月02日

杉田水脈の嘘に踊らされた哀れなファンクラブの醜態ぶり

菅政権の横暴極まる統制主義が露わになってきました。日本学術会議が推薦した候補者105名のうち、6名が官邸から弾かれたとのことです。この6名は安倍政権下での安保法制に反対の意を唱えていたとのことで思想が思わしくないとの理由で弾かれとの見方が強く、政権の横暴な人事介入が露呈されることとなりました。







この日本学術会議の任命は首相が行いますが、拒否権は持たないことが付帯決議で決まっています。内閣の機関ながら独立性を尊重することでこうした人事決定方針なのでこれまで推薦者が弾かれた例はなく、今回が初めてということで、いかに異常な行為であるかがお分かりいただけるかと思います。この措置がまかり通れば学問・思想の自由を保証する憲法違反に抵触する恐れがあり、大きな禍根を残すことになりそうです。





一方でこうした横暴を監視するメディアへの統制も着々と進んでおり、安倍政権と同様、メディアとの会食を活発化させています。更に驚いたのが安倍政権をメディア側から批判していた元共同通信社の柿崎明治氏を首相補佐官に抜擢したことです。柿崎氏の本来の立場であれば要請されても拒否するべき立場のはず、官邸に取り込んで懐柔させることで批判の声を上げにくくなることは明白で、引き受けた柿崎氏にどういうつもりなのか?と心境を明らかにしていただきたい。まったくこの腑に落ちない人事もそうですが、何か想像し難い圧力がそうさせているのでしょうか?

100日で崩壊する政権 コロナ禍日本、安倍政権の軌跡 [ ぼうごなつこ ]

価格:1,430円
(2020/9/20 09:01時点)
感想(0件)



今回も前回と同様、差別的な舌禍が話題となっている自民党の杉田水脈を取り上げたいと思います。前回記事にした時点では「女性はいくらでもウソをつく」という発言を本人が否定していました。これをすっかり信じ込んでいた杉田ファンクラブも同調してマスコミや野党の捏造だと信じ込んで敵とみなしたアカウントに対してエビデンスを示せと血気盛んに大挙突撃しており、非常に殺伐とした状況となりました。






更に杉田発言に苦言を呈した橋本聖子大臣にも証拠はあるのか?と不満を爆発させるなどシンパの怒りはヒートアップ。中にはこのように橋本の苦言はなかったかのように吹聴するものまで現れると、それを信じ切って橋本はそんなこと言っていないデマだこれがソースだと何ら証明にもならない下のツイートを引用した上で報道機関や識者のリプに反論するなど徹底抗戦を展開していましたが、結局情報に惑わされていたのはマスコミや野党ではなく杉田ファンクラブだったというほのぼのとしたオチまでついてしまいました。


津川鉄心.png


後で橋本大臣の苦言は後で音声や映像まで出てきており、橋本の苦言がデマというのも覆されることになりました。また下村博文政調会長に呼び出されて注意されるなど杉田を取り巻く状況は段々と危うくなることに。すっかりデマに踊らされた杉田ファンクラブですが、更に追い打ちをかける衝撃の展開が!遂に杉田水脈が観念して、発言があったことを認めてしまったのです。








これまでの舌禍を検証すれば杉田が発言していたのは明白であり、多岐に渡るメディアの報道を一切信じ込まなかった杉田ファンクラブの情弱ぶりが垣間見えた結果となりました。この人たちデマを扇動して杉田無罪を主張していたのにどの面下げて言い逃れするのでしょうか。たぶん一言も謝らずに野党はどうした?などと論点を逸らして何事もなかったかのように振舞うのでしょうね。ホントクズとしか言いようがありません。






それでも、嘘を言っていたことをスルーしてこのような都合のよい解釈で溜飲を下げるコメントもちらほら、こういうのは最後まで庇うのでしょう。もはや付ける薬はありません。






哀れな杉田ファンクラブの面々ですが、彼らは杉田の嘘に踊らされたという反省もなく、失望もせずますます熱を上げて支援するでしょう。だってこれまでの舌禍問題が取りざたされても批判もせず支持を止めなかった奇特な人たちですからね(笑) 願わくば早く杉田に失職して貰って、このファンクラブごと消滅願いたいところです。それにしてもこういう前科者を大した処分にも課せず放置し続ける自民党という政党もやはりまともではありません。舌禍では済まされない法律違反を仕出かした疑いのある人間を何人も抱えているところですからね。

posted by yuuponshow at 16:15| Comment(0) | 杉田水脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする