2020年09月29日

女性そのものの信用を自ら体を張って貶める差別蔑視の常習者杉田水脈

菅内閣発足してまだ日は浅いですが、携帯電話やらハンコやらマイナンバー紐付けやら改革にいそしむ様子がメディアで発せられています。菅総理いわく「国民のために働く内閣」を掲げていることからそうした方針が内閣に浸透しているようにも映ります。しかし今取り組んでいる改革が国民のために取り組むべき優先順位なのかと問われれば、決してそうとは思えません。むしろこうしたやってる姿を見せることで、何かを隠している・誤魔化そうとしているようにも見えます。








国民のための政治とは国民に夢や希望を抱かせるものではなく、直面している現実問題について真摯に向き合い対処して取り組むべきではないのか?何かしらやってる感じを見せつけアピールするだけのこの内閣には夢や希望も見出すことはできません。それでも何故か高支持率キープの菅内閣ですが、いい加減そうした虚像に惑わされる国民性では本当に救いようがありませんよ。

100日で崩壊する政権 コロナ禍日本、安倍政権の軌跡 [ ぼうごなつこ ]

価格:1,430円
(2020/9/20 09:01時点)
感想(0件)



国民目線とは決して言えない菅内閣、そうした空気は内閣だけではなく自民党全体に蔓延しているようにも思えます。その象徴的とも言えるのが先日またしても物議を醸す差別的発言を仕出かした杉田水脈衆議院議員ではないでしょうか?








この報道を目にしたとき「またか」と思いました。杉田議員と言えばこれまで数々の女性やマイノリティーへの蔑視発言が批判に晒されることとなり、そうした蔑視発言をまとめた寄稿記事が元で新潮45を廃刊に追い込んだ前科があるのです。「〇〇は女として落ち度がある」「セクハラやモラハラなど騒ぎすぎ、社会が萎縮する」「シングルマザーは自己責任」「LGBTは生産性がない」他にもあげればキリがありません。またかという感想だけで終わらせてしまうことも問題です。自民党が彼女を大事に庇って処分も下さず放置しているから同じような舌禍を繰り替えしており、これを放置する自民党も同罪です。しかし今回の「女性はいくらでもウソをつく」という発言は本人が否定しています。








さすがに騒ぎが大きくなってきたのと、身内の会合だから誤魔化しが効くとの目論みもあって言っていないことにしたいのでしょう。この主張を信じ込んだ自民党シンパ共は反撃を開始し、杉田議員を批判するインフルエンサーアカウントに突撃し、証拠を出せ!通報するぞ!と脅迫リプライをぶら下げるのでした。









彼らからすればアイドルでありファンのような存在の杉田の言うことを信じたいし庇いたいのでしょう。この異常とも言える食いつきぶりを見れば痛いほど分かります。だがね、繰り返しになりますが、彼女は数々の女性やマイノリティーへの蔑視発言を繰り返す常習者であることに疑いの余地はないのです。一回くらいなら誤魔化せるかも知れませんが、もはやそういうレベルではないのですよ。








次に言ってはいないという言い分を検証してみましょう。まず、問題の発言があったとされる自民党の部会に出席した数人の自民党議員から証言を得ていると報道関係者が漏らしてますが、現時点では証言した自民党議員の名前は明らかとなっていません。しかし報道ソースは最初に報じた共同通信だけではなく、地上波、新聞あらゆるメディアで報じられているのです。フェイクと決めつけるには無理があるとしか言えません。そして閣僚からもこのような苦言を呈されてしまいました。







党や閣僚内でも杉田発言が問題視され懸念されていることが伺える見解であると言えます。こうなった以上、杉田議員には出るところに出て頂いてきちんと事の顛末を説明して貰わなければなりません。自分で言っていないと言い張っている以上、反論もできないブログで言いっぱなしは許されません。それも公人なのだから騒ぎを起こした発言者として身を弁えるべきだと思うのですがね。果たしてできるのでしょうか?これまで散々逃げを打って、釈明してこなかった杉田水脈さんは。


まだ若い 杉田.png



ともかく騒動が大きくなったことで、この舌禍議員に聞き取りするなり謝罪させるなり対処すべきではないでしょうか。党のトップが処分もせず放置したからこのようにつけ上がったのでしょう。橋本聖子男女共同参画相からの苦言が単なるガス抜きではなく党としてこれまでの蔑視発言を総括した上で何らかの処置をするべきなのですが、女性蔑視ぐらいで騒ぐんじゃねーよと中の人間は鼻で笑ってるかもですね。女性そのものの信用を自ら体を張って貶める差別蔑視の常習者を囲い、これまでの不祥事でも誰も責任も取らない自民党ですからどうしようもありません。



posted by yuuponshow at 16:42| Comment(0) | 杉田水脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする