2020年08月21日

拉致問題解決に主眼を置かなくなった安倍政権拉致対策本部の闇

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で贈賄罪で起訴された衆院議員秋元司容疑者が今度は中国企業側に裁判で虚偽の証言をするよう依頼し、報酬の現金2000万円の供与を申し込んだとして、組織犯罪処罰法違反の疑いで3回目の逮捕となりました。



贈収賄にとどまらず、今度は偽証を依頼する証人買収容疑とはなかなかの逸材ですが、それでも議員辞職はいたしません。河井夫妻もそうですが、どうもあちら界隈は逮捕されても議員辞職しなくても良い的な考えを持っているとしか思えてなりません。それにしても2000万円で虚偽証言を持ちかけたり、逮捕拘留されながら保釈金3000万円用意して保釈されたりと金回りが良すぎます。IR疑獄など一個の議員だけで片付く話ではないし、その点本人だけではなく自民党もきっちり説明する必要があると言えるのではないでしょうか。しかし親分である安倍総理など疑惑まみれながら説明もしない責任も取らない、これでは子分にも示しがつかないし、親分もそうなのだからと違法行為も厭わないという姿勢のようですから、ほんとに自民党はモラルハザードが欠落している政党であると言えますね。






前置きはこのくらいにして今回は拉致問題について取り上げたいと思います。北朝鮮による日本人拉致を北朝鮮側が正式に認めて被害者が帰国したのが2002年のことです。あれから18年経ちましたが、残念ながら今だ解決には至っていません。時間も経ち何ら解決の糸口すら見いだせず、風化しつつある中、安倍シンパ界隈が立憲民主党議員の有田芳生の北朝鮮へのビザ無しで渡航で賑わっています。






有田芳生に関しては何ら擁護するつもりもありません。有田は国会議員であり私達国民の血税で賄われている議員歳費で渡航しているのですから一般人はもとより国会議員でもあり得ないビザ無し特権を使って何をしていたのかを国民に説明するべきです。が、一方で長らく家族会と共に拉致事件解決に取り組んできた特定失踪者問題調査会代表の荒木和博氏が有田の件も絡めてこのような声明を出しています。







荒木氏の見解は被害者からの立場でどのような形であれ、解決に導くのであれば方法は厭わないというもの。その点でスタンドプレイが目立つ有田に否定的ですが、一方で安倍政権のやる気の無さにも言及しています。政府は拉致問題を利用していることは度々指摘されていますが、「家族会、横田家に『安倍けしからん!』と言わせないようにすること」これはまさに的を射ています。



横田哲也 卑怯.PNG



ガス抜き要員となり下がり怒りもせず、コントロールされ思考停止に陥った家族会の存在は、安倍政権にとって何より心強いことでしょう。しかしその代償はあまりにも大きいものでした。8年間の政権運営で何ら解決の糸口すら見いだせずただ時間だけが経ち、家族も次々と亡くなり拉致問題の関心が薄れるだけ、荒木氏は家族会のこうした言動が拉致解決を滞らせた要因と捉えているのです。



日本政府は有田の闇ルートの存在が明らかとなった以上、政府は有田に尋問してでも拉致問題解決として活用するべきなのに何らアクションを起こそうとしません。同じく北朝鮮と精通しているアントニオ猪木元議員に対してもそうですが、独自ルートのある彼らを活用することもしない、当初はやる気だけは見せていたのに最近ではまったく触れようともしていないのにこれで政権批判するなとかよく言えたものです。



安倍拉致3.PNG





荒木氏いわく、「物凄いかさぶたはそう簡単に穴が開けられる訳ではない、でも穴を開けてみればそこから膿が出てくる、これが事態を動かす大きなきっかけになる」と述べていますが、安倍政権は何か穴を開ける努力をしてきたのでしょうか?失踪者情報が報じられてももみ消してはかさぶたが増すだけでますます解決が遠のいたように思えてなりません。








言葉だけではなくいかに実行するかが大事であるかは安倍政権という反面教師を見てつくづく思い知りました。それでも家族会からの信頼を得ているようにこの政権はしたたかに立ち振る舞い、一定の保守層からの信用を得ています。8年も続く政権ですから揺るがない地盤があるのでしょうが、これだけ長く政権やらしておいて何ら文句も出ず思考停止に陥ってはそれはもはや教祖さまを褒め称える信仰レベルでしかありません。

posted by yuuponshow at 18:50| Comment(0) | 外交問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする