2020年07月10日

反アベだけではない安倍応援団チャンネル桜での分裂抗争

公職選挙法違反の容疑で逮捕された自民党の河井克之・案里夫妻の起訴を受けて、安倍総理大臣が釈明の会見を行いました。






いやー驚きました。いけしゃーしゃーと他人事のように語っているのですから。自分の秘書を何人も選挙事務所に出入りさせといて知らぬ存ぜぬに振舞える神経がわかりません。罪の認識を微塵も感じていないからこんな他人事に振舞えるのでしょうか。この事件に安倍晋三総理が主犯もしくは関与しているのは明白なのですが、それに触れようとしないメディアも同罪と言えるでしょうね。現時点での全容からしても河井夫妻だけで幕引きを図ることは許されないしあってはなりません。



この安倍総理及び安倍政権を応援する人たちとしてもこの事件に関しては筋が悪いと感じているはずですが、どうもどれどころじゃない内輪揉めでそれどころじゃないといったところです。








チャンネル桜
の主要メンバーと言える我那覇真子と同じ沖縄支局キャスターの依田啓示の内輪もめ討論がチャンネル桜の配信にて拡散されたのが今年の5月で、我那覇側が番組出演していたFM放送を突然打ち切られたことで裁判に訴えると怒り心頭だったのを、同士と思われていた依田に苦言を呈されたことで内輪もめが勃発しました。そこでチャンネル桜が仲介して討論番組を企画したのですが、当初は互いに言いたいことを言わせて仲直りさせるつもりだったようですが、むしろ対立が泥沼化して両者引くに引けないつばぜり合いが延々と続いていたのです。



その一方の依田啓示はこの騒動の後、暴行事件を起こし逮捕拘留されるなど、何とも始末に困ることを仕出かしてくれました。対する我那覇側は意気揚々とそれみたことかと嬉しそうにあげつらうなどしてこの勝負我那覇側に雌雄決するものと思われました。ところが喧嘩両成敗と言わんばかりに両者に苦言を呈した水島社長の言葉に怒り心頭した我那覇本人とそのファミリーが今度は水島社長への批判を展開し、以降桜への出演を見合わせることとなったのです。






互いの動画配信で批判のぶつけ合いに発展し、もはや修復は不可能とったところでしょうか。この騒動でかつて桜の水島社長の盟友であった識者が我那覇側につき、水島社長と桜批判を展開することになりました。








チャンネル桜はこれまで出演していたキャスターやコメンテーターが仲違いして去っていく人が非常に多いのですが、今回の我那覇依田抗争でも関係者が去っていくことになりそうです。


チャンネル桜は虎ノ門に比べればまだマシなレベルと思ってましたが、同じ方向性のある組織に無駄に対立を煽って墓穴を掘るというパターンばかりでは同類と見なされるし支持者も減っていくのも致し方ないですね。下にある北海道支局の小野寺まさるなんてまさにその典型でしょう。









チャンネル桜がいまだ安倍応援団メディアというレッテルをぬぐえないのは、支持政党がないから選挙で無効票を投じよ!と訴えていることです。こんなことをして利するのは巨大与党の自民党だけ。つまり自民党に間接的に票を投じよと訴えているようなものです。表面上は安倍批判しておきながらこんなことをやってはかつての安倍応援団してた頃と何ら変わりません。




いろいろあるけど頑張れ安倍政権.PNG



今回の都知事選でリベラル側の対立構造も浮き彫りになりましたが、対抗勢力もこんな有様なのです。左右共々内輪もめでバチバチやってりゃ政権にとっては何ら影響はありませんし、むしろ風当りを避ける意味でも大歓迎なのではないでしょうか。こんな有様では悪政極まれりの安倍政権は安泰であり国民にとっては暗黒が続くことになるのです。



posted by yuuponshow at 23:00| Comment(0) | チャンネル桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする