2020年07月07日

東京都知事選を終えた今、小池百合子の対抗馬候補者への総括をしてみた

先の日曜日に雌雄決した東京都知事選挙は現職・小池百合子の大圧勝でした。その勝ち方がえげつなく強く、2位宇都宮健児氏と3位山本太郎氏を合わせた得票でも及ばないばかりか、合わせてもダブルスコアでの惨敗となりました。






勝った小池百合子の総評は置いておくとして、今回3位に滑り込んだ山本太郎について書かせていただきます。都知事選公示日直前に突如出馬表明をして、同じリベラルである宇都宮候補と対峙することになった時点で違和感ありまくりでした。出馬に当たり記者から宇都宮候補と票が割れるのでは?と質問されたとき山本いわく、自民や小池支持層の票の取り崩しと無党派層を取り込むと息巻いていましたが、それらの票田コードはすべて小池に握られ、宇都宮支持に回った立憲支持者の票を分断させてしまうことになりました。







宇都宮は前回出馬した2014年から票を大きく下回ることになりましたが、山本と合わせても得票では小池百合子に遠く及ばないので結果だけ見ると山本が降りていればというたらればは通用しません。しかし候補者を絞っていれば対立構造が明確になり、プラスアルファの効果で少なくともこれほど圧勝はされなかったかも知れません。野党が分断したことが有権者も冷めてしまった影響も考慮しておくべきでしょう。問題なのは開票の結果とは別に深刻なのが野党共闘に溝ができてしまったことです。立憲の須藤元気議員が山本支援のために離党したことも立憲や野党共闘の支持者の怒りを買うことになったことは大きな禍根となりました。









上の金子教授のツイートMMTのことで事実誤認がありますが、立候補までの経緯からしてこう言われても仕方がありません。立憲が消費税減税に消極的なのは分かりますし、言ってることは正しいのですが、そこを何とかうまく立ち回って取り込まないと結果小池百合子を自民党を利するだけ、結果悪政が存続することに繋がるだけです。そして自分の足元をすくわれることにもなります。









山本太郎に関しては参院選の比例特定枠で身障候補者を優先させたことで比例での過去を含めた最高得票を獲得しながら落選したように、奇をてらった行動が目立ちます。その奇をてらった行動って有権者の見方によっては冷めてしまうんですよね。立花孝志が突然議員辞めて参院の補選に出たことを思い返してもらえれば分かるようにその後N国は凋落の一途を辿ることとなりました。何やってんだ?という空気が蔓延するとたちまち支持を失うことになります。どんなに正しいことを言ってもね。自分には熱狂的な支持者がたくさんいると高をくくって甘く見るとN国と同じ目に遭うなるということを山本太郎やれいわ支持者には忠告しておきたいと思います。





都知事選についてはもう一つ非常に稀というか史上初の現象が起きたことも印象深いです。候補者が出そろった中で5人の主要候補者がメディアで取り上げられましたが、その主要候補に祭り上げられたN国の立花孝志候補の得票は4万票という泡沫レベルの惨敗で、泡沫にされた桜井誠候補が18万票に迫る票を獲得するという泡沫が主要を喰ってしまったのです。







立花孝志など先述したように信用を落として然るべきことをやっていたので当然の結果ですが、主要候補としてメディアで取り上げられインタビューを受けて紹介されていながらこの結果は衝撃です。逆に立花の得票を大幅に上回り5位に入った桜井誠のメディアでの扱いようを見ると、腫物を扱うような感じなのが非常に笑えますが、この現象は既存メディアの敗北と言っても良いのではないでしょうか?非常に面白いものを見させてもらいました。



最後に私の地元・鹿児島県知事選が一週間後に開票が行われますので少し触れたいと思います。こちらは現職の三反園訓氏優勢とまでは言えず前職の伊藤祐一郎氏と新人の塩田康一氏の三つ巴の争いとなっています。三反園氏に関しては、前回悪評の高かった伊藤氏への反目票が集まり当選となった訳ですが、一期終えた評価としては伊藤氏とそう差のない県政運営となってしまい、一部支持者が離れてしまうこととなりました。









三反園氏は今回早々に自民公明から支持を取り付けるなどしたたかに選挙対策を進めていましたが、そもそも反自民の受け皿として前回立候補しておきながら自公に取り込まれたことが却って有権者からの反発を生むのではと見ています。どのような結果になるかは分かりませんが、主要三候補いずれも巨大権力の後ろ盾があり今後の県政運営にはあまり差は出ないかなと感じています。バックボーンが強い候補者が勝つのは鹿児島の特色ですが、それにより独自の色が出ないことに繋がっているのでしょう。今回ちょっと冷めた感じで見ています。

posted by yuuponshow at 22:35| Comment(0) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする