2019年12月27日

IR利権の執着ぶりが際立つ日本維新の会の慌てふためき振り

前回の記事で取り上げたIR利権絡みの収賄疑惑が持たれている秋元司元内閣府副大臣についてですが、急展開となり収賄容疑で逮捕の運びとなりました。年の瀬の逮捕というタイミングは特捜の狙いがあるのか知りませんが、僅か300万円ちょっとの収賄発覚で逮捕とは自民党にはこれ以上の金を動かしている収賄疑惑を持たれる先輩達がいるにも拘わらずそれらを差し置いて逮捕に至るとはよほど確信を持てる証拠を握ったということでしょうか?








秋元議員だけではなく自民党の白須賀議員と勝沼前議員の家宅捜査に踏み入むなど政界を巻き込む程の大疑獄事件に発展しそうです。まだ登場していない大きな巨大な権力者をターゲットにしている可能性もあり動向が注目されます。いずれにしても安倍政権へのダメージに繋がることは避けられそうもありません。



IR関連の不祥事を受けて野党4党は追求本部を立ち上げることとなり、IR中止も視野に閉会中集中審議を与党に求めたのですが、桜同様応じる構えはありません。疑惑の解明に消極的で後ろ向きな与党自民党ですので驚きもしませんが、自民党を応援してる下の方々はどういう報道ソースを見て呟かれているのでしょうか?単なる情報弱者か、野党も疑獄しまくりの自民党と同じだよと印象操作させたいのでしょうかね(笑)









野党を叩く材料とするには無理がありますが、安倍ちゃんが直に係わってる桜を見る会の追求を逸らせたいという思いが見え隠れするようです。どちらにしてもIR利権収賄疑惑は世論の反対の声を高める要因になるので良い傾向であると言えますね。



そんな批判の声を他所に日本政府は聞く耳持たず、影響なしと推進まっしぐらの姿勢は変えていません。同じくIR推進の日本維新の会松井一郎代表が秋元議員の単独犯と声高々に決めつけています。








親分に続けと言わんばかりにNo.2の大阪府知事・吉村洋文もIR事業と政治家の不正の関係性を頑なに否定しています。







吠えるのは結構ですが、大疑獄事件に発展しそうなこの展開でIRあり気で進めよというのは強引過ぎで無理があります。今回の騒動にイの一番敏感に反応しIR推進を止めるなと吠えているところを見ると維新こそが最も利権に固執しているように見えます。それに維新はこの疑獄に絡む可能性が高く、国内の家族旅行と称して実はマカオのカジノ会社の招待で秘密裏に渡航して接触していたとの噂も取り沙汰されており真相を明らかにすることもしていない。自身の疑惑解明もせず一個人の責任だと決めつけ押し付けるとは悪質極まりないですな。








そして維新の室井邦彦参議院議員の息子は中国企業のブローカーの紺野昌彦であり今回のIR収賄容疑で逮捕されている人物。どこからどこまでもきな臭さいですな。






チャイナマネーだろうがアメリカンマネーだろうがギャンブルなどで景気高揚するなど甘くはないし、一部の富裕層向けの恩恵でしかなく日本国民には何ら恩恵などある訳もない。それを推進しようとする自公政権や維新など売国以外何物でもない。今回の収賄発覚により世論の後押しで中止に追い込むことを願ってやみません。
posted by yuuponshow at 22:20| Comment(0) | カジノ法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする