2019年11月19日

デタラメ嘘まみれの安倍を庇い立てする見苦しい安倍御用芸能人枠

今回も桜を見る会についての記事を書きますが、不平等条約と指摘されている日米貿易協定についても触れていきます。衆院採決となり今更感ですが、こうした事実が報道されることで世論喚起する意味においても良いことですし、このような条約を締結しようとする安倍政権への糾弾へと繋がります。桜の会同様もっと深堀して徹底追及して頂きたいものです。







辻褄の合わない矛盾点が多すぎて桜を見る会の報道が過熱を帯びたことで説明責任が避けられなくなった安倍総理が取った手段がぶら下がり会見です。これできっちり説明責任を果たしたいところでしたが、またしても矛盾点が露わとなり疑念が更に深まることとなりました。








安倍事務所や後援会としては前夜祭の明細書は持ち合わせていない。ホテル側に支払った領収書も持ち合わせていない。金の出入りがないので政治資金の収支報告書の記載は必要ないと主張しています。つまりホテルニューオータニで行われた桜を見る会の前夜祭に関わっていないということなのでしょうか?しかしそうするとオークラの前夜祭を主宰したのはどこの誰なのか?という一つの疑問が浮かびます。オータニが骨を折って安倍ちゃんのために主宰したのでしょうか?しかしホテル側は否定しているのに誰がオータニの会場を押さえて会場費の前払いしたのか?(オータニは前払いが原則)








疑問が更に湧きたつ有様でこんなデタラメな言い訳で説明責任を果たしたつもりなのでしょうか?しかしこのぶら下がり会見の評価が思わしくなかったのか翌日以降のぶら下がりを拒否しました。








要請があれば国会で説明を果たすと言いながら、集中審議拒否させて記者会見も拒否する。そんなに逃げたいのなら総理大臣お辞めになったらいかがでしょうかね?良い提案だと思うのですが(笑)










そんな辻褄の合わず説明にならない言い逃ればかりの安倍ちゃん護衛軍も黙ってはられないと応戦しています。前回の記事ではジャーナリスト部門で有本香が民主党政権で桜を見る会開催時に例年より多く参会者を呼んだと言うデマを公共の電波でまき散らしていたことを紹介しましたが、本日は俳優部門でつるの剛士による被災者ガー作戦です。









被災者を利用して我が国の宰相の辻褄の合わない言い逃れを煙に巻こうとしたかったのでしょうが、これに反論のリプが押し寄せる結果となりました。政治家のモラルハザードが問われ、法律にも抵触の恐れがある案件なのに「くだらない」とか言っちゃいかんですね。この俳優は後でこのようなリプを発してます。









原口一博議員がくだらないと発したタレントへの批判めいた呟きを、タレントの呟きなんか気にせずと卑下した形で原口に意見しています。つるのに向けたツイートではないのにも拘わらずエゴサーチで吊るす形でしたことで60万フォロワーを誇るつるののシンパが大挙原口のツイートに批判のリプライが寄せられることとなりました。自分のフォロワーの力を誇示しかったのか相手に迷惑かけるとは随分と性格悪い人ですね。そのくせ花見を見る会の本質に触れずくだらないことと印象付けたままで意見を戦わせない、知識や知性のないおばかタレントならではの戦法ですね。



つるの剛士 有本.PNG




つるの剛士は過去に安倍政権御用番組虎ノ門ニュースのキャスター有本香の回に出演するなど、有本とも仲良しで安倍政権の桜を見る会にも招待されているので安倍擁護するのは必然とも言えるでしょう。しかし被災者への支援を訴える戦法は自分の過去のツイートを顧みてからやんないと説得力は伴いませんがね(笑)









議論を戦わせるよりも論点を逸らして温かい前向きな主張で賛同者に訴える影響力あるタレントがよく使う手段です。こうしたタレントを花見を見る会にたくさん呼んでいたのが安倍晋三なのです。理詰めではなくフワッとした印象だけで支持を集める喜び組タレント枠を利用して税金の私物化を図る安倍政権をいつまでも総理の座に留めておくことは危険であり国益を損ねることになるのです。
posted by yuuponshow at 18:40| Comment(0) | 桜を見る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする