2019年10月04日

減税ではなく先延ばしでお茶を濁す自民党二軍の立憲民主党

本日より臨時国会が召集され2か月半の論戦の火ぶたがきって落とされることになります。国会が開くのが随分久しぶりに感じますが、問題は山積です。自民党議員の不祥事や災害対策の杜撰な対応、関電の多額の金品授受問題、そして最も許しがたいのが国民生活を困窮に導く消費税増税を断行したことです。この国の政治を厳しく糺していかなければなりませんが、我が国の総理大臣は悪びれることなくこのようなことをぶちまけています。









消費者心理の改善とかどうやって確認したのでしょうか?この男の言動理にかなっておらずサイコパスレベルと言わざるを得ません。








国民への配慮は一切なく、自分の都合の良い解釈ばかりでは増税による悪影響を今後総括しそうもありません。そして助言をするサポートも炭素税導入を促すとかあまりに酷い!これじゃ消費税は上げない公約は果たす代わりに他の摂取方法で万遍なく搾り取る気のようです。




安倍 炭素税前向き.jpg



そのくせ、増税による国民負担額を上回る6兆6000億円もの景気対策予算が使われるとは支離滅裂です。こんな多額の対策費用が必要ならば増税などするべきではない!お金の使われ方が非常に拙くこの政権によって大きな無駄が生じてしまうことは避けられそうもありません。10%で当分上げないと嘯く安倍政権ですが、既にこの増税の影響により休廃業を余儀なくされた零細企業が後を絶ちません。少なくとも5%まで引き下げる運動を展開し、減税を推進する政党に政権を担って貰うしかありません。










国民の痛みに耳を貸さない自公政権と対峙するべき野党の第一党が立憲民主党なのですが、この政党も消費税増税法案成立の立役者だった野田佳彦元総理を統一会派に招き入れており減税には消極的です。野田だけではありません、当時閣僚だった岡田克也や安住淳も増税推進派であり、民主政権で増税表明した菅直人は立憲顧問であるし、党首の枝野も官房長官を務めていたことから見ても分かるように増税派がズラリと脇を固めているのです。










そのためれいわの山本太郎代表や共産党が掲げる消費税5%減税の統一法案にも乗らず、野党の足並みは乱れたまま、旧態依然の民主幹部がいる立憲が野党第一党のままでは安倍政権を利するだけです。



党も党なら立憲サポーターも党の法則に従えと言わんばかりに増税を容認する構えのようで、減税を強く推挙する立憲の石垣のり子議員へ向けて間違えた消費税容認論をぶつけています。










ここぞとばかりに不満分子を叩けと言わんばかりの総攻撃を仕掛けていますが言ってることが支離滅裂、そして増税には黙って従え!これが野党第一党のサポーター連中の一致した見解のようです。まだ自民サポのがマシに思えるくらいですからこれでは政権交代など永遠に出来ないでしょうね。



こんな調子で自公と同じ歩調で消費税を容認するようならば与党の対抗軸になる必要性はあり得ませんし、どうぞ自公とくっついて頂いてください。こんな野党など国民にとって不必要だし要らない!







旧民主党に所属していた議員の中にもこのように危機感を抱いて消費税減税を掲げるれいわとの連携を取るグループも存在しています。反自民の受け皿にならない自民党二軍の立憲民主党など野党第一党にとどまることは国民にとって不幸であり救われません。れいわとの連携が出来ないならば立憲など消滅して然るべきなのです!!!
posted by yuuponshow at 22:43| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする