2019年10月15日

災害に乗じて安倍政権を叩くのは、本当に愚かな行為だよと述べる皆さまへ

ネットでは安倍総理大臣の災害対応の不遜ぶりが話題となっています。一月前に千葉県を中心に甚大な被害に見舞われた台風15号の時はまったく触れなかったのにりべて今回はSNSで被災地や被災者へ向けての気遣いを見せて災害対策に取り組むとアピールしていますが、それを見透かした有権者から批判の声が止まることはありません。一方で台風被害に乗じて安倍叩きは卑怯だと言わんばかりの声もあります。








なるほど、災害に乗じて叩くよりも今後のための話し合いは大事であると言えます。しかしこの安倍政権の対応の拙さを振り返れば叩かれて当然、むしろ人命を軽んじる信じられないサイコパスぶりを発揮しています。








野党は甚大な台風災害を考慮して予算委員会開催の延期を事前に求めてきましたが政府は強行しました。15号の時を思い出して貰えれば分かりますが、組閣を優先させて災害対応を疎かにした時とまったく同じです。大規模災害への対応に尽力しなければならない時に予算委員会を優先する理由などあるはずがありません。




今日の質疑でも要求されれば憲法に従って予算委員会を開くと言っていましたが去年あれだけ野党から要求されたのに頑として予算委員会を開かなかったのは誰なんでしょうか?7ヶ月頑として開会拒否ってたのに野党が延期を申し出たら強行とかまるで野党に反発しているかのような振る舞いですが、世間から見れば辻褄の合わない物言いとしか言いようがありません。



予算委員会を開会することで国会議員はもとより多くの官僚を拘束することになりますが、それにより各省庁とも大災害対策に奔走している最中に予算委員会開会のための準備のために時間を取られることになるのです。









素性不明の官僚を名乗るアカウントが野党の森ゆうこ議員が質問通告を遅らせたとの批判ツイートがきっかけで森ゆうこ議員に向けてネトサポからの集中攻撃を浴びてますが、こんな非常時に官僚を拘束させる予算委員会を普通に開催させることが誤りであり、そうした批判がなぜ予算委員会の強行開催に向けないのか不思議でなりません。










安倍総理が自然災害に対して興味を抱かない状況証拠として首相動静を見れば明らかです。









気象庁が前々からレベル5クラスの非情に危険な台風であると報道しておきながら上陸前日にはのんびり会食しておいて、当日は終日公邸で休養だそうです。そして被害が明るみになった13日になってようやく被害対策をやってます感出してますが、そこそこで打ち切って公邸ではなく私邸で過ごすという状況です。別に総理が動いて改善に向かう訳ではないですが、せめて公邸にとどまって情報収集に努めていただきたいものですが、ラグビー応援でそこまで気がまわらなかったのですかね?



この緊張感のない日本の宰相のやる気の無さが移ったのか自民党二階幹事長がこのような不届き発言を仕出かして物議を醸しています。









指摘され撤回の弁を述べたものの反省してるんだかしてないんだか分からない高慢な態度、これが今政権を担っている自民党の幹事長の発言ですよ。これを予算委員会で野党から追及されたら総理・官房長官ともに「発言を承知していないのでコメントは差し控える」ですよ。発言が既に公になってるのにも拘わらずこの政権と自民党には自浄能力は皆無であることがはっきり分かりました。




これでも安倍政権を擁護する声はちらほら見かけていますが、消費税2度も上げて日本経済を滑落に落とし込めようとする宰相に何を期待しているのでしょうか?これまでの災害の対策もままならない安倍政権、のんびりやり過ごすつもりのようですが、福島の除染廃棄物が台風により川に流出とか洒落になりません。アンダーコントロールという詭弁では済まないですよ。










除染廃棄物が流されても時の政権は勿論のこと安倍御用メディアも深刻にならず問題にせず。この国はどうなっているのでしょうか?災害に乗じて云々と擁護するなど誤った見解であることがお分かり頂けるでしょう。W杯ラグビーの日本躍進の影でこのような事態が起きていることを日本人はもとより世界の人々にもっと共有して頂きたいものです。
posted by yuuponshow at 23:02| Comment(2) | 災害問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

金融緩和継続によりもたらす弊害が深刻な状況に、日銀政府財界の糞共による日本転覆計画

今週末に大型台風19号が日本列島に最接近し上陸する可能性があります。ちょうど一か月前の15号が千葉県を中心に関東地方に甚大な被害をもたらしましたが、今回はそれよりも規模が大きく先月以上の深刻で甚大な被害が予想されますので関東在住の方は十分な注意を払って行動していただくよう望みます。




それにしても安倍総理の台風などの自然災害における対応の拙さには正直驚かされます。先月の台風の時もそうですが、SNSを持ちながら注意喚起を行う訳でもなく、被害が明るみになってからもラグビーの試合結果ばかり。自然災害への被害者に労いの言葉をかけることなど微塵もなし。消費税増税により多くの店舗が休廃業に追い込まれていると指摘されるも頓珍漢な明後日の答弁を繰り返して失政を顧みて反省する気配は一切なし、こいつ自国民を本気で潰す気なのでしょうか!?








そんな不遜な態度を続ける安倍総理にとって唯一と言ってよい成果が表れた政策が金融緩和ですが、これにより株高円安となり輸出企業を中心に業績回復し日本経済が回復基調となりました。しかしその金融緩和の効果も薄れつつあり、マイナス金利を導入したことによる副作用で金融機関の経営悪化に歯止めがかかりません。










銀行経営がひっ迫することはマイナス金利を導入した時点から危惧されていた訳ですが、それが徐々に表れているのです。これに対し金融機関は統合や合併吸収を繰り返し、体力をつけているのですが、もはやそれも限界にあるとも言われています。



日銀による金融緩和が発動されたのが2013年で、インフレターゲット2%目標達成を掲げてスタートしました。導入された当時異次元レベルと言われていましたが、それが追加緩和による大規模緩和を断行しながら6年以上も継続している訳です。異次元ということは平常時ではない政策ですからその弊害が期せずしてあらわれたということになるのです。



銀行経営がひっ迫しているのは、マイナス金利であることもありますが、借り手がいなくなったことも挙げられます。先日NHKで大廃業時代というドキュメント番組が放送されましたが、衝撃的な内容でした。








国内の9割が中小企業と言われる日本において、廃業を余儀なくされる会社が今後1年間で31万件と推定されており、今後650万人の雇用がなくなるかもしれないとのこと。現在雇用状況は良好ですが、受け入れるパイが減るといつしか人余り状況に陥ることになり大失業時代を迎えることになりそうです。




先に取り上げた銀行の経営悪化は中小企業の減少も重なり、巡り巡って日本経済の大崩壊へと導くことになるのです。これを防ぐには積極的な財政投資により資金を市場に流入させることですが、政府は消費税増税やプライマリーバランス赤字解消などの金融引き締め策を積極的に行っているのです。これでは銀行や企業の経営悪化は更に邁進するだけです。



我が国の財界人や経営者もこういうこと述べている通り、この連中が糞過ぎるから日本は地盤沈下を起こしているのです。








日銀の出口なき戦略がもたらす弊害と財界と政府による日本転覆が猛威を奮っています。今年の度重なる甚大な台風被害もこういう所業が起因しているのではと思わずにはいられません。度重なる天災を鎮めるにはこうした連中を駆逐することが最善の策なのかも知れません。
posted by yuuponshow at 22:50| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

真っ当な人間としての道を選ぶか魂を売って悪魔と成りきるか?安倍政権に携わる人間の選択肢

国会が開会し代表質問が行われているこの最中、またしてもN国党の立花孝志が騒動の一石を投じました。









まったくこの男の手段と行動についてぶっ飛びすぎてついていけません。参院選埼玉選挙区補欠選挙は前埼玉県知事の上田清司が盤石で他候補が名乗り出ず無投票当選がほぼ決まりかけていたところ、そこに対立候補として名乗り出たのがN国党の立花です。参院選から僅か二か月ちょっとで、国会で論争を戦わせることなくあっさり投げ出し、縁もゆかりもない埼玉選挙区に参議院辞めて同じ参議院補選に出るとか理解に苦しみます。







N国党としてはこの先の補選での勝ち負けよりも、今後の党運営について深刻に考えた方が良いかも知れません。丸山穂高や渡辺喜美などみその付いた曰く付きの国会議員の仲間ができたものの、それ以降の組織拡大には繋がらず。在野にいる著名人と対談や議論を重ねたものの補選の候補人選にも苦慮するようでは知名度云々よりも深刻な事態であると言わざるを得ません。




区議への脅迫とか有権者を私的逮捕とかあっても元々が型破りな政党ですからそれがマイナスに作用することはありませんでしたが、こんな意味不明な行いは参院選でN国党に票を投じた支持者から三行半突きつけられるのではないでしょうか。私はN国など興味ありませんでしたが、れいわ新選組と同じで空気を読まないところに注目し、党首の既得権益の打破と現存勢力の改革に一役担うのではと見ていましたが、当人は何を目論んでいるのか知りませんがあまりに理解不能、当選後から異端な風雲児として政界をかき回してきた立花党首ですが、時勢を読めず有権者を舐め切った行動については補選で厳しい現実を突き付けてあげるべきではないでしょうか。




有権者を舐め切っているのは我が国の宰相である安倍晋三も同じであり、増税やら災害対策やら野党からの追及を受けても「ご指摘には当たらない」と指摘を全否定しつつ自分達の政策を自画自賛する有様。こういう不遜な態度ですから政権内や自民党内からは批判は極一部出ているもののそれが自浄作用は働きません。本当に自民党という政党には一刻も早く終焉を迎えて貰いたいものです。そんな中、内閣官房参与として安倍の側近として長らく仕えていた藤井聡氏が安倍総理の器について怒りを剥き出しにしながら痛烈に批判を展開していました。







かつての側近から三行半とも言える辛辣な批判に安倍晋三はどう受け止めているのでしょうか?国民の立場に寄り添う姿勢があれば藤井氏のような怒りが込み上げるのは当然です。藤井氏は国会議員ではなく民間人として参与に登用されていますから国会議員よりは政党や政権からの縛りはないでしょうが、辞めてからはテレビワイドショーや共産党の機関紙赤旗など増税の危険性と安倍政権批判を訴えるなど随分思い切った行動です。











自民党や官邸から妨害もあったそうですが、身内よりも国民生活に寄り添った立ち位置の藤井氏とは対照的に、同じく第二次安倍政権発足時から参与として安倍政権を支えている浜田宏一先生は、何と更なる新税として炭素税を提案してます。









確か浜田先生は増税批判派だったと記憶していますが、お年を召されて耄碌しているのか知りませんがすっかり安倍ちゃんに感化され緊縮増税派へと変節されているようです。消費税増税に強く反対する上念司先生のお師匠さまが国民負担を強いる提案をするとは上念先生も困り切っていることでしょう。安倍政権に残る人に課せられているのは国民生活に寄り添うのは二の次で政権に寄り添うという選択肢を強いられているように思えてなりません。真っ当な人間としての道を選ぶか魂を売って悪魔と成りきるか?安倍政権に携わる人間にとっては今後大きな禍根を残すことになりそうです。





posted by yuuponshow at 22:55| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする