2019年05月31日

国の年金は破錠、自助努力するしかない日本の行く末

東京証券市場は今月に入って大幅下落となり、二万円割れ目前に迫っています。米中貿易摩擦が泥沼化したことでそれが日本市場にも影響を来していると言えます。しかしこのような外的要因だけではない日本経済の深刻な状況が露わになっているのです。



安倍政権が発足して金融緩和政策を旗頭に掲げ、大幅な円安誘導となり企業業績は改善、史上空前の企業業績が続出し戦後最長の景気拡大となりアベノミクスの成果だと政権やそれを支持する者共は声高々に謳っていますが、その中身を見ると日銀と年金が日経平均株価を買い支えていることによるもので上場企業の多くは日銀が大株主となり国営企業と化しています。何らかの要因で株価が急落すれば日銀が不良債権の塊りになってゲームオーバーとなるのです。










見た目をいくら取り繕っても表れた綻びが隠せなくなってきました。年金砲で株価を支えていた弊害か14兆円もの運用損が明らかになりました。その上年金額減少と支給開始年齢の繰り下げを匂わす金融庁から老後資金の自助努力を国民に促す指針票を発表しています。










金融庁 通達.PNG




年金運用を株式にぶっこんで見たもの、株価買い支えで切り崩すことが困難となり、遂にこのような通達を出して国民に自浄努力を促すことになりました。国を信用して収入から積み立ててきた国民からすれば裏切られた気分です。そもそも公的年金とは自浄努力できない人のためのものでしょう。それを自助努力しろとは詐欺行為に等しく、政府は直ちに国民に釈明しなければなりません。下記のようなデモ開催も予定されており国は直ちに釈明するべきです!







そして史上空前の業績向上続出となっているはずの企業はそれを従業員に還元できず時給1000円も出せない状況だそうです。








企業の稼ぎを人件費に回した割合を示す労働分配率も減少傾向、企業はもうこれ以上お金を払いたくないようです。その反面輸出戻し税目当てに消費税増税を訴えるこの財界のトップは経団連会長と同様、日本経済の発展よりもてめえの組織の稼ぎに固執する最低の奴です。








給料が上がらず自浄努力も難しい、こんな状況の日本に希望や未来など見出せる訳がありません。









お金の使い方を完全に間違っているわが国日本、人を育てモノを作る内需を疎かにし外需頼みのツケが出てきたことでは今後大きな痛手を被ることになるかも知れません。


posted by yuuponshow at 22:38| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

異例づくめのおもてなしの後に国益を売り渡す日本一のダメセールスマン安倍晋三

日米首脳会談の四日間の日程を終え、本日トランプ大統領が帰国しましたが、これまでの外国首脳とは比べ物にならない厚遇接待が話題となりました。


特に注目が集まったのが大相撲観戦時における立派な一人掛けソファーでのくつろいでの相撲観覧、これまで天皇陛下を始め外国首脳などの国賓クラスの大相撲観戦と言えば二階席の貴賓席でしたが、升席1000席の買い占めての前代未聞異例づくめの相撲観戦。そして安倍ちゃんのお友達を周辺に座らせて、トランプが退場する際に握手までして貰えるお土産まで貰ってお友達も満足したことでしょう。










この升席の買い占めなど相当な税金が注ぎ込まれたことでしょうが、それだけ安倍ちゃんのトランプへの忠誠心の表れとも言えます。では親愛なるドナルドにその想いが伝わたのでしょうか?しかしその想いとは裏腹にトランプがツイッターで呟いたのが秘密裏に進めていた貿易交渉の暴露でした。



トランプツイッター 暴露.PNG


和訳がやや不完全ですが、つまり「アメリカ側としては貿易交渉は秘密裏に上手くいっている。農業と牛肉でとくに大きな進展があった。日本の7月の選挙が終わればそれが出てくる楽しみだ!」ということのようです。日米間の二国間交渉でTPPの条件と同等、あるいはそれ以上の好条件で日本の農業を売り渡すことになるのでしょうか?詳細は明らかではありませんが、トランプの揚々としたツイートを見ればそうなのかと汲み取れます。




トランプとの約束を果たすためにも参院選かダブル選挙になるのか分かりませんが、絶対に勝って関税を引き下げたいのでしょう。しかしせっかく異例づくめのおもてなしをしたのにそれをあっさり暴露されるとは安倍ちゃんも立つ瀬ないですね。トランプのツイートが早速記者会見で取りざたされると動揺したのか目が泳いでいるのが哀れに思えます。








貿易関税の撤廃と引き換えに日本は何を得られるのかと言えば何も思い浮かびません。そもそも今回の首脳会談も何でお膳立てされたのかも分かりません。トランプの日本滞在におけるおもてなし尽くしの接待を見るに、日本の米国への忠誠心ぶりを世界にアピールしただけのようにしか思えません。日本側のメリットを強いてあげるとすれば拉致問題解決のため北朝鮮に対して口利きする位でしょうか。しかし先述したように貿易交渉での譲歩を始め、巨額の費用を投じて戦闘機を言い値で買わされたり、為替誘導も厳しく言及されるなど日本はアメリカ様の完全なる属国であると言えるでしょう。





トランプの期待に応えるためにも夏の選挙では絶対に勝つために消費税延期か凍結をカードに使う可能性もあります。仮に実現したとしてこれに国民がコロッと騙されてしまうと大きな国益を損なうことになります。消費税凍結は絶対するべきですが、それをバーターに農業を売り渡すことになれば身も蓋もありません。










これまでの安倍政権を振り返れば上記のようなことはフェイクでないことは想定できるでしょう。米国に必要以上に媚びるあまり我々国民の生活が窮してしまう有様になるのです。もっと国民が政権を監視して厳しく糾弾しなければなりません。無能なサラリーマンにより国民を貶める身を削ぐ改革に余念がない日本政府ですが、ここまで言いようにヤラれても今の政権に媚び諂うようでは救いようがありません。








今回の日米首脳会談で日本側には何らメリットは感じることはなく米国側主導で事が運んだように思えてなりません。来るべき夏の国政選挙で日本人の意地と意気込みを見せて、簡単には属国化されないとトランプに対して突きつけてやりましょう!!!

posted by yuuponshow at 22:31| Comment(0) | 外交問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

維新の会は丸山穂高長谷川よりも質の悪い足立康史くんに議員辞職勧告を突きつけるべき

議員辞職勧告決議や譴責決議を突き付けられ国会で四面楚歌状態の丸山ほだかですが、本人は言論の自由を盾に任期を全うするようです。更にロシア大使への謝罪に「意味不明」と所属党だった維新の会への非難をぶち上げると他議員不祥事をネット配信すると怪気炎を上げたりと一部の界隈から喝さいされ勢いを取り戻しつつありましたが、戦争だけではなく「女を買いたい」と発言したことも明らかになり周囲にマスコミの格好の餌食となりもはや公衆の面前に出てくることも難しい状況、もはや政治家生命は断たれたと言ってもいいでしょう。









最新情報では医師から二か月の治療が必要と診断されたとのこと。医師からお墨付きをもらったのでこれを機に辞職するべきだと思いますが、これ以上居座ると更に醜態を晒してしまうことになるのではないでしょうかね?




こういう厄介者を放逐できてホッと一安心の日本維新の会ですが、丸山に負けず劣らずの猛者がまだまだ存在しています。










長谷川豊など人工透析者は生きる価値などないなど昔から暴言をぶちまけていたのに今更処分とか、党もあまり深刻な問題であると認識していないのでしょう。しかも公認停止ということはこれから先再び公認する可能性もある訳です。どちらかと言えば丸山よりもこちらの方がタチが悪いのですが、維新とはそういう党であると認識しておくべきでしょう。




国会議員だけではなく地方議員や候補者を見渡しても無頼者の巣窟と化している維新ですが、そんな中で最たるのが足立康史くんでしょう。



足立 暴言.PNG



度重なる不規則発言で6回もの懲罰動議を受けながら、いまだに不規則発言を止めようともしない足立康史くんこそ辞職勧告決議の審議にかけるに相応しい人物だと思います。不規則発言の内容は議員・政党への暴言・中傷といった舌禍行為です。攻撃対象は専ら立憲や共産党の野党ですが、与党である自民党の石破や小泉進次郎にも噛みつくなど、対象は広範囲に及びます。



こんな感じなので敵が非常に多い足立くんの味方は反日パヨクを敵対視する保守と謳う言論人やそのシンパたち、報道特注なる自民党御用ネットチャンネルに和田政宗と共にレギュラー出演するなどそっち系にはとても人気があるようでやっさんなどと親しみを込めて呼ばれています。










しかし今回の丸山騒動ではいち早く丸山を斬り捨てるなどかつてネット番組で仲良く共演していたとは思えない態度。別に庇えとは言いませんが、短く最低と罵った足立くんの言葉に薄情ぶりが垣間見えるようです。













思想的に同じと思われていた人間にも容赦なく罵倒する足立くん。行橋市議の小坪議員やNHKから国民を守る党党首の立花氏への名誉棄損レベルの罵倒に左だけではなく右からも非難轟轟の状態ですが、維新の幹部もこの男の処遇に苦慮しているようで維新のお偉いさんが立花氏のところへ来て謝罪したそうです。








維新とNHK党とのいざこざは維新の謝罪で一旦矛を収めた形の立花氏でしたが、またしても足立くんが突っかかり泥沼の抗争は継続中のようです。









謝罪した幹部という人物が足立くんからしたら維新の単なる駒という認識のようで、謝罪行為については意に介さず共産党以下と罵詈雑言を連呼するあたりもはや手が付けられません。維新の幹部とやらがどういう人物か知りませんが、不毛な抗争を繰り広げるこの悪態ぶりを目の当たりにしたら維新の党首や幹部クラスは足立くんに処分を下して然るべきだと考えますがね。



ここに来て丸山、長谷川、不破と立て続けに不祥事が噴出した維新の党ですが、最大の癌である足立くんを何とかしないと後々大きな痛手を被ることになると思うのですが。まー足立くんがやらかして党の存続が困難になれば結構なことですが(・∀・)

posted by yuuponshow at 18:50| Comment(0) | 橋下維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする