2017年12月23日

豊洲移転決定した今こそ断言する、豊洲移転はすべきではない!!

小池百合子東京都知事が来年10月11日を豊洲移転の日としました。まだ汚染対策の追加工事日程も決まっておらず、土壌環境の状況が変わっていないのに日程だけが決まるとは早急過ぎて違和感を抱かれる方も多いのではないでしょうか。







小池 混乱は防げた.JPG



日程が決まったとは言え、すんなりと豊洲移転とはいかない状況にあると言えます。先述したように追加工事も決まらず土壌汚染など豊洲を巡る状況も変わらず、加えて市場関係者の複雑に織り交ざった心理状況を考えれば無理筋というものです。小池は混乱は防げたと言っていますがますます混迷を極めることは避けられません。



これまで高い支持率を誇っていた小池百合子に関しては総選挙を境に急降下していますが、このことも豊洲の移転強行に舵を切った要因であるとも言えるでしょう。五輪整備、市場移転を速やかにして支持回復を図りたいとの思惑もあるのでしょう。しかしそれにより移転反対派の怒りが紛糾するのは当然。そもそも豊洲も築地も生鮮市場として活かすといった両論併記など無理な話であり、築地整備の具体化案も示されていない段階では築地は置き去りにされたと言ってもいいでしょう。








対する築地移転推進派は小池批判が収まるどころか「豊洲は政局に利用された」「二年間も延期して税金の無駄使いだ」「小池は辞職せよ」の大合唱、双方からのサンドバッグ状態となればしばらく浮上の目はないでしょう。


これも身から出た錆ですが、市場移転のプロセスの不透明さと豊洲市場の構造問題と地下に眠る有害物質の深刻さを公に出して一旦延期表明してくれたことについては評価します。


豊洲新市場についてはこのブログでも記載しており、移転などハナからすべきではなく中止すべきとの見解を示しています。旧東京ガス工場であり人体に悪影響を及ぼす有害物質が多く眠るその上で新市場として生鮮食料品を扱うなど言語道断であり許されるべきではない。移転推進派は安全安心と言うが、何をもってそう言い切れるのか示しておらず無責任な安全神話を垂れ流しています。


6年前の東日本大震災においては豊洲で液状化現象が確認されており、地中から高濃度の汚染物質も検出されています。この時東京では震度5強と観測されましたが、東日本震災級の地震が東京湾付近で発生すれば言わずもがな悲惨な状況となることは目に見えています。豊洲への風評被害という頓珍漢なことを抜かす輩もいますが、上記に述べたようにいわくつきの物件なのだから深く議論すべき案件なのです。








そして移転すべきでないもう一つの理由が市場維持のために年100億円超の赤字となる試算が示されていること。移転しても赤字が膨らみ続け、20年以内には市場会計は破たんすると公表されているように赤字運営が分かっていながら移転させるなど気が狂っているとしか思えません。豊洲市場は地中深くに眠る東京ガスの有害物質の地上への侵入を防ぐため屋内型にしてお金をたっぷりかけた空調設備を設置したものですが、これが大赤字運営の根源なのです。


以前はこうした諸問題をマスコミで取り上げていましたが最近は音沙汰無し、移転決定も事実関係だけ述べるにとどまっており都民の関心も低下しています。移転決定したからこそこの問題をしっかり取り上げるべきであり、議論を深めるべきです。


このまま小池百合子が沈むのは構わないが問題の本質を置き去りにしたまま移転させるのは容認できません!!ぼんやりとした主張も多いですがこのように移転反対派も多いのです。






移転後更なる事態が起きてもおかしくありません。豊洲は何の変哲もない土地ではなく大量の有毒ガスが眠っているいわくつきの物件であることを忘れるな!!!!



(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:30| Comment(0) | 豊洲移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする