2017年11月25日

韓国・朝日よりも叩くべきは日韓合意失敗を総括できない安倍政権

大阪市の吉村市長がアメリカ・サンフランシスコ市との姉妹都市解消の発言が物議を醸しています。サンフランシスコへの韓国系グループによる慰安婦像設置を阻止するための抵抗なのですが、その甲斐もなくサ市議会で慰安婦像に碑文の寄贈受入が全会一致で決定したとのことで、姉妹都市解消は避けられないでしょう。






吉村市長と言えば日本で初のヘイトスピーチ条例を制定させた首長であり、到底許されない愚行を仕出かした人間ですが、この吉村の行動については一応支持します、が、それならば同じく慰安婦像が建立されている韓国・釜山や中国・上海と結んでいる友好都市解消をしなければ筋が通りません。もしやらないのであれば単なる保守層受けのパフォーマンスでしかありません。








そもそもこうした原因の根本にあるのは韓国による慰安婦ロビー活動であることは言うまでもありませんが、それを助長させたのが日韓合意を締結した日本政府に他なりません。


当時、最終的且つ不可逆的というフレーズが話題になりましたが、この合意により日韓両政府は慰安婦問題を最終的に解決したとし日本政府は慰安婦とされる韓国人女性への謝罪文と10億円の賠償金を送っています。日本国と先の大戦で亡くなられた英霊への名誉を棄損する形で謝罪をし、賠償金まで差し上げ韓国のご機嫌取りをしたにも拘わらず前韓国大統領の朴クネが失脚してからは合意そのものが宙に浮いた形となり、日本政府による謝罪だけがしっかり利用されているとう最悪の事態となりました。


全世界に日本を貶める慰安婦像設置のロビー活動を働き掛ける恥も外聞もない韓国。更に『慰安婦の日』を制定するなどやりたい放題です。


慰安婦の日 制定.jpg_large


日本政府は国際条約を反故にした無法者・韓国への抗議制裁を行わなければならないのですが、どうも口だけで終わりそうです。ならば国際間での約束を守らない無法国家だと全世界に拡散しろという声もありますが、そもそも韓国がそういう国だと分かり切っているのにそう認識せず日韓合意を結んだのですからどうにもならないでしょう。むしろ批判すべきはこの条約を率先して結んだ安倍政権です。


日韓合意は間違いなく失敗であり国益を損ねる結果となりました。こうなった原因の追及と関係者の処遇も含めて責任問題として総括しなければなりませんが、そういう声が自民党内から噴出しないのは情けない限りです。そう言えば慰安婦問題にご熱心で、自民党に鞍替えした和田政宗杉田水脈といった保守気取りのメンツがいるにも拘わらず、日韓合意についての検証総括を求めるといった声は党内からは一切聞こえてきません。韓国や朝日を叩くのはいいが、根本的な原因から目を逸らそうとしているようにも見えますね。



郷に入りては郷に従えということでしょうか。弱小政党にいるよりも巨大与党政党に入ることで再選もしやすくなるのでしょうが、身内の都合の悪いことには触れにくくなりますから自民党としてもこういう保守寄せパンダを囲うことはメリットでしょうね。自浄力はない癖に勢力だけは巨大になり悪い方向に邁進する自民党などロクなものではありません。



(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 16:57| Comment(0) | 外交問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする