2017年10月26日

議席大幅減の立役者、維新の足立康史の無様な居直り

今回の総選挙では小池百合子率いる希望の党の惨敗がメディアを賑わせていますが、同じく惨敗を喫したのが14から11まで議席を減らした日本維新の会です。元々のパイが少ないので惨敗すらマスコミで取り上げてくれないとは悲惨ですが、そもそも維新など自民党の補完勢力でしかなかったのですから日本のこころと共に自民党にでも吸収されるべき存在でしかありません。



なぜ日本維新の会が自民の補完勢力なのか?本来野党の立場というものは政権与党の進める政策を自分の党の政策と照らし合わせ、対案や異議を申し立てることが役目です。これにより議場に緊張感が生じ、与党側の権力監視としての役割を担うことになるのですが、維新は与党ではなく逆を向いて他の野党を攻撃しているのです。与党にとって追及に困っているところに助け船が出されて一息がつける、これでは健全な議場が運営できる訳がない。その維新の中でも最も自民党の補完勢力として活躍しているのが足立康史なのです。


足立康史.jpg



酔っ払いがくだを巻くような口調で民進党や共産党に敵意剥き出しで、与党への質疑そっちのけで野党攻撃を展開する足立康史。最近では森友・加計問題といった野党がこぞって追及する問題に対して逆に野党側に対峙する姿が有名となり、それが自民党やそのシンパから称賛されていました。確かに森友・加計問題では安倍総理への関与に結びつけるには無理があるし状況証拠も乏しいのですが、あまりに擁護し過ぎ。そんなもの与党側や官僚がきっちり説明すればいいだけなのに、忘れましたとか証拠は捨てましたとかあり得ないことを言うから世間から不審がられているのです。それを足立が下手な擁護をするから補完勢力と言われるのです。



この足立議員は総選挙に臨むに際し、このような勇ましい公約を掲げて支持層にアッピールしていました。








何とも勇ましい決意です。比例復活を辞退し退路を断つとは中々言えるものではありません!だがその勇ましい決意も及ばす選挙区での結果は落選となりましたので比例復活は辞退するかと思いきや、何とあっさり前言撤回となりました。








あの勇ましい足立せんせはどこに行ってしまったのか?ともかく偉そうにくだを巻きながら議員辞職を撤回することとなった足立議員はこれで説得力を失うこととなりました。身を切る改革と言いながら保身に走ってしまうとはこれこそまさに自分ファーストですね(笑)


国会質疑でまた立憲民主や希望の旧民進党の悪口言っちゃうと「お前、小選挙区で当選しないとバッチ返上するって言ってただろ」とか「筋通せよ」等旧民進党議員から野次返されて言い返せなくなってしまいます。何もかもブーメランとなって自分に突き刺さることになるのですがそれでも比例復活を辞退しないのでしょうか?


それでも「足立先生は国会に必要な人、民主や共産に対峙するのはやっさんしかいない」と抜かすネジが切れてるおかしな足立シンパもいます。ところがこの男、民進、共産などの左翼野党だけではなくいわゆる保守層にも攻撃を仕掛けており敵をつくっています。








有名なのが行橋市の小坪議員とのバトルですが、これは小坪議員のブログでも紹介されています。

維新・足立康史さん「小選挙区で落選したら比例枠返上」⇒ 比例復活 。身を切る改革はどこへ?(URL)



選挙中の候補者へデマを吹聴するも事実と異なるとバレても謝りもしない。







そういう自分は追求されると選挙期間中だからと相手に自制を促す








保守とかリベラルとか言う前にクズとしか言いようがありません。




日本維新の会は今回足立議員の活躍もありただでさえ少ない議席を更に減らすこととなりました。類は友を呼ぶというか足立の知り合いもロクなのがいません。







足立も度々出演している『報道特注』なる自民党本体かシンパ組織か分かりませんがその運営で賄っているインターネット番組のホストを務める生田よしかつってどっかの暴力組織組員なんでしょうか?追い詰めるって物騒ですね(怖)これらとも交流のある有本香にも言えることですがこういう柄の悪さも足立と似たり寄ったりと言ったところですからロクなもんではありません。こういうどうしようもないメンツが揃っている日本維新の会ですから立党した橋下徹ですらも三行半を突き付けられる事態となっています。







維新の丸山のドコが癪に障ったのか不明ですががブちぎれて、自らも維新の法律顧問を辞職すると言っています。






こんな学級崩壊のような様ですから近いうちに維新は消滅・解体となることは避けられません。足立や丸山といった自民補完勢力は今のうちに自民党への就職活動をしておいた方がいいと思います。彼らのこれまでの自民党への忠誠活動からして自民党も快く取り込んで貰えるでしょうね。

(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 23:22| Comment(0) | 橋下維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする