2017年10月23日

安倍政権を存続させた戦犯と今後の政局

10月22日に行われた衆議院総選挙は自公政権が圧勝という結果となりました。この結果は予想されていたとは言え、獲得議席の結果を目の当たりにするとさすがに落ち込みますね。しかしよく見ると解散前勢力図は変わりなく、野党間での議席の入れ替えだけしたようにも見えます。それでも圧倒的だった自公勢力を削ぎ落すことができなかったので負けは負けですね。



2017総選挙.JPG



原因は自公の信任ではなく野党のゴタゴタであることは言うまでもありません。解散当初自民党は勢力を削がれ50から100議席は減らすとの見方が大半でした。その受け皿となるべきはずだった小池百合子率いる希望の党の失敗の原因は「排除の論」だと言われていますがそんなもん単なるこじつけに過ぎません。最大の敗因は民進党との合流です。


たらればの話はしたくないのですが、もし民進の離党者だけの受け入れだけならば政治塾の新人と合わせても100は超えていたでしょう。政策や党の方針については明らかではなかったものの解散後の支持率を見ると自民党と双璧、メディアによっては希望の方が高いところもあり、希望の党が野党第一党となる公算が高かったのですから。


合流についてはどちらが仕掛けたのか分かりませんが、これに乗った段階で希望の党の惨敗が確定したと言えます。都ファのおときたなどの離反もありましたが、あれは大した影響はありません。大きなほころびとなったのが選挙戦突入してからの民進合流組による選挙後民進への再合流発言が飛び出すなど一体感の無さを露呈したことです。これにより不審に感じた反自民の票が逃げる形となり以降順調に支持を失うことになりました。



立憲民主党の存在も大きかったです。排除する段階でリベラル新党が旗揚げする公算は想定していたのに、自分たちの人気を過信してか立憲民主党から立候補すれば刺客を送り込むことを掲げ調子に乗ったことで野党同士の潰し合いが確定、結果自民が利することとなりました。これに従来の民進党支持者が反発し、日本人が好きな判官贔屓の感情も手伝って立憲民主党に票を奪われる形となりました。元々嫌われていた民進党の息を吹き返す結果となったのですから完全に裏目になりました。これにより右からも左からもついでにマスコミからも嫌われることになったのですからもはやどうにもなりません。それでもよく50議席もとれた思います。



今回自民党安定政権の立役者となった希望の党ですが、しかし考えてみると小池百合子一人だけでよくここまで立ち振る舞えたものだと感心します。違う結果になることも可能だっただけに今回の反省を踏まえてまた巻き返すことになれば自民にとって相当な脅威になるでしょう。



ともかくこの惨敗を受け党としての存続できるのかも焦点になります。恐らく希望で当選した者の中からまた立憲や民進に鞍替えする者もいるでしょう。そういうリスクもありながらの合流ですから今後更に悲惨なことになりそうです。



このまま潰れるか存続するかは分かりませんが、潰れてしまえばそれだけの政党だと言うことです。しかし大きな過ちを犯したとは言えこのまま潰すにはあまりにも忍びないです。反自民は左翼やリベラルだけではありません。今の自民党に不満を抱く保守層はたくさんいるはずであり受け皿は絶対に必要なのです。この失敗を今後活かせるかが鍵となるでしょう。



ともかく自民党に安定議席数をもたらしたことは大きな禍根を残すことになります。嘘をつきまくり経済を貶め続ける自民党の勢力を削ぐという選択はせず、多くの有権者は安定政権を選択してしまったのですから。これで2年後の消費税増税は確定、今回の総選挙は後で自公政権の勢力を削ぐべきだったと後悔する分岐点になりかねません。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 17:00| Comment(0) | 国政選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする