2017年10月07日

消費増税容認と金融政策の失敗を認めた安倍政権ブレーンの爆弾発言

安倍総理が選挙公約で打ち出した消費税増税ですが、安倍信者からは「また延期してくれる」「安倍さんは本当は上げたくないんだよ」という意見をネット上でよく見かけます。確かに安倍総理はこれまで2014年11月と2016年6月の二度に渡って消費税の10%増税を延期しました。二度あることは三度あると言いますが、しかし今度ばかりは財務省の突き上げもあり、野党が打ち出している増税凍結に歩調を合わせることはできそうもありません。



その理由は、安倍政権の経済政策ブレーンを務める浜田宏一内閣参与が消費税の10%増税にGOサインを出したからです。


hamako1.png
hamako2.png



増税慎重だった浜田宏一内閣参与 消費税10%を容認(2017/10/05 ANN NEWS)(URL)



浜田宏一内閣参与と言えばリフレ派の御大とも言える存在で、私が敬愛(笑)する経済評論家の上念司先生のお師匠さんであらせられる方です。そんなリフレ派の象徴とも言える人物が増税容認とは驚きですが、日本経済が記録的な好況が続いており増税に耐えうる環境になったことを理由として挙げています。



(゚Д゚)ハァ?実質賃金ダダ下がりで景況感がまったく感じないのにどうして記録的な好景気なのか不思議なのですが、更に驚いたのが現在日銀が行っている金融緩和について日銀が掲げていた物価目標である2%について、これを1%でも問題ないとの見解を述べています。つまり2%の目標は達成できず金融緩和は限界であると示唆しているのです。


金融緩和=アベノミクスとも言われており、安倍総理の肝入りの政策である金融緩和は限界であると安倍政権のブレーンの発言からしてベノミクスは失敗したと暗に認めたことになります。



リフレ派としては自身を否定されたかのようなあまりに無慈悲な爆弾発言です。この点について上念先生に尋ねようと思っていたら既に質問していた方もおりました。







さすがにバツが悪いのか返答できずに困っていたようでしたが、お師匠とは言えやはり増税容認は許せなかったようで増税を是とする浜田先生に対して辛辣な批判をしています。師匠と弟子の関係はこれでもろくも崩れ去ってしまいましたとさ(^^;)








そして上念さんと共にリフレ派の盟友である上智大学教授の田中秀臣先生もこのように突っ込まれて返答できず困っています。












浜田先生の衝撃爆弾発言に閉口してしまったリフレ派たちの前途は多難のようですが、それより深刻なのが消費税を10%に引き上げられる私達日本国民です。好況とうそぶき増税のGOサインを出した安倍政権のブレーンにより三度目の正直で確実に引き上げられることになった消費税。これを止めるには今度の選挙で安倍政権に自民党にNOと民意を突き付けなければなりません。野党のあら捜しに躍起になっている自民党勢力に民意という鉄槌を喰らわせてやりましょう!!


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 16:31| Comment(0) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする