2017年10月04日

鞍替えした自民党員が民進から希望への鞍替えを批判する滑稽さ

小池百合子一色となった今回の総選挙、一方で党運営の強引な手法に小池批判の声も相次いでいます。今なら勝てると思って解散を打ち出したのに存在感を出せずにいる政権与党の自民党も小池叩きに躍起のようで小泉進次郎などが「小池は無責任」などとはしゃいでいますが、国政選挙は政権政党の審判を仰ぐという要素があります。野党を叩いたところで自分たちが行ってきた悪政を棚に上げることはできません。党の筆頭副幹事という要職にあるこのせがれはそれを自覚しているのでしょうかね。


小泉のせがれ 無責任.png


そんな自民党ですが、総選挙に合わせて他党の元や現職議員を次々と入党させています。






杉田水脈と言えば日本のこころを大切にする党の所属ですが、落選後はジリ貧となったこころ党では戦えないと国政選挙での出馬を見合わせていたところ自民党から誘われたことで今回出馬の運びとなりました。同時に小池新党に移った中山恭子前党首からも希望の党へ誘われたようですが、希望の党には希望が持てないと断り自民党入りを決めたと打ち明けています。










慰安婦問題で国連人権委員会で日本側の正当性を主張した杉田が、従軍慰安婦を認め謝罪し、賠償金まで差し出した安倍政権率いる自民党を選ぶとは驚きました。それに杉田の属していたこころ党は「ヘイトスピーチ法反対」「消費税凍結」と主張しており、所属党の方針に背いて自民党に行くことこそ有権者に対する裏切りだと思うのですが。鞍替えする杉田はこれらの売国政策をすべて受け入れる形で入党することになる議席欲しさの見事な変節であり、希望の党が云々など言える立場とは思えないのですがね。



そんなこころ党所属だった杉田より一足先に自民党に入党したのが和田政宗です。







誇らしげに自民党への入党を報告していますが、消費税増税法案や日韓合意やヘイトスピーチ法を成立させた自民党に入党できたのがよっぽど嬉しかったのでしょうかね。その一方でこのように民進党議員が希望の党への移籍を変節だと高尚ぶって批判しています。






そんな和田さんも次世代の党(日本のこころ党)に移籍してからは保守政治家として活動され、売国自民党の掲げた「消費税増税」「日韓合意」「ヘイトスピーチ法案」には怒り心頭で反対の声を挙げてこられました。そんな和田さんが売国政策まっしぐらの自民党に自ら進んで移籍とか冗談がすぎます(笑)









自分のこれまでの主義主張と行動を照らし合わせれば他人のことをとやかく言えるレベルではないと思うのですが。自分可愛さのあまり主義主張を捨てなければ当選も危うい立場なので、どうしても自民党に入りたくて仕方がなかったのでしょう。



民進党議員の変節を勇ましくぶっ叩く政宗議員を見てると非常に滑稽に映り、自分のことは棚に置いているあたり民進党と同レベルのクズっぷりですね。今度の総選挙、小池百合子ばかりが注目されていますが、先述したように国民の生活を疲弊させていく自民党政権への審判を下す選挙なのですから有権者はそれを忘れてはいけません!!

(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 22:17| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする