2017年04月14日

迷走する民進党をよそに安倍政権での介護保険改悪法案が可決

今月12日の厚生労働委員会において民進党がとんだ茶番を見せてくれました。事前通告をぜずに森友問題の質問を行ったことで与党が反発し、即日介護保険制度関連法案の採決に踏み切り法案は可決されました。


民進党 審議拒否.png


強硬採決については政府の横暴だとの声もありますが、厚生労働委員会で与党側と野党側との協議により質疑時間を野党に全部あげるかわりに森友問題は取り上げないという約束があったようです。


ところが民進党の柚木議員が介護保険質疑そっちのけで出席した安倍総理を標的に森友問題を10分以上に渡って取り上げました。これに与党が激怒し打ち切って強行採決となったのですが、野党はこれに反発して審議拒否をぶち上げたのですが、僅か一日で撤回、民進党の迷走ぶりが垣間見える流れとなりました。




別に森友問題など言いたきゃ言わせておけばいいのですが、与党とそういう約束しておいたのなら一応守って介護サービスについてしっかり質疑して貰いたいところでした。こんな事をすれば批判が民進党を始めとする野党連合に返ってくるのに何と学習能力のない連中でしょう。自民党からすれば森友など確たる証拠も示さなければ痛くも痒くもない。むしろ非常識な振る舞いが却って自民党に利することになってしまうのです。


先日の長島議員の離党に続いて、都議選を控える民進党都議連公認候補者2名が相次いで離党となり、もはや民進党は沈みゆく泥船同然。こうした動きは更に加速していくものと思われます。


今回の介護保険制度関連法案は介護サービス利用者の自己負担割合引き上げなどを盛り込んだ改正案ですので国民の負担が増すことになりますから野党はきっちり詰めてもらいたいところでした。ところが森友学園に固執するあまり介護制度よりも森友の方を優先させてしまい肝心の介護制度はおざなり。民進党の罪はあまりにも重いのですが、このような重要法案を強行採決した自民党政権にも怒りが込み上げます。


国民負担を更に押し付けることで国民の消費減速は加速していくことになるでしょう。痛みを押し付け景気を更に悪化させようとする自民党政権。その自民党の悪政を誤魔化すパフォーマンスで兄貴である自民党を手助けしている民進党。もはやこの国に自助能力はないのでしょうか(-_-;)


(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 23:34| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする