2017年04月06日

アベノミクス景気がバブル超えとか何かの冗談?

先日の日本経済新聞において不可思議な見出しの記事が掲載されました。






記事より抜粋:2012年12月に始まった「アベノミクス景気」が、1990年前後のバブル経済期を抜いて戦後3番目の長さになった。世界経済の金融危機からの回復に歩調を合わせ、円安による企業の収益増や公共事業が景気を支えている。ただ、過去の回復局面と比べると内外需の伸びは弱い。雇用環境は良くても賃金の伸びは限られ、「低温」の回復は実感が乏しい。



今まで全然気が付かなかったのですが、巷はアベノミクス景気だそうです。この景気はバブル期を超え、今年の秋まで続けば戦後最長のいざなぎ景気も超えるとのことでアベノミクス景気が戦後最長の景気高揚期を迎えようとしているのだそうです。そんなアベノミクス景気ですが記事の最後には景気回復の足腰が弱いとか??意味がまったくわかりません。


それだけ景気が良いのならば三年連続で消費支出が落ち込むこともないし、実質賃金も下がらないし、マイナス金利にすることもないし、東芝が粉飾することもありません。


一応、失業率や求人数の改善してはいますが、少子化により生産年齢人口(15〜65歳)が減少しているのでこれらの数値が人口減に伴って改善するのは当たり前です。それより深刻なのが、今年初めに東京商工リサーチが発表した休業・倒産件数です。

休廃業・倒産件数(Photo)(noise_scale)(Level1)(x1.500000).png

2017/1/27 倒産件数減少の裏で休業・廃業解散件数が過去最多に(URL)より参照。


この問題についてはリンク先で詳細を述べていますのでこちらをご覧いただくとしてこのような隠れ倒産件数が増加傾向にあることからも分かるように日本経済の見通しが非常に暗いことを示す数値ではないかと言えます。この状況ですから景気がよくなっているとはとても言えない状況であることがお分かりいただけます。というか肌感覚でよくお分かりになると思います。



それにしてもこの日経の記事は、見出しで景況感を煽るような書き出しですが、中身を見ると景気回復についてネガティブな内容で結論付けられており何が言いたいのかよく分かりません。見出しだけでも景況感を煽りたかったのか分かりませんが何を意図として記事を書きあげたのか摩訶不思議です。


国民の大半が実感のないアベノミクス景気なる架空の景況感を官邸からの付託なのか閣議決定されたのか分かりませんが、どうせ印象操作するならメディアとしての信用度無視してネガティブ内容を一切書かず景況感を煽るだけの提灯記事をぶち上げた方が却って清々しくて良いと思いますがね(笑)


(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 18:45| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

またしても姑息な増税案、こども保険なる害悪政策のからくり

二年後の消費税増税を企て国民の生活を更に困窮させようとする自民党政権ですが、それだけでは飽き足らずまたしても新たな増税案をぶちあげました。


保育無償化へ「こども保険」、小泉氏ら若手議員が提案 (URL)

自民党の小泉進次郎・農林部会長ら同党の若手議員でつくる「2020年以降の経済財政構想小委員会」が29日、保育や幼児教育を無償にするための「こども保険」を創設する提言をまとめた。(上記記事より抜粋)



こども保険と言うと子供が進学するための学資金の積立保険を思い浮かべる方も多いでしょうが、小泉共がぶちあげている「こども保険」なるものはまったくもって非なるものであり、保険と偽った増税政策です。


こども保険の概要は企業と従業員が支払っている厚生年金保険料の料率にそれぞれ0・1%ずつ上乗せして保険料を徴収。30代の年収400万円の世帯で月240円程度加算されるものです。要は強制加入させて子供の教育無償化政策に充てるというもので介護保険と同じ仕組みです。月240円の初期設定から段階をあげて引き上げていくことになります。


強制加入なので諸々の社会保険と併せて給与から差し引かれることになれば、当然可処分所得が減りますので景気への悪化は避けられません。不況から脱げ出せず生活防衛策に勤しんでいる庶民にとっては相当痛いはずです。今やるべきことは景気刺激策であり、このような緊縮策などもっての他なのですが、将来に負担を押し付けないという決まり文句で無理やり押し切られるかも知れません。



この草案の中心人物である小泉進次郎は農協改革を掲げてJA解体に勤しむグローバリストの権化、郵政民営化改革に邁進した父親の元総理大臣小泉純一郎に引けを取らぬ危険人物です。TPP積極的推進派であり日本の産業を外国勢力に切売りしようとする売国奴なのですが、こんなのがちやほやされて人気があるとは世も末です。

小泉進次郎 米国の犬.jpg


同時に検討されているこども国債の方がまだマシですが、進次郎らはこれに対抗する形でこども保険を提案することで成果をあげてアピールしたいところなのでしょう。国民にツケを払わせるこんな政策など絶対に通してはなりません。


ところで今朝のおはよう寺ちゃんで上念司もこども保険について実質増税だとして辛辣に批判しています。相変わらずデフレは脱却したなど妄想をコイてていますが、この点では上念とは考えが一致してますね(^_^;)




緊縮あり気で景気停滞も厭わない自民党、こうした考えを継承した次世代のホープも順調に育っているようです(呆)

(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 01:25| Comment(0) | 増税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする